« 明日も深場釣り | トップページ | ムツの炙り、こっちもファイヤー! »

2010年1月18日 (月)

魚探なしの釣り(2010/1/17)

大バカである。詳細な等深線とマイポイントが入っているロランスのGPS魚探を家に忘れてしまった。

いつもロランスのGPS魚探はボートから外して家に持ち帰ることにしている。それは、釣行前にポイントチェックしたり、インプットしたウェイポイントの整理、新たに追加上書きしたLCMマップをロランス画面でチェックするため。

いつか忘れてしまうのではないかと恐れていたが、ついにその日が来てしまった。

ロランスを忘れたことに気づいたのはマリーナに到着した直後。
最悪!
1年ぶりのゲストが乗船するのに何たる失態。ゲストへは平謝り。

やむを得ずボート購入時に付いていた深場釣りでは役に立たないGPS魚探を使うことにした。使ったことがほとんどないので心配したが、あれこれボタンをいじると何とか使えそう。あたふたして出港が送れ、マリーナを出たのは9時ごろ。

走り出すとやはり魚探が使えるのは水深70-80mまでが限度。それ以上はノーエコー(~_~;)

Photo

GPSのほうの等深線は本数が極端に少なく、かなりアバウト(~_~;)
それでもないよりはマシだ。

いい加減なGPSの等深線を頼りに、1流し目は御磯崖の250mラインから流した(つもり)が、着底したのが450m(>_<)
面倒なのでそのまま放置したら、来たのはいきなりコイツ。
案の定仕掛けにギスゼリーがこびり付いている。気持悪い!(~_~;)

Photo_2

ちょっと移動して、御磯崖?の200mGPSラインの真上から流し直す。しかし釣れてくるのは、いつもの外道たち。1度だけ激しく叩くアタリがあったがすぐにばれてしまった。

本当に御磯崖なのか半信半疑なので、遊漁船を頼りにタカヤマ近くへ移動(したつもり)。意に反して着底したのは水深350-400m(~_~;)

アタリなし。

ちょい移動。

何度か流し変えてやっとのことでイメージどおりの水深に仕掛けが着底した。ここで私にやっとムツ2つと2キロのメダイが来た。

その後潮止まりを経て潮が上げ始めたはずなのに、潮は動かずアタリもない。

我慢できなくなり、14時、ヘイダシ~カドの筋へ移動(したつもり)。こちらでも潮動かず釣れる気がしない。

たまに来る外道はたとえばゲストにこんなチビとか

Photo_3

私にこんなチビ。ロリキンメ倶楽部の会長に推されてしまいそう(^^;

Photo_4

ついにあきらめ15時半沖上がり。

本日の私のキープ。

100117_2 

マリーナに戻ると、海流美丸さん(リンクしているブログ『赤い魚が釣りたい!』http://blogs.dion.ne.jp/amadai55/)が一人で片道1時間以上遠出して、クーラーボックスを一杯にしていた。実釣時間はなんと3時間と聞いてビックリ。

有難いことに、海流美丸さんから釣果の一部をお裾分けいただいた。
海流美丸さん、ありがとうございます。

お裾分けいただいた魚はこちら。遠出サイズのナンヨウキンメとユメカサゴ?、塩焼きサイズの本キンメ。

Photo_5

1月17日の城ヶ島周りの深場を攻める遊漁船の釣果情報を見ると、どうやら朝~午前勝負だった模様。もっと早く上がっていればよかった。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

↑ボート釣り師が集まってます

« 明日も深場釣り | トップページ | ムツの炙り、こっちもファイヤー! »

キンメ&クロムツ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

やまさん、魚探、やってしまいましたね。それでも勘と経験で私よりはずっとマトモニ釣られていますね。私も電動リールを巻きの少ないものにつけ間違えて、中途半端な釣りになってしまいました。

電動リールのコードを忘れやすいので、そっちを忘れないように気にし過ぎてました(^^ゞ
同じ海図等深線データを入れたロランスのハンディGPSを購入して、予備でボートに積んでおこうか迷います。

お疲れ様でした!!

