« アカムツの肝はウマい! | トップページ | クロムツのお味、アカムツの西京焼き »

2011年1月30日 (日)

新たなポイント調査でツ抜け(2011/1/28)

マイ海底地形データーの中で気になるボトムの斜面が4か所あって、そこにアカムツがいるかどうか確認したかった。
アカムツが釣れなくてもいい。
そこが今の時期(産卵期以外)のアカムツの居場所かどうかがわかればそれだけでいい。

アカムツを釣るのが目的ではないので、あえて入れ食い実績ポイントは廻らず、アカムツ場の新たなポイントリサーチ目的でこの日は出撃した。

事前にポイントチェックしていたのは4か所。

1か所目はほぼ入れ食いでアカムツ7つ(でもスミヤキ多かった)。

2か所目は粘ってみたもののスカ(潮が動かない時間帯だったのが理由かも)。

3か所目は駆け上がっているボトム斜面の根の壁際のピンポイントで4つ(4流しでダブル2回スカ2回、スミヤキ多し)。

ここ3か所目で駿洋艇と遭遇。
駿洋さんと情報交換している途中、アカムツっぽいアタリで上げてみると、スミヤキのトリプルだった(笑)

最後4か所目のチェックポイントへ移動。
1流し目はバラシ。
2流し目はこの日最大のアカムツ47センチ。
この時点で12時。
3流し目はスミヤキとユメカサゴ。
4流し目は、近場では貴重な60センチのクロムツ。
この時点で12時半。

持参した20Lクーラー↓にはすでに入りきらないので、ボートに常備しているの35Lクーラーに獲物を分ける。
Sany0068

ここで上がろうかと思ったが、ボート仲間のオフショアハンター氏よりアコウダイ場をぜひ偵察してほしいとのつぶやきボイス発見(mixi)。

期待に応えるべく、アコウダイ偵察へ。
といっても、マイボートでアコウダイを狙ったことないのでまったく自信無し(笑)

アコウダイが寄りそうな斜面を適当に選んで、水深450-500m中心に流す。
結局2か所で2流ししたが、アコウダイは釣れず。
深海アナゴとスミヤキのみ。
やる気が失せ上がった。

水深350mを越えると仕掛けの上げ下ろしがとてもカッタルイ(>_<)
反省点として乗っこみのこの時期、水深がちょっと深かったかも。
次回はもう100m位浅い場所を探してみる。

本日のキープ↓
30-47センチのアカムツ12本(内40オーバー2本)
クロムツ60センチ1本
Nec_0417

ポイントリサーチのつもりがまた釣れてしまった。

スミヤキは10本以上釣れたが全リリース。

マリーナスタッフに珍しくクロムツの記念写真を撮っていただいた↓
Photo

アカムツはマリーナスタッフとマリーナ保管メンバーに7本お裾分けし、私のクライアントと身内にも5本お裾分け。

我が家のキープはクロムツのみ。

アカムツ爆釣ポイントが複数確認できたので、アカムツ釣りは当分休むことにする。

動画はこちら↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« アカムツの肝はウマい! | トップページ | クロムツのお味、アカムツの西京焼き »

アカムツ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

やまさん、アカムツを頂き有難うございました。
自分じゃ釣れない魚なので嬉しい限りです。
早速、半身を刺身に、アラはお吸い物にしていただきました。
もう両方のホッペが落ちて無くなってます。
残りは今晩塩焼きで堪能します。
またよろしくお願いします。^^; <SAVNY>

>SAVNYさん

いえいえ、アカムツをおいしく食べていただいて良かったです。

塩焼き干物もおいしいですが、煮付けも最高です!(^u^)

やまさん、こんにちは。またも大漁ですね。釣り船が、やまさんを追いかけそうですね。私は、今年は上手な方のマネして轟沈は避けて、近場でのんびりを方針にします。

>マイティーさん

ポイント開拓がいいようです。
どこもピンポイントで、直径30m~60m位の円内です。

私は自分からお願いしてポイントを教えてもらったり、一々遊漁船のポイントをチェックしたりする、コバンザメな釣りは好きじゃないんです(^_^;)
撃沈覚悟で研究してポイントを発見するのがボート釣りの醍醐味だと思うからです。
海は広いですからね~

プロなら、まさか私ごときのアマのポイントなどチェックしないでしょ(^^ゞ
アカムツポイントは探せばたくさんあるんですから。

またやりましたね! なんか釣れて当たり前で、幻ではなくなりましたね。 アカムツって本当は結構いるんじゃないですかね~ 
やまさんほとではありませんが、アカムツゲットしました。真似してしゃぶしゃぶ鍋、肝も食べました。 これは旨かったです。 次回も鍋です。 自分はまだアカムツ狙います。 デカ黒もすごいですね。

>moonfishさん

おっしゃるようにアカムツは幻の魚ではないです。
今の時期もこじんまり群れていていることも多く、そんなに大きく移動してないようです。

群れを発見することが爆釣のコツです。
私が開拓した場所は、いずれも斜面のピンポイントなので高性能魚探でも反応出ないと思います。

群れを発見できなくても攻める場所水深さえ押さえれば、1日やれば型みれると思います。

クロムツは運でした。
狙ってもこのサイズは釣れないです。
近場のマダイでいうと7-8キロに相当するサイズだと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/38664139

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなポイント調査でツ抜け(2011/1/28):

« アカムツの肝はウマい! | トップページ | クロムツのお味、アカムツの西京焼き »