« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

強風下の厳しい釣り

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

昨日は予報に反して朝からナライが10m前後吹いていた。こんな海況がわかっていたら釣りに行かないのだが、マリーナを出てしまった以上仕方ない。深場を目指したものの、23フィートのボートでは無理できない。出てすぐ上がるのも納得できないので、しばらく風裏で凪待ちすることにした。幸いオキアミ餌を予備で半パック持参したので、宮川~安房崎沖の水深70m付近で時間つぶしにアマダイをやることにした。

Pb280429

強風で船首が落ちてしまいやすく、一人でスパンカーを展開するには危険を伴う風の強さだった。やむを得ずスパンカーなしで船首を風に立て、片手でハンドル握り、スロットル調整しながらの忙しい釣り。いつもの通り外道のオンパレードだったが、なんとか我が家の食材になりうるアカボラと28センチのアマダイが取れた。

ナライが10~12mとより強くなってきたが、時間はまだ10時。上がるのはまだ早い。マリーナ前を横断して、城ヶ島西側の居島赤灯台沖水深50~60m付近へと移動。ここでは1時間ほど粘ったが、ヒメの入れ食いで閉口(>_<)

11時過ぎるとナライが8m位まで落ちてきたので、一か八か深場へ。ポイント開拓ということで初めての場所で、水深は300m前後。アカムツ仕掛けを投入。

まだ波立っていたので、竿は手持ちにして時々やんわり誘い続けると、どうやらイカらしきが乗った。付いてきたのはやはりヤリイカ。
しかも良型(^^)
ヤリ狙いに変更しようかと一瞬よぎったが、あくまで根魚狙いだと言い聞かせて我慢。しかし、期待と裏腹に魚信が無い。それでも根気よくやんわり誘い続けると、またしても結構なサイズのヤリらしきが掛るが、途中で抜けてしまう(T_T)

魚の気配がないので、前回メダイとチビキンメが釣れたポイントへ移動。先に遊漁船が流していたので100m以上離れて流す。魚探反応?はあるが全然食わない。遊漁船も上がっている様子なし。

すぐに見切りをつけ、最後に城ヶ島寄りの崖に移動。

いきなりスミヤキかサメらしきに仕掛けを取られた。
海は凪ぎたが、ついに戦意喪失。
14時に沖上がりした。

本日のキープはこちら。

Pb280433

水路協会の海底デジタルデータを早速PolishFormatに変換してロランスGPS画面で見たものが以下の画像(沖ノ山とその周辺部分)。これで思い立ったら遠征ができるぞ(^^)

1

2

3

4

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2009年11月27日 (金)

ロックアンカーと最新版の海底地形データを購入

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

前回釣行の際、イシダイ狙いでかかり釣りしたら、アンカー引き上げ時にロックアンカーが外れてしまった。
険しい岩場でもアンカーを回収できるように当然アンカーに細工を施していた。

アンカーロープを回収してみると、アンカーチェーンに結束しているコースロープ加工部分の金具とロープがほつれたのが原因だった。
アンカー投入前に加工部分をチェックしていれば防げたのに、悔やまれる(T_T)

砂地用の7Kのダウンフォースアンカーのほうは、200mのロープを結んでいるが、ほとんど出番がない。

掛かり釣りではほとんどロックアンカーのほうを使用していた。
まあ、でも50回以上アンカーリングしたので元は取ったかも。

ロストしたアンカーは結構高価だったので、もっと手頃なロックアンカーはないものかとネットで調べて購入したのはこちら。

http://www1.ttcn.ne.jp/~vulcan-anchor/Rock.html

4キロを購入した。

Img_s00030_4

店主にチェーン付けなくても十分使えると説明受けたので、コースロープ加工せず、チェーンも付けないで使ってみることにする。ロストしたアンカーより一回り小さいので、バウのアンカースペースにうまく収まるとよいのだが。

