« 相模湾のアカムツ探し(2010/12/10) | トップページ | ハマってしまったアカムツ釣り(2010/12/19) »

2010年12月12日 (日)

極上の締めサバとアカムツの炙りの勝負

水深200m以上の底付近で釣れたゴマサバの内、太目を選んで釣り餌用に10本、食用に1本お持ち帰りした。

一番太っているサバを食用にと思っていたが、実際捌いてみると餌用にキープしたサバの中にとびきり脂が乗った個体がいた。
そいつを締めサバ↓にした。
Nec_0236

これは半端でなく旨い!
一流の寿司屋の締めサバと同等の脂と旨味。
口の中でとろける~(^o^)

ついでにいつものようにアカムツの炙り↓
Nec_0237

こっちはちと飽きてきた(^_^;)
この贅沢者が~!

従って、極上締めサバの勝ちっ!(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 相模湾のアカムツ探し(2010/12/10) | トップページ | ハマってしまったアカムツ釣り(2010/12/19) »

料理」カテゴリの記事

コメント

今回もおめでとうございます。さすがです。でもアカムツを食べ飽きたとは、やはり山さんは「アカムツ名人」です。そのようなセリフを一度は言ってみたいものです(笑)でも、脂の乗った〆サバが美味しかったでしょう。僕も「松輪サバ」らしき50cm程度の身の白い(かすかなピンク)、身割れのしないサバを〆サバにしたところ、「サバってこんなに美味しかった?」と思った記憶があります。この時期のサバは最高ですよね。でもアカムツには叶わないと思いますよ。天下のアカムツですから!

お久しぶりです。
今の時期のゴマサバが旨いとはビックリです。
いつもポイしてたので、機会があればキープしてみます。
去年城ヶ島沖で釣ったサバは旨かった。
1kgくらいあって釣った時はカツオかと思いました。
刺身は飽きてきますよね。

>ダニエルさん

いやいや「アカムツ名人」なんてとんでもないですよ(^^ゞ
別にアカムツの数釣りがしたいわけではないので、いいサイズが2つ3つ取れれば十分です。
アカムツの目標は、50センチまたは2キロアップです。

相模湾の正真正銘の「アカムツ名人」の皆さんは、もっともっとたくさん釣っていますから。
いい日に当たると、中大型ばかりツ抜けしてもおかしくないようです。

大型は運ですけど、地道に狙ってみます。

>kenさん

お久しぶりです。
おニューのEX33で爆釣されていらっしゃることと思います(^O^)/

ゴマサバですが、釣れれば4-5本餌用にキープしますが、切りがないので私もたいていポイします。

ただ、冬の深場の底で釣れる太ったゴマサバの中には脂の乗った個体が1-2割はいると思います。
見分けが付かないので、3枚に下してみないとわかりませんが(^^ゞ

冬の太ったマサバは間違いなく美味しいです!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/38048331

この記事へのトラックバック一覧です: 極上の締めサバとアカムツの炙りの勝負:

« 相模湾のアカムツ探し(2010/12/10) | トップページ | ハマってしまったアカムツ釣り(2010/12/19) »