« け、けつ、けつだん! | トップページ | 魚探不調の原因わかりました! »

2009年10月29日 (木)

原因はスピードセンサーではなかった!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

Photo 魚探が直ったかどうか気になってマリーナへ行ってきた。マリーナに着くと予定通りスピードセンサーは外してあった。前から頼んでいたトランサムステップも取り付けてあった。

28 出航後すぐ50Khz/200 Khzの分割画面を確認したら、相変わらず魚探の調子が悪い(><)
症状は前回とまったく同じだ。港内の水深8m弱で、かろうじて50Khzが表示されるが底が途切れ途切れ。200Khzの映りも頼りない。

215_2 232_3 水深15mになると50Khzでかろうじて水深は取れるが底が取れなくなった。200Khzの映りはもっと頼りなくなった。水深32mでも同じく水深は表示されるが底が取れない。200Khzの底が途切れ始めた。

中深場はどうか?

145200 2 15ノット弱で移動中、200Khzで底は取れているが、やはり以前より感度が弱い。

水深197mでエンジン停止。
主機と補機をチルドアップするが、50Khzは映らず200Khzは感度弱く、底が途切れ途切れ。これで、映りが悪い原因がスピードセンサーでないことがはっきりした!

原因は一体何なのか?
トランスジューサー(振動子)の位置に問題?ケーブルの断線?ボートの電装品からのノイズ?ヒューズやコードの接触不良?
トランスジューサーを右舷側から左舷側の左右対称位置に付け替えただけで、今まで深場も浅場も鮮明に映っていた魚探がなぜ映らなくなったか?
考えれば考えるほどわからなくなった。

Photo_3気を取り直して、GPS画面を見ながら中深場釣りを始める。
何ヶ所か攻めるがスミヤキばかり。
オモリと仕掛けがよくやられ移動を繰り返す。
空は暗く雨が降っているのにムツが食って来ない。
昼過ぎてやっとムツが一つ取れたので上がる決心が付いた。

結局我が家の食材としてムツ1、メダイ1、スミヤキ3(スミヤキは10本以上リリース)をキープ。
シロムツとサバは、マリーナスタッフへ進呈。

Pa290338 Pa290346上がったあとマリーナSさんに今回も魚探が映らないことを報告。するとトランスジューサーが最適な位置よりも1~2cm下がりすぎて、トランスジューサーの支柱へ水流がぶつかって映りが悪くなっているのではないかと指摘を受ける。なるほど!
Pa290345_2 Pa290347 確かに右舷側に取り付けていた位置より1~2cm下へ取り付けてあり、水流の影響が大いにありそうだ。
メカニックのAさんにトランスジューサーの位置を1~2cm上げてもらい、次回再々テストということになった。

今度こそうまく行くことを祈るのみ。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« け、けつ、けつだん! | トップページ | 魚探不調の原因わかりました! »

マイボート&艤装」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

やまさん、ダメでしたか。がっくり来ますよね。切り替えて釣りを続けるのは偉いです。私の方は思い切って、コーデンをスルーハルにしてもらう事にしました。アフトステーション用のローランスはイケスに付けるか、トランサムに付けるか迷っています。好結果が出ればトランサムにします。ガンバってください。

>マイティーさん
これも勉強です(^^ゞ
もしどうしようもないなら、コーデンの魚探をイケス付けしようと思っていたところです。
けど、映らない原因がわからないと納得できない性格なんです(>_<)
このブログを読んだボート諸先輩の皆さまも、魚探が見えない原因として水流が大きく影響しているだろうとのコメントをいただきました。
そう願っています。
もしロランスの魚探と心中する覚悟ができれば、シリコンパテ埋めも選択肢の一つです。

単純な工事ミスじゃー無いでしょうね。
送受波器が船底より下(海底方向)に出ていれば、送受波器の位置は問題ないと思います。
特殊なハル(船底構造)で無い限り、泡噛・泡切れなどは起こりません。
特殊なハルとは、送受波器のすぐ前にスカッパーやスルーハルのキングストンがあることのことです。

>磯野波平さん
もし送受波器の位置に問題なければ、また検証しなければ(><)
次回症状が改善していなければ、ボートの前方もよく見てきます。
ちなみにボートにイケススカッパーが3つあるのですが、最近はたしか2つ開けて走ってます。

迷っておられますね~。ほとんど止まっていても映らないのでしたら水流は関係ないようにも思えます。電源系統なんかはどうですか?本当に出力が弱くなっているのでは?

>海流美丸さん
そうなんですよね。
ボートが止まっている時にも50Khzが映らないのと、200Khzの出力も弱いのがおかしいんです。
トランスジューサーを右から左へ移設するときトランスジューサーのコードを一度切断して繋げたらしいので、配線がきちんと繋がってないのでは?とも思ったのですが、プロが繋げたので間違いないとも思いますし。
ほんと困りました(><)
これではしばらく深場はできません(T_T)

一度切断したと?
それじゃたぶん再配線のミスですよ。あとはノイズですね。接続をチェックすることをお奨めします。

>海流美丸さん
再配線ミスなら新しいトランスジューサー(コード付)に取り替えたら済みますけど、Aさんは切ったコードの繋ぎ方に問題はないはずとおっしゃってますし。
ノイズも気になるところですが、以前のコードの束ね方と変えていないらしいので、可能性は低いような・・・・・
もちろんトランスジューサーの交換も考えています。
いずれにせよ、代理店の社長にもご意見を求めています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/31992268

この記事へのトラックバック一覧です: 原因はスピードセンサーではなかった!:

« け、けつ、けつだん! | トップページ | 魚探不調の原因わかりました! »