« 極上の締めサバとアカムツの炙りの勝負 | トップページ | 納竿釣行(2010/12/30) »

2010年12月20日 (月)

ハマってしまったアカムツ釣り(2010/12/19)

凝り出したら止まらないアカムツ探し。
釣り自体は難しくないが、アカムツポイントはまさに宝探し。
海底地形を選定し、水深を読み、魚探反応を読み、操船して狙ったウェイポイント、筋を流す。
この過程がとても楽しいのだ。

昨日もまたまたアカムツ探しに出撃。

出港直後は、ムツ狙いで30分くらい崖を流したが食わず。

ムツが本命ではないので、アカムツポイントへ向かう。

魚探の画像はこちら↓
Screen006

中層はサバの反応だが、底の反応はアカムツも混じっている可能性あると判断。
ここでアカムツをやることにした。

潮回りして投入直後、私に45センチ↓の本命(^O^)
1

2流し目も46センチと45センチ↓のダブル(^^)v
Photo

この時点で10時半。
キロオーバーが3つも取れたので、シングルハンドなら早上がりするところなのだが、まろすけさんが釣れるまでもちろん帰れない(^^ゞ

しかしその後は上げ潮が行かず、カラスばかり。

移動を繰り返すが、全然ダメ(>_<)
スミヤキにハリス切られ、ギス、細サバ、シロムツ、ユメカサゴ、スルメがポツポツ釣れるのみ。

1~2回私とまろすけさんに本命らしきアタリもあったが、食い浅く巻き上げ途中逃げられてしまった。
口切れしたかもしれない。

アカムツのやる気がない時間が過ぎていく。

次の勝負は、下げ潮が本格的に流れる15時すぎないとダメと見た。

予想通り15時半にまろすけさんにやっと本命↓
Photo_2

型は35センチの中型。
まろすけさんにとって初アカムツだ。
よかった~\(^o^)/

私の竿にもアタリ。

ラストで42センチ↓が上がる(^^)v
4

本日のアカムツ釣果↓
Photo_3

動画はこちら↓


城ケ島沖、相模湾のアカムツ探しはまだまだ続けるつもりだ。
そのうちキンメのついでに、沖ノ瀬のアカムツ探しもしようと思う。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 極上の締めサバとアカムツの炙りの勝負 | トップページ | 納竿釣行(2010/12/30) »

アカムツ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

塾長、ワシも行きたい&食べたいです!

好調ですねぇ。しかしやまさんとまろすけさんとの差は何なのでしょうか?誘いの差?ちなみに私は置き竿派ですが。
さてさて沖の瀬にはアカムツがいますでしょうか?探索結果が楽しみです。

やまさん、こんばんは。老後はアカムツ漁で暮らせそうですね。私は、ベラ釣り船でもやろう。

とにかく凄い!どんな名人でもここまで釣果を出せるでしょうか?山さんはやはり「アカムツ名人」です。アカムツにはまりましたね。次回はアカムツを釣って、大大宴会をしましょう。だって、アカムツは人を幸せにする魚ですから。山さん、万歳!

>ふくじろうさん

タイミング合えばご一緒しましょう。
今年はあと1回行けるかどうかですが、乗船希望者が多くて^_^;
リールはPE4-6号を500m巻いて下さいね。
竿はオモリ200号を背負える柔らかめの竿です。

>海流美丸さん

定期的な誘いは必要ですが、誘いすぎは禁物だと思います。そういう意味で置き竿のほうがいいかもしれません。
ちょっとエンジンを吹かして誘うのも効果ありました。

>マイティーさん

漁で食べられれば最高ですが、食えないですよ。
釣りは遊びだから楽しいのであって、仕事になると楽しめなくなりますね!

>ダニエルさん

いえいえ名人ではないです(^_^;)
大げさな・・・

ただアカムツは小さいより大きいのが欲しいですよね!タイなら大きいと美味しくないのですが、アカムツは大きいのも変わらず美味しいですから。
35センチと45センチでは、太さが大人と小学生位の違いありました。

35センチ1本だとお気の毒なので、まろすけさんに45センチ1本進呈しました。外道のユメカサゴも。

 うぇ~ またアカムツそれも5本も!! さすがですね。

 場所も深さもそんなに変わらないから、自分にもそろそろ釣れそうな気がしてきました。

 しばらくまた頑張りま~す。
 

 

>moonfishさん

産卵は終了しアカムツの卵はほとんどはたいてなくなりましたが、まだ小さく群れているようです。

新型ロランスを導入されていらっしゃるので、水深200m超でも緩やかな斜面なら200Khzで魚影を捕捉できると思います。

そんな場所が見つかれば、数釣りできるかもしれません。ただしサバなどの外道の可能性も高く、反応が見つかっても結構群れがピンポイントなので、風と潮の方向とラインの行く方向を読んでボートを流さなければ、なかなか群れに仕掛けを直撃させることは難しいです。

先日沖でお会いした周辺(秘密にお願いします)も広範囲にポツポツアカムツが散らばっている感じですが、魚探に反応は出てませんでした。やや急斜面で反応が底の映像の中に隠れてしまっている可能性もありますが。

釣れるといいですね!

私が今期アカムツ釣った場所は、あちこちにあります。地形を選べば、アカムツポイントは無数にあることがわかりました。

確かにロランス魚探なら、200Hz、300m超えでも海底の反応が見れますね。なにやら見える時は可能性があるように思います。 
 なにせスパンカーがないので、深場の反応のあるピンポイントを流すのが難しいんですよね~ なんだかんだで若干ずれてしまいます。 それでも何とか釣ってますが。。。 練習と経験を積むことでピンポイントでも釣り上げたいものです。 
 

>moonfishさん

今年の締めに、また50センチオーバーのアカムツ揚げて下さい!

私も50オーバーのアカムツが釣りたいです(^O^)

ご無沙汰してます。
関東を離れて早いもので三ヶ月が過ぎました。
関東の魚が恋しく思います。
五島の海域は浅場が多く深くても60メートルでキンメやアカムツは当然ですがアマダイも遠出をしないと居ない様です。
今後とも安全と大量をお祈りいたします。

>猫丸さん

こちらこそご無沙汰しております!

その後どうされているかなあと気になっていたところでした。

ボート倶楽部1月号の『五島列島移住』の記事拝見しましたよ(^O^)

夢の実現のため、奥様やお嬢様のご協力あって羨ましいです。
うちはまず無理ですが(^^ゞ

創意工夫しても軌道に乗るまで大変でしょうが、ご成功お祈りいたします。陰ながら応援いてます!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/38144992

この記事へのトラックバック一覧です: ハマってしまったアカムツ釣り(2010/12/19):

« 極上の締めサバとアカムツの炙りの勝負 | トップページ | 納竿釣行(2010/12/30) »