« スルハル振動子の取付け場所(YF-23) | トップページ | HDS-10の基本操作(項目別その1) »

2011年4月19日 (火)

2周波スキマーの最適な取付け位置

ロランスのトランサム用振動子(HST-DFSBL)の取付け位置について、ジムクォーツさんからアドバイスを頂戴しました。

一般にVハル艇は前方で噛んだ泡が左右に広がって流れるので、 なるべくトランサムセンター寄りが好結果を得られるとのことでした。

先月、社長さんがオークランドへロランスディーラー会議に行かれたとき、マリーナのロランス装備艇をご覧になったそうです。
そのときの写真がこちらです。
Img_2555
Img_2571

トランサムセンターから20cmから30cmオフセットし、前方から見ると、振動子が船底から半分だけ顔を出している感じだそうです。
確かに私のボート(LCX-27c用の振動子)より随分センター寄りに取り付けられています。

今後旧型の出番がなくなりますが、そうアドバイスを受けてしまうと、LCX-27cの振動子の位置をセンター寄りにズラして検証してみたくなります(^^ゞ

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« スルハル振動子の取付け場所(YF-23) | トップページ | HDS-10の基本操作(項目別その1) »

マイボート&艤装」カテゴリの記事

ロランスHDS-10の基本操作」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

なるほど、解説されると気がつきますが、外よりに付けていましたので、今度、内側に移動して見ます。

>マイティーさん

私も3か所付け直して試行錯誤しましたが、やっぱり一番外側の映りが悪かったですね。
泡噛みが原因だったとは(^^ゞ

センター寄りに取付けると船外機の影響で映りが悪くなるのではないかとの不安がありまして、結局中途半端な位置に取付けて、映りはこんなものとあきらめてました。

この写真を見ると今の位置より20-30センチ以上センター側へ付けたほうが映りがよさそうですね。

船外機を気にせず、ものは試しで、思い切って振動子を真中近くに取付けても面白いかもしれません。

トレーラーに乗せるときの損傷を避けるため、センターよりずらして取り付けましたが、浅場の低速走行だと、やはり泡が絡んで映らなくなる時があります。浅場で水深表示が消えるので、取り付け位置悩み中です。

>hirdoさん

トレーラーボートに買い替えられたのですね!

トレーラブルのみなさんが詳しいですよ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/39667201

この記事へのトラックバック一覧です: 2周波スキマーの最適な取付け位置:

« スルハル振動子の取付け場所(YF-23) | トップページ | HDS-10の基本操作(項目別その1) »