たった今、ネットで注文していた「M7001 Ver.2.1 関東南部」(シェープファイル)が届いた。
(財)日本水路協会で販売している最新版(2009年11月版)の海底地形デジタルデータだ。

Nec_0214

これで沖の瀬、布良瀬、大島周辺の海底地形が移動中GPSでばっちり見れるようになる\(^o^)/
今まで使っていたのは数年前の旧型なので、東京湾と三浦半島沿岸の中深場までしか見れなかったので遠征に躊躇していたが、これで行けるぞ(*^^)v
CD1枚のデータで税込65,100円は少々高い気もするが、釣りのためなら仕方ない(^^ゞ

明日の土曜は、深場探索の予定。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2009年11月25日 (水)

マリーナ忘年会の参加申込み

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

今年も残り1カ月。早いものだ。
そろそろ忘年会のシーズン。

Nec_0212

今日マリーナの忘年会にハガキで申し込んだ。
せっかくの忘年会、好きな酒を飲まないわけにいかないので、当日は近くの宿に泊まる予定。
海況が良ければ、当然忘年会を挟んだ土日とも出撃したいところだ。
もし海況悪く出港できなければ、約1年ぶりに船を大掃除するつもり。エンバイロクリーンを仕入れて、デッキの錆&アカ&汚れを落として、しっかりワックスがけしたいところ。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2009年11月23日 (月)

カワハギの肝

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

昨日の晩飯に、おととい釣れた魚を食べた。
魚の捌きと調理担当はいつも自分。
盛り付けはいつも男っぽくワイルド!というより適当(^^;

Nec_0202

カワハギの肝がきれいで立派だったので、酒につけて半分刺身に。
濃厚で肝最高!
かみさんも肝の刺身を絶賛!(←これで釣りに行く口実ができた!)

Nec_0203

カワハギの肝、また刺身で食べたくなった。

他はシロムツとキンメ小は塩焼き。

カワハギは肝和えと刺身。

メダイの4分の1は刺身。残り4分の3は西京漬けと粕漬け中。

4歳のへちゃむくれの娘がメダイとカワハギの刺身をぱくぱく食べてくれた(^^)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2009年11月22日 (日)

深場と浅場どちらもダメ

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

昨日はアカムツとイシダイ狙いの二本立てにした。徳丸でヤドカリ30個とサバの切り身エサを仕入れてマリーナへ。

7時20分ごろ到着して出港準備を始めていると、突然携帯電話が鳴りはじめた。
朝っぱらから一体誰だろう?
電話に出ると佐島マリーナに船を置いている釣友のSさんからだった。私の顔を見にわざわざマリーナへ寄り道したとのこと。沖の瀬へ向うらしい。

Photo_8

Sさんご一行に陸地から挨拶して8時マリーナを出港。

まずはアカムツ狙いで亀城沖へ向かうが、北風がやや強くウネリが結構ある。釣りにくいので引き返し、風裏の城ヶ島南へ移動。急きょキンメ探索をすることにした。
しばし海底地形図を見ながら右往左往していると、キンメらしき反応を見つける。
キンメの反応らしきはこちら(200Khzで感度はオート)。

1

2

キンメ仕掛けを用意してこなかったので、アカムツ3本針仕掛けで対応。
第1投で2キロのメダイがあがったが、メダイはこれだけ。その後はキンメがぽつぽつ付いて来る。しかしこんなチビばかりなのでリリース。

Photo_2

やむを得ず弱ったチビを一つキープ。反応はキンメだったが、良型は一つも混じらなかった。

イルカさんのご一行が近くを通り過ぎたのを機に浅場のイシダイ狙いへ変更。時間は11時半。

Photo_3

まずは宮川沖へ。
エサはヤドカリ。

Photo_4

エサ取りばかりで本命のアタリなし。

次は毘沙門沖をうろついたが、ポイント周辺で漁師さんが漁具を仕掛けている最中だったのであきらめる。

城ヶ島南へ移動。
ここもエサ取りばかり。

こんなのとか。

Photo_5

こんなの。
これはチビうっちゃん(^^;

