« 減量目標まであと一息(^O^)/ | トップページ | 極上の締めサバとアカムツの炙りの勝負 »

2010年12月11日 (土)

相模湾のアカムツ探し(2010/12/10)

土日に仕事が入ったので、スケジュール調整して平日出撃した。
睡眠時間5時間で体調ばっちり。

相模湾のアカムツポイントへ向かう。
ポイントに9時過ぎ到着。

水深200-300mのアカムツ実績ポイントをじっくり流すが、外道のアタリすらない。
普段スミヤキやシロムツが嫌になるほど釣れる場所なのに不思議。
水温をみると18度。
マリーナ忘年会があった4日より表層水温が2度下がっていた。

もしや魚が深場に落ちているのでは?と思い、水深350m前後の崖の中腹の比較的フラットな場所を見つけて流し変える。

アタリがきた~!
『これはもしや?(^.^)』と思い、時間をかけてゆっくり巻き上げると、ギス(--〆)

もう一度仕掛けを下したらすぐアタリ!
またまた『これはもしや?(^.^)』と思って時間かけて丁寧に巻き上げると、またまたギス(--〆)

ここで12時半。
ボーズの予感(>_<)

アカムツ実績ポイントなので、潮が変われば本命が釣れる(回遊してくる)可能性はあるはず。

実績ポイントで粘るか、ポイント開拓するか。

迷ったが、ボーズでもいいからポイント開拓することにした。

私のアカムツポイント選定の目安は、
1.かけ上がり
2.かけ上がりの中腹の肩
3.急なかけ上がり(崖)から、なだらかなかけ上がりになる付近
4.かけ上がり途中の小さな根の近く
5.かけ上がりの頂上付近
6.底は砂泥地。
7.攻める筋のかけ上がりは、斜度45度よりなだらかな斜面

数少ない経験として、等深線の混み入った崖はムツ、キンメ、メダイ、スミヤキ、シロムツ、ユメカサゴなどは釣れても、アカムツが釣れたことはない。

水路協会の海底等深線データーを吟味して、西沖へ大きく移動。
初めてアカムツを狙う場所だ。

魚探の底付近に反応あり。

反応に当てたら1流し目でサバに混じって38㎝↓の本命揚がる(^^)v
Nec_0227

その後はサバだらけ。
サバに交じって本命が釣れることを祈って粘ったが、やはりサバしか釣れない。

サバは餌用10本と食用1本だけキープ。

時間は15時。

昨年の実績ポイントを1回流すがスカ。

最後に海底等深線データーを見てここだと思う初めてのチェックポイントに行くと、底付近に反応が出る。
中層にはサバらしき反応が出ていたが、一か八かこの反応に賭けることにした。

サバを避けた場所に仕掛けを落としてゆっくりボートを移動しチェックポイントへ。

チェックポイントへボートが進むと、竿がガタガタ(^^)v
ムツっぽいアタリで引き上げるとやっぱり小ぶりの茶ムツ。

時間は15時30分。

茶ムツの反応でもいいと思って、ラストひと流し。

ドンぴしゃポイントの真上にボートが到達。

すぐに胴付4本針アカムツ仕掛けに追い食いさせ、ムツ?が2つか3つ付いた感触。

仕掛けを巻きにかかると、不安的中。
中層のサバに捕まってしまった(>_<)

そのうちサバは外れ、付いていたムツ?も数減ったが、運よく生体反応は残っていた。
上げてみると、赤い本命が一つ付いていた(^^)v
計測したら42㎝↓の良型。ラッキー!
Nec_0230

もしかしたら、あと1、2匹アカムツが付いていたかもしれない。
付いていた魚がサバに振り落とされたのは間違いないのだから、ちょっと惜しい(>_<)

あと1流ししたかったが、15時50分。
もうすぐ日が暮れる。
後ろ髪引かれながらの沖上がり。

それでも本命が2つ取れて良かった。

この日のキープ↓
Nec_0231

帰宅後、茶ムツの炙りと刺身でビールで一杯↓
アカムツの味わいに比べるとかなり物足りないが、これでも十分美味しい魚。
Nec_0232

この日の動画↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 減量目標まであと一息(^O^)/ | トップページ | 極上の締めサバとアカムツの炙りの勝負 »

アカムツ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

新ポイント開拓成功おめでとうございます。
アカムツの神が降りてきていますな。

>海友さん

ありがとうございます。
深場は試行錯誤の連続ですが、自分で発見した実績ポイントは、人から教わったポイントと違って格別にうれしいです。
(私自身人から教わったポイントではほとんど釣りしませんから^^;)

仕事でも遊びでも、自分で予想をして、過程を楽しみたいからです。

神が下りてきたというよりも、アカムツがいる筋を発見して流せば、誰でも釣れますよん。
アカムツ釣りで難しいのは、ポイント選定です。

やまさん、こんばんは。えー、この風の中出たのーと、思ったら、昨日でしたか。それにしても、見事に読みが当たって、してやったりですね。やまさんのポイント選定を読んでいると、釣れた気持ちになりますね。

>マイティーさん

昨日はボーズの予感したので、結果的に移動は正解でした。

13時過ぎが干潮だったので、実績ポイントの潮の流れが上げに変わるとアカムツが回遊してきたかもしれませんが、どうせなら別な場所も攻めてみたかったんです。

粘り勝ちとはいえ日暮れ間近までされるとは。陽も落ちかけるとだいぶ手元が冷えてくるのではないですか? あ、でも本命が釣れたから全然気にならなかったのかな。ポイント開拓に成功すると、次にどこから始めるか迷いそうですね。

>海流美丸さん

15時50分に切り上げて、マリーナに着いたのは16時10分でした。陽が落ちるまで10分ちょっとありましたよん(^^ゞ

ところで、最近釣り行かれてないですね。
高知の深場はこっちでいうと布良瀬位の距離?があるなら、冬場はYF-23でなかなか行けないですよね。

わ~ またアカムツ2匹も釣ってますな~ いや名人ですね。 金曜日は凪でしたよね。土曜日から大時化でしたから絶好の日でしたね。 そろそろ自分も赤いの見たいです。

>moonfishさん

いえいえまだまだ名人じゃないです(^_^;)

今シーズン4釣行連続(前回の海況最悪&船酔い釣行除く)で35-45センチの赤いの合計9本と数的にはまだそんなに釣ってませんが、少々赤いの食べるの飽きてきました(^^ゞ

でも、アカムツのポイント探索今シーズンまだまだ続けますよ。
アカムツ食べたいという身内&お客さん多いですから。アカムツは赤いダイヤに違いありませんから、食べ飽きても釣れたら大変うれしい魚です。

年間を通して、上げ潮下げ潮で食う場所、季節水温による水深の変化等、興味は尽きません。

アカムツ探しで一通り納得燃焼できれば、他の貴重なターゲットをボーズ覚悟で追い求めます!
男のマロンを求めて。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/38037572

この記事へのトラックバック一覧です: 相模湾のアカムツ探し(2010/12/10):

« 減量目標まであと一息(^O^)/ | トップページ | 極上の締めサバとアカムツの炙りの勝負 »