« ロックアンカーと最新版の海底地形データを購入 | トップページ | マイ海図データを合成したものの… »

2009年11月29日 (日)

強風下の厳しい釣り

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

昨日は予報に反して朝からナライが10m前後吹いていた。こんな海況がわかっていたら釣りに行かないのだが、マリーナを出てしまった以上仕方ない。深場を目指したものの、23フィートのボートでは無理できない。出てすぐ上がるのも納得できないので、しばらく風裏で凪待ちすることにした。幸いオキアミ餌を予備で半パック持参したので、宮川~安房崎沖の水深70m付近で時間つぶしにアマダイをやることにした。

Pb280429

強風で船首が落ちてしまいやすく、一人でスパンカーを展開するには危険を伴う風の強さだった。やむを得ずスパンカーなしで船首を風に立て、片手でハンドル握り、スロットル調整しながらの忙しい釣り。いつもの通り外道のオンパレードだったが、なんとか我が家の食材になりうるアカボラと28センチのアマダイが取れた。

ナライが10~12mとより強くなってきたが、時間はまだ10時。上がるのはまだ早い。マリーナ前を横断して、城ヶ島西側の居島赤灯台沖水深50~60m付近へと移動。ここでは1時間ほど粘ったが、ヒメの入れ食いで閉口(>_<)

11時過ぎるとナライが8m位まで落ちてきたので、一か八か深場へ。ポイント開拓ということで初めての場所で、水深は300m前後。アカムツ仕掛けを投入。

まだ波立っていたので、竿は手持ちにして時々やんわり誘い続けると、どうやらイカらしきが乗った。付いてきたのはやはりヤリイカ。
しかも良型(^^)
ヤリ狙いに変更しようかと一瞬よぎったが、あくまで根魚狙いだと言い聞かせて我慢。しかし、期待と裏腹に魚信が無い。それでも根気よくやんわり誘い続けると、またしても結構なサイズのヤリらしきが掛るが、途中で抜けてしまう(T_T)

魚の気配がないので、前回メダイとチビキンメが釣れたポイントへ移動。先に遊漁船が流していたので100m以上離れて流す。魚探反応?はあるが全然食わない。遊漁船も上がっている様子なし。

すぐに見切りをつけ、最後に城ヶ島寄りの崖に移動。

いきなりスミヤキかサメらしきに仕掛けを取られた。
海は凪ぎたが、ついに戦意喪失。
14時に沖上がりした。

本日のキープはこちら。

Pb280433

水路協会の海底デジタルデータを早速PolishFormatに変換してロランスGPS画面で見たものが以下の画像(沖ノ山とその周辺部分)。これで思い立ったら遠征ができるぞ(^^)

1

2

3

4

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« ロックアンカーと最新版の海底地形データを購入 | トップページ | マイ海図データを合成したものの… »

海底地形図」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

やまさん、こんにちは。昨日出られたのかと思ったら今日だったのですね。アマダイ釣れたならオーケーでしょう。さすがに城ヶ島、何とか釣りになるのですね。私は深場の準備しかしていなかったので、朝の風速と波高を見て止めにしました。海保とアシカ島の波高が60cm以上の時は観音崎以北限定です。

>マイティーさん
いいえ、昨日出ました(笑)
今日だったら朝のうちは100%出れない風でした(^^;

やまさん、こんにちは。
昨日もナライが強かったんですね。出るなら昨日だろうと思ってたんですが。
ちなみに私は歯医者のため土曜日はしばらく出れません。

う~ん…風が強いと操船に苦労しますね…

私も近々ヤリイカに出たいと思っています。

>海流美丸さん
土曜が歯医者でつぶれるとは。
昨日いらっしゃるかと思いましたが、風神艇が表に出てなかったので出撃されないと思いました。
そういうわけだってのですね。

>sniff papaさん
ヤリイカは、私の魚探では映りませんでした(^^;
でも座標チェックしました(^^)

>マイティ-さん
前の日記の僕のコメント訂正しましたからご覧ください。水路協会の海図をlcmへ変換するには、lcmビルダーをインストールする必要があります。
こちらでもお知らせしました。

今日出る予定で中止にしたのですが、遠方より友人が来てくれたんでBMに行きました。今日は島の京急ホテルの前辺りにシマアジが回ってきていたそうですヨ。

それにしても電子海図すごいですね。6.5万円はちょっと高額ですが、これだけ詳細な海図をGPS魚探で使えるなんて心強いなぁ。

>海流美丸さん
今日マリーナへ行かれたんですね。
昨日の出港時、マリーナ前に大量の青物が群れでバシャバシャしてました。それってもしかしてシマアジだったかも。
11月17日の「魚探復活」の日記の上から2番目の魚探画面と同じ反応でした。1キロ前後の青物の群れでした。イナダかソーダかもしれませんが。
マリーナ横の岸壁で、釣り人達がルアー投げてました。

水路協会から今年8月新発売されたnew pecは海底地形図付けても2万5000円程度ですが、ボートにノートパソコンを持ち込まないと見れないのが面倒です。僕はロランスで地形図を見れるように高価ですが、シェープファイルの方を購入しました。場所も取りませんし。これなら魚探が映らなくても釣りにはなります。

私も青物のジャバジャバ、遭遇しました。なんなんでしょうかね?
深場の竿しかなかったので確かめようがありませんでした。

外道でヤリ、いいですね~。今年はヤリを本格的に狙ってみたいです!

>BREEZEさん
ヤリは胴長40センチはある良型で、1杯でも十分食べ甲斐ありました。スルメと違って寄生虫(アニサキスやニベリニア)の心配がそんなにないのがいいです(^^)

水深300m付近の底で乗りました。プラヅノで専門に狙ったら数杯取れたかもしれません。
今度深場をやっていてばれてもイカの乗りを感じたら、プラヅノ下ろす気になりました。良型3つも取れれば十分ですから。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/32411620

この記事へのトラックバック一覧です: 強風下の厳しい釣り:

« ロックアンカーと最新版の海底地形データを購入 | トップページ | マイ海図データを合成したものの… »