« HDS-10とB60のデビュー(2011/4/29) | トップページ | 近場で端物釣り(2011/5/3) »

2011年4月30日 (土)

トランサム振動子は右舷側のほうがいい?

マリーナ仲間のkensurfさんは、最近米国からAIRMAR製のトランサム用の振動子TM260を個人輸入されて、HDS8で使用されている。
この製品マニュアルでは、プロペラの回転が底に向かう側、すなわちエンジンのプロペラが右回りの場合は右舷側トランサムに取付けるほうがよいとされているらしい。
また、取付けはプロペラ位置から横へ15センチ以上離すことが推奨されているようだ。
TM260のマニュアルはこちら(部分抜粋)↓
Photo_3

私が旧型LCXを最初に取り付けたときは、2周波スキマー(HST-DFSBL振動子)を右舷側トランサムへ付けていた。
しかし、その後右舷側に8馬力補機を付けた関係で、右舷側の泡噛みや水流が気になってスキマーを左舷側トランサムへ移設した。
しかし、そう言われてみると、振動子を右舷側に付けていたときのほうが今より深海での底切れがしにくかったような気もする。

kensurfさんが個人輸入された振動子はプロペラから15センチ以上離して右舷エンジン寄りに設置↓
Kensurf

ジムクォーツさんから頂いた参考写真も右舷側↓
Img_2571

補機さえなければ私も↓の写真のように右舷トランサムへ付けたほうがいいかもしれない(^^ゞ
2

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« HDS-10とB60のデビュー(2011/4/29) | トップページ | 近場で端物釣り(2011/5/3) »

マイボート&艤装」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

そうなんですね~

プロペラの回転が底むきになる側というとペラの水流とかが影響あるのかしら・・・
前へ進んでいるのだから、あまり影響ないかと思ってました。

私はトランサム付けの振動子はVの一番底にしてます。
泡噛みが心配で、少しでも海面から離して。。。と思って設置してます。

デカイほうはズボン!と突っ込んでしまうので、どこでもOKな感じかと思ってましたがノイズ対策で1mmでもエンジン、ペラから遠い方が良いみたいですね。

魚探も一筋縄ではいかんですね・・・(泣)

>Lienさん

そのようです。
Ⅴハルの場合、トランサムに振動子を取付けるなら、なるべくエンジン、プロペラから離しつつ、なるべくセンター寄りの深い場所ということで、必然的にエンジン位置から20-30センチ前後横になるようです。

私の経験では、トランサムに振動子を取付けるなら、右舷側の方が水深350m超の映りが良かったです。水深200m以下では映りに変わりありませんでしたが。

やまさん、いつも情報ありかとうございます。右舷側が良いとの情報は、私も聞いていましたのでケーブル取り回しは左舷が良いのですが、右に付けていました、そして今朝、マリーナに行ってセンターよりに移動して来ました。ドライブから30センチ弱です。次回楽しみですが深い所まで行けるかどうか分かりません。

>マイティーさん

レポート楽しみにしてます!

私も2周波スキマー移設後のレポートをブログにアップしますから。

B60は期待が大きかっただけに辛口レポートでしたが、今までの旧型LCXに比べるとスルハルということでかなり映りが向上したのは間違いありません(^O^)
10ノット「深海モード200Khz」で450m前後の底が取れてましたから。
20ノットでは取れなかっただけです(笑)

YF23のVハル形状からして20ノット前後になるとスルハル振動子部分に泡が入ってしまうのか、または