Photo_6

その他はベラ、カワハギなど。

だんだん上げ潮が早くなってきたので終了。

本日のキープはこちら。

Photo_7

帰宅後サバの炙りで一杯。アニサキス対策のため両面を念入りに炙った。
塩とワサビ醤油で食べたが、脂乗っていて結構旨かった。

1_2

2_2

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2009年11月20日 (金)

釣りキチ医院の新記録に貢献?(~_~;)

今朝出勤前、先日摘出した大腸ポリープの顕微鏡診断結果を聞きに行ってきた。結果は良性。
癌細胞は全く混じってなかったとのこと\(^o^)/

釣りキチの医者には、大きさからして『かなり幸運だと思って下さい!』と言われた。これだけの大きさになると普通良性でも一部は癌化するらしいからだ。
ちなみにかかり付けの医院は開業20年前後だが、こんなに大きな良性の大腸ポリープはこの医院で初めてらしい(~_~;)
従って新記録(~_~;)
普通大腸ポリープは大きくても2センチ位らしい。
自分の写真がこの医院のポリープアルバムの一枚に保存されてしまうかもしれない(*^^)v

実は、ポリープ切除して以来心配になってネットであちこち調べてみた。普通2センチ大で4割くらい、自分の大きさ(約4センチ)ならそのほとんどに癌細胞が混じっているらしい。ただ、大きいけど有茎性ポリープであること、内視鏡で見る限り他にポリープや異常が見受けられなかったこと、何万例と経験しているベテラン内視鏡医にもたぶん良性でしょうと言われたこと、家族両親とも癌系でないこと、体調は悪くないことなどから、検査待ちの期間ずっと自分に『たぶん大丈夫』と言い聞かせてはいたが、内心穏やかでなかった。どっち転んでも色々と覚悟は決めていたので、診断を聞いて正直ホッとした。

良性とはいってもこれだけ大きいと早期癌みたいなもの。今後は健康にもっと気をつけよう。切除したやつは、いつ癌になってもおかしくないサイズなのだから。

ポリープを切除して以来、おなかの調子は快調。腸の太さの2/3~3/4をポリープが占領していたのだから当然だが。

今回とても幸運だったのは、かかりつけの釣りキチ医の紹介で、その医者仲間の釣りキチ内視鏡医にポリープを取ってもらったことだ。かなりベテランの内視鏡医で、ポリープ切除を相当こなしている。かかりつけの釣りキチ医によれば、このサイズのポリープになると、良性でも安全を取って開腹手術しましょうということになりかねないそうだ。経験が浅い内視鏡医の手にかかったら、下手したら腸に穴を開けられてしまうかもしれないからだ。

これでとりあえずの心配がなくなった。
今晩は、新大久保で釣り仲間たちと飲み会。
すがすがしい気分でおいしい酒が飲めるので楽しみ(^^)
明日は釣りに出撃したいので、22時には失礼させてもらおう。

浅場のイシダイと深場のアカムツの二本立てにしようかどうしようか・・・

2009年11月17日 (火)

魚探復活(^^)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

新しいトランスジューサーの付替えが終わったとマリーナから連絡あったので、昨日魚探の具合を確認してきた。
トランスジューサーの位置は取説と同じ位置(^^)

Photo

下架の着水と同時に魚探を起動した画面がこちら(以下の感度はすべてオート)。
前とは映りが全然違う。

Photo_7

50Khzと200Khzの2画面はどうか?
こちらは三崎港内の水深6.5m。

65

城ヶ島を出てすぐの水深20m。

20

そしてアマダイ場の水深76m。

76

200Khzでどこまで映るか底切れしないよう2~3ノットでゆっくり沖へ。
すると水深545mで底が取れなくなった。

545

実際の実用域は200Khzでは水深400m位だが、魚影が映るのはせいぜい300m位まで。

ちなみに50Khzで水深274mを見ると感度オートでは強く出すぎて調整が必要。
この位の水深では、いつも200Khzで感度オートにしている。感度調整が必要ないから。

