« 城ケ島のマリーナは無事です | トップページ | 久しぶりに給油と洗車 »

2011年3月22日 (火)

釣りの再開時期を考える

大地震の被害を考えると中々釣りに行く気になれない。

命がけで救援に行っている友人がいる。
被災に遭った身内や友人知人もいる。

被災地のために何かできないかと赤十字に募金したり、できる限りの節電は心がけているが、もどかしい。

仕事は大幅に遅れをとっているし、予定していた受注契約がキャンセルや延期にもなっている。

ガソリン不足は解消に向かっているそうだが、マリーナのある三浦市は計画停電エリアに入っており(我が家のエリアは計画停電がないが)、妻子は地震が落ち着くまで私が海に出ることに反対している。
もちろん新たな余震(地震)や原発の影響を思うと、私も家族のことが心配だ。

釣りには行きたいが、まだしばらくはお預けになりそう。

日本経済の復興のために、我々自身が早く元の生活、経済活動に戻さなければならないことはわかっている。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 城ケ島のマリーナは無事です | トップページ | 久しぶりに給油と洗車 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

皆さん、迷われていますね。ただ一部の方は、敢えて、お世話になった船宿の状況を確認しつつ釣りに行かれています。釣り関連の業界にも大きな影響が出てしまいますので、事情の許す方は、行くことで応援するのも在りですね。個人的には親類に行方不明者もおりますし、学生時代の友人も被災していますので、行く気には成れません。そしてマリーナも近くのスタンドからローリーが給油に来るシステムなので現状は給油も出来ません。一日も早く復興出来る事を願うばかりです。

>マイティーさん

ガソリンの見通しが付いたので、行きたいのですが、私は早くても来週末以降になると思います。

ガソリンの供給が安定したら、釣りに行ける方も増えるでしょう。しかし、余震がまだありますね。

三浦市は計画停電があるため、上下架の時間を気をつけなければならないです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/39320206

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りの再開時期を考える:

« 城ケ島のマリーナは無事です | トップページ | 久しぶりに給油と洗車 »