GPSがないと辛いですよね~
私も相模湾に越したばかりのころはボロの魚探しかなくて・・・

あれでよく毎週毎週、赤いのが獲れたものだと思います。
3KwのDGPSを積んでからは釣果ガタ落ちです(笑)


話しが変わるのですが。。。

昨日、海流美丸さんの横で釣りをしてたように思えます。
海流美丸さんのブログに書き込もうと思ったのですが、なぜか反映されず・・・

やまさんを経由してしまって申し訳ないのですが、もしかしら、お隣さんだったかしら・・・と。

こちら、青のT-トップのボストンで若干深目をやっていました。


今度、お会いしたら近づいてみますので、宜しくお伝え下さい(笑)

お疲れ様でした&ありがとうございました。
魚探なしでもあれだけ釣れたのならば十分かと。どちらにせよ潮がいってなければ釣れなかったでしょうし。
やまさんのお陰で陸で魚が釣れたのでラッキーでした。(^^;;;

>Lienさん
コメント反映されたようですね。
反映されるのに時間がかかることがあり、私も連続でコメント入れたことがありました。

あちらへ行かれていらしたのですね。
Lienさんのことですからさぞかし大漁であったことでしょう。
初釣りに続き今年2度目のあちらですね。
そんなにあちらへ行かれるのでしたら、そろそろブルーマリン城ケ島へお引越はいかがですか?(笑)

>じゅんじさん
昨日は本当にごめんなさい
昨日は城ケ島の遊漁船の釣果をチェックすると、朝~昼までが食っていたようです。

今回忘れたんで次からは絶対忘れなくなりますよ!(笑)

私は最近、魚探はあまり気にせずGPSの実績ポイントで場所決めてます。
釣れてる時もあんまり反応ないんですよ~。

やまさん、こんばんは。
ロランスはメモリカードによるデータのやりとりではなく、パソコンとGPS魚探をUSBかなにかで繋げてデータのやりとりをするのですか?だとするとロランスを買っても、やまさん独自の海図を頂けないなぁ(ひそかに狙っています!)。
万が一のしょぼいGPSのお供でしたら紙の海図はいかがでしょうか?カンだけは養われますよw

>BREEZEさん
また忘れる可能性もゼロじゃないですね(笑)

私も魚探は基本的に魚影より水深、底の形状を重視します。それプラスGPSの等深線(マイ等深線含む)、実績ポイント、潮の流れる方向も重視しますよ。

深場の流すポイントは海底地形等深線図を見て決め、ムツが釣れはじめると、たいていポツポツ魚の反応が出るんです。ブログに掲載している画像のように。

>海流美丸さん
こんばんは。ロランスは、メモリカードで記録したソナーデータをドクターデプスというソフトを使ってパソコンで加工し、usrファイル、lcmファイル等を生成し、生成したこれらのファイルをメモリーカードに入れなおしてロランス本体のGPS画面で見るようになります。

ロランスを購入してご自分でソナーデーターを収集すると、ドクターデプスを使えば簡単に自分だけのオリジナル海図をパソコンで製作してロランスで見ることができます。もちろん仲間同士のデーターを共有することができます。

私の苦労して取ってきたデータはマル秘ですが、信頼できる仲間内なら考えなくもないです(笑)
ただし、新たなポイント情報や海図やlcm情報を、お互いギブ&テイクでお願いします

水路協会の海底デジタルデーターは著作権が絡みますので、通常は水路協会から高価なM7001を購入していただくことになります。

もちろん私のデータにも著作権がありますので(笑)、他の方へ頒布は困りますが(^^ゞ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/33025831

この記事へのトラックバック一覧です: 魚探なしの釣り(2010/1/17):

« 明日も深場釣り | トップページ | ムツの炙り、こっちもファイヤー! »