274

50Khzでは、静止すれば水深1000m以上は底が取れるだろうが実際確認したのは水深800m位まで。
釣りはせいぜい水深500~600mまでしかやらないから、とりあえず十分。

ただトランサム付けでツライチにしていないので、深場の満足度は50~60%。
魚探性能を発揮するには、やはりツライチにするしかないようだ。

本日のお持ち帰りは、アマダイ30cm×2、カワハギ28cm×1、カイワリ×1、エサ用サバ×3。
その他諸々はリリース。

Photo_4

Photo_5

深場の活性は低かった。
大物はサメのみ(^^;

Photo_6

アマダイはしばし水深80m前後を粘ってみたが、外道すら当たりなし。
水深65mラインへ移動したらトラギスが現れ、小ぶりのアマダイも2つ取れた。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2009年11月15日 (日)

江ノ島へドライブ

今週末は海が荒れたため、楽しみにしていた釣りに行けなかった。
今日は暖かくなりそうだったので、江ノ島へ散策に行ってきた。

Pb150363

釣りで何度も江ノ島へ行ったことあるが、頂上へ上ったことがないし、南側の江ノ島岩屋の洞窟へ入ったこともない。
いい機会なのでエスカーを使わず徒歩で階段を上り、江ノ島南側の岩屋へ行った。

Pb150372

洞窟一番奥の竜が先日の台風で壊されていた。
ところどころの護岸も壊され修復中であった。

Pb150374

海は南西が15m前後吹いていて、ウサギが飛びまくり。

さて、明日は平日だが、魚探の調子を確認しに出撃予定。
万一南西が収まらなければ、船を洗って温泉でも入って帰ろう。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2009年11月13日 (金)

6ヶ月点検

6月11日納車から5ヶ月経過したので、6ヶ月点検に出してきた。

雪に備えてタイヤチェーンも購入した。

Nec_0176_4

オーナーズラウンジは自分一人。

Nec_0172

Nec_0171

丸5ヶ月7841km走行して平均燃費11.9キロ/L。
5000キロ時点の平均燃費は11.6キロ/Lだったが、今はエコ運転を心がけているため0.3キロほど伸びた(^^)
この調子であと1~2万キロ走れば、12.5キロ/L位まで伸びそう。

Nec_0174   

郊外に住んでいる人なら14キロ/L以上行くだろう。
総重量2400キロ超のSUV車としては優秀だ。

回生ブレーキはすぐにフル充電され、充電し切れない電気が無駄に捨てられている。
電池の性能がアップすればもっと燃費は伸びるだろうに。

点検後洗車してもらい、車はきれいになった(^^)

Nec_0173_3

さて、明日は予報が悪いため釣り中止(T_T)
日曜も無理かもしれない(>_<)

日曜もダメなら、平日出撃か?!

2009年11月 9日 (月)

エコカー購入補助金

Nec_0166_6

Nec_0165_5

6月レクサス店でハイブリッド車を新車購入したので、7月末に補助金を申請した。
申請自体すっかり忘れていたが、6日にセンターから補助金確定通知書が届き、本日入金があった。

郵送で申請してから3カ月以上経過していた。

申請書の記載漏れや添付書類の不足で、手続きが止まっているケースも多いようだ。
センターへ電話してもまず繋がらないらしいが、ホームページへアクセスすると申請管理No毎に手続きの進捗状況が確認できるようになったらしい。

