« アカムツのツ抜け(2011/1/21) | トップページ | アカムツの肝はウマい! »

2011年1月23日 (日)

アカムツのツ抜け動画(2011/1/21)

特大アカムツ狙いでムツ針20号の片テンビン仕掛けを自作して試してみた。
餌にはヒイカとサバ短冊の抱き合わせ。

結論を言えば、片テンビン仕掛けはアカムツ釣りにはNOというのが私個人の感想だ。
片テンビン仕掛けは、スミヤキのアタリが取りにくいから、仕掛けの消耗が激しい。
ベタ底中心に狙うならいいが、多少タナが変動する魚を狙うには胴付き仕掛けのほうが圧倒的に向いている。

やはり特大アカムツは食うのは運、狙って釣れるものではなさそうだ。大アラしかり、大アコウもそうかもしれない。

別にアカムツをたくさん釣りたいわけではないので、アカムツのポイント探索はこれにて一区切りをつけようと思う。

次の興味の対象はアコウダイかな。

数釣りたいとは思わないが、とりあえず2キロ以上の良型を1つ釣って鍋で食べてみたい。

アカムツのツ抜けの動画をアップしました↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« アカムツのツ抜け(2011/1/21) | トップページ | アカムツの肝はウマい! »

アカムツ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

またまたやりましたね。新しい竿が思惑通りの成果を出しましたね。
ポイントしかりタックルしかり、狙い通りにいくと喜びも倍増でしょうね。
ところで誘いは手持ち?それとも終始置き竿ですか?

> Oh! さん

数は釣れるようになりましたけど、50センチ2キロオーバーがなかなか釣れません。
たぶん何回かそのサイズはバラシたと思いますが、なかなか取れないです。
数が少ないから仕方ありませんが。

誘いはもちろん手持ちです。
着底直後の最初の誘いを重視してます。

巻き上げは、初めは手持ちで慎重に、ある程度巻き上げて魚が弱ってきたら置き竿でドラグ効かせて巻き上げます。

アカムツはマダイに比べると警戒心の少ないバカな魚なので、潮が動いていてそこにアカムツが居れば基本的に食ってくる魚だと思います。

やまさん
竿も吟味して、ドラッグも効かせてもバレルのは、アカムツの口が魚体に比例して強くならないから、大きいものは余計バレ易いのでしょうね。しかも波が悪い日に重なると最悪ですね。何か更なる対策があるといいですね。。私もYF23見つかるまでは、疑似体験モードですので、2キロオーバー釣果を期待しています

>Oh!さん

大型~特大アカムツに絞って釣るなら、アコウダイに使うような大きさの針なら取れる確率が高くなると思います。
45センチ以下のアカムツはばれてもいい覚悟なら、ムツ針22号以上がいいと思います。

向う合わせの釣りなので、ムツ針はどうしても口横にフッキングしやすくなります。
ムツ針16~18号の場合、40センチ以下のサイズなら口横の比較的しっかりした場所に針先が届きますが、大型以上になると口が大きくてそこに針先がうまく届かず、バレやすくなります。上顎か下顎のしっかりした場所にかかれば針のサイズが小さくても取れるでしょうが。

針のサイズは悩むところです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/38581656

この記事へのトラックバック一覧です: アカムツのツ抜け動画(2011/1/21):

« アカムツのツ抜け(2011/1/21) | トップページ | アカムツの肝はウマい! »