« ダブルヘッダー1日目は撃沈(2010/5/1) | トップページ | 日曜はキスの接待^_^; »

2010年5月 4日 (火)

ダブルヘッダー2日目はキンメ狙い(2010/5/2)

二日目はゲストと深場釣り。睡眠時間は3時間ちょっと。
初日は2時間だったのでかなり眠い(+_+)

5時前に出港。

一流し目は航程20分の海底地形図で目星付けた場所。
すでに職漁船が流していたので、邪魔にならないよう200mくらい離れて流し始める。
でも、30分位流してスカ。

仕掛けを上げ、あきらめて南南西へ向けて30分くらい移動。

ポイント開拓のため、今日1日敢えて実績ポイントを流すのをやめる。

だが、そう甘くない。
魚探にキンメらしき反応は出ない。

クロムツが釣れればいいということで、等深線が混み入った250m前後のラインをチョイス。
しかし、二流し目もスカ。

三流し目は、キンメを求めて深目の水深400mラインへ移動。
水深380mの底付近にぽつぽつ小さな反応が出ていたので、すかさずGPSにチェックして潮まわり。
仕掛け着底後流し始めると、チェックポイントから少しズレてしまったので、仕掛けを入れたままゆっくり小移動。

なんとかゲストに釣らせたい。
オマツリ避けるため、私の仕掛けは水深プラス50m伸ばしてストップ、ゲストの仕掛けは水深分プラスアルファでストップ。

程なくしてチェックポイントに仕掛けが入った途端ゲストにアタリ。
キンメが3つ\(^o^)/
一番大きいのは取り込みでモタツイテいるいる間に、水面で外れて逃げてしまった。
Photo_3
残念(T_T)

でもゲストは久しぶりのキンメで嬉しそう(^v^)
これで船長兼漁労長として肩の荷が下りた(*^^)v

私の仕掛けのほうは魚を直撃しなかったようでスカ。
キンメがごく狭い範囲に付いているのかもしれない。

潮まわりを二回繰り返し、やっと私にもキンメ3つとメダイ1つ(*^^)v
3_2
しかし、すぐにサバの大群が押し寄せ、釣りにならなくなったので移動。

その後は3か所で流すが、大して釣れず。

ゲストにこんなのとか、
Photo_4
私にはこんなのとか。
Photo_5
12時を回った時点で沖上がり。

こちらが本日の釣果。
Photo_6
我が家のキープは30㎝位の小ぶりのキンメ3つとスミヤキ1つ、餌用のサバ10本。
Photo_7
キンメはこのサイズでも脂ノリノリ。煮付けが美味しそう(^v^)

マリーナに戻って、マリーナAさんにPL座のアルミ補強方法を確認。
インスペクションの穴開けをしなくてもカディ内部から手を伸ばせば移設位置に届くので、二人がかりで補強作業やれば穴開けなくても可能とのこと。
ただAさんは桟橋工事中、足を踏み外して足首を骨折。
桟橋工事もまだまだ時間がかかりそうなので、アルミ補強もまだ時間がかかりそう。

早上がりしたもののマリーナでのんびりしていたら16時を回ってしまった。
帰りの渋滞が凄いことに(>_<)

城ヶ島大橋渡ったところからすぐ動かなくなった(T_T)
大渋滞の横浜横須賀道路を避け、宮川~金田~野比の裏道経由で首都高神奈川の杉田入口まで一般道を通る。
それでも池袋まで3時間かかって19時過ぎにやっと帰宅。

3日は朝6時に栃木の保養施設へ向けて出発。
かみさんは子供を連れて30日から行っていた。

行きも帰りも大した渋滞なく、先ほど帰宅。

やっとブログアップできた。
(お待たせしました^_^;)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« ダブルヘッダー1日目は撃沈(2010/5/1) | トップページ | 日曜はキスの接待^_^; »

キンメ&クロムツ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

やまさん、お疲れ様です。貧果には慣れっこですが、渋滞には耐えられません。ゲストの方に喜ばれて、なによりですね。引き出しを沢山、お持ちなので結局、収支決算を合わせて来ますね。子供に、父ちゃんはテキトウーと言われてしまう私は、運頼みです。

>マイティーさん
私も渋滞大嫌いです(^_^;)
渋滞するのがわかっていれば、帰港時間をギリギリにして、マホロバマインズの温泉にゆっくり入って晩飯食べて帰るのですが、翌朝栃木へ行かなければならなかったので。
釣れた場所は釣れた場所としてデータを蓄積して、攻めていないポイントへどんどん仕掛けを下してみたいですね。
ポイント開拓は宝探しのようで、釣れなくても楽しいです。遊漁船が入っていない場所でいつも釣果が上げられるよう、引き出しを沢山持てるようにしたいです。

Mさんもキンメが釣れて楽しそうですね♪

GWもの凄くハードスケジュールでしたね。睡眠時間2時間とか3時間とかありえません(笑)

>BREEZEさん
渋滞しなければ家まで2時間かからないので、大丈夫かなと思いました。
甘くなかったです(^^ゞ

キンメ、小型でも脂が乗っていてよかったですね。
ポイントもだんだんと蓄積できているようで、是非自分も釣りたいです~。(笑)

>じゅんじさん
キンメは30センチあればキープしてもそんなに罪悪感ありません(^_^;)
煮つけで大人一人が食べるのにちょうどよい量ですから。

やまさん、すいません。
よく読まずに投稿してしまいました。
とにかく、ロランスにぞっこんで、フルノの魚探は外してしまいました。

今日も深海に行ってきました。
なるほど、キンメはラードで一杯。
今が旬なんですね。
キンメの反応って分かりますか?
反応で落とすと、ほとんどがスミヤキですわ。
まだまだ深海初心者ですわ。

>ロシナンテさん
ロランスのHDSは私の旧型よりかなり進化しましたね。私は旧型にブースターのLBS-1を付けているのですが、これ以上にHDSは良く映ります。
トランサムの船底がフラットのほうが、水流の影響が少ないみたいでよく映ります。
仲間の23ftは、水深350mを20ノットで走行しても、200khzで底がきれいに取れるそうですからびっくりです!この仲間は船外機艇でトランサムの船底がフラットです。
ただ、デジタルの特性なのか、一度水深が取れなくなったら、復帰までに時間がかかるのがストレス感じます。特に50khzはこの傾向が顕著で、私の旧型の50Khzは使い物になりません。HDSは、この点改善が見られましたが、まだ改良が必要だと思います。
私の船のトランサムがV型ということが大きな原因のような気がします。そのうちジムクォーツさんにスルハル用の振動子を相談しようと考えています。

キンメの反応ですが、200khzではありますが、群れが濃いと水深250mくらいまではよく映ります。
ただ、急な崖の中腹だと崖の影に隠れてしまい映りません。

今回のキンメは200Khzで一瞬底のほうでぽつぽつ反応があり、ポイントチェックして潮回りしたらキンメが釣れました。潮回り後には反応消えてしまいましたけど。でも群れは大きくないけどキンメいたようです。中層の濃いサバの反応が原因で、底の魚影がかき消されたのかもしてません。

50Khzのほうは正常に作動すればきっと良く映ると思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/34515382

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルヘッダー2日目はキンメ狙い(2010/5/2):

« ダブルヘッダー1日目は撃沈(2010/5/1) | トップページ | 日曜はキスの接待^_^; »