この10万円で冬に備えてRX専用の19インチのタイヤチェーンでも購入しようかと思う。
それでもお釣りがくる。

さて、今週末はぜひ出撃したいと思う。
マリーナから新しい振動子へ付け替えたとメールがあったので、魚探の調子も確認したいところだ。アマダイ&ヒラメと深場の2本立てにしようか、深場に絞るか、それとも落ち前に荒食いしているイシダイにするか悩み中。
ポリープ切除から8日目にあたるので、無理はしないことにする。

2009年11月 6日 (金)

検査結果

さきほど人生初の大腸内視鏡検査をしてきた。
カメラを入れるとすぐに大きなポリープが見えてきた。
モニターに映るポリープはでかい!
医者と看護師にも「こりゃあ大きいわ♪」といわれてしまう(^^ゞ
3.9センチ大の長いポリープがS状結腸に陣取っていた(~_~;)

Nec_0162_2 Nec_0161_2

一回で取りきれず二回に分けて切除した。
それでも検査開始から終わりまでトータルの時間は10分以内。

検査終了後、医者におそるおそる悪性かどうか聞いたら、形からしてたぶん良性だろうが、顕微鏡検査が出るまではっきりしたことは言えないと脅された。
結果まで10日~2週間かかるとのこと。
ちょっと不安(>_<)

ということで、最低1週間は釣りと酒を断たなければいけないのがツライ(T_T)

この医者、少々口は悪いが、内視鏡の腕がいいとの評判どおり、痛みがまったくなかった。
そして、私のかかりつけの釣りキチ内科医のお友達だけあって、相当な釣りキチらしい(~_~;)
診察終わったら深場釣りの話題でもちきり。
患者さん待っているのに(~_~;)

なにはともあれ、大きなポリープが発見され切除してもらえて本当によかった。

2009年11月 4日 (水)

トランスジューサー届く(^v^)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ジムクォーツさんから早々にトランスジューサーが届きました。
こちらのミスが原因なので当然振動子代を支払うつもりでしたが、振動子をすべて返品すれば、名目を代えて保証修理扱いしていただけるとのこと。
>ジムクォーツⅠ社長様
お気づかい誠にありがとうございます<m(__)m>

Nec_0156_4
念のため開封してケーブルの長さを測ったら約6mあり、延長の必要はなさそうです。
同封されていた英語の取説の設置位置を見ると、今より1~2センチ上でした。

6日には例のとても恥ずかしくてこわ~い検査があり、もし問題なければ8日の日曜に出撃する予定です。

今日から食事制限。
好きなコーヒーにお酒を控えるのがつらいです。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2009年11月 1日 (日)

魚探不調の原因わかりました!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

日記には書き込みませんでしたが、今回トランスジューサーを右から左へ移設する際、ケーブルをいったん切断して繋ぎ直したとメカから聞いておりました。
メカがそうされるのであれば素人考えでまず大丈夫だと思いましたが、心当たりある原因をひとつずつつぶして行くと、実はそれが原因ではないかと疑っていました。

なぜなら、静止時にエンジン(主機、補機共に)をチルドアップしても50Khzがまったく映らないこと、200Khzの感度も著しく弱いこと、従ってトランスジューサーの設置場所による水流の変化が原因である可能性は低いのではないかと感じていたからです。

ロランス代理店の社長からたったいま頂戴した回答もそれが原因だと断定されました。

ということで、マリーナメカに新しいケーブル付のトランスジューサーと交換してもらうようにいたします。

なお、代理店の社長の回答は次のとおりです。
「振動子のケーブルを切断、再接続すると、アナログサウンダー(私が取り付けている「LBS-1」という出力増幅装置のことです)では、まず、規定の受信感度が得られません。ブロードバンド方式は極端に狭いフィルターにアナログ波を押し込んで、高い波高値を得ています。リアス式海岸を津波が襲うと著しく波高が増幅されるのに似ています。接続後に、しっかり絶縁したつもりでも、数千ボルトのパルスに耐えられる絶縁チューブは入手が難しいと思います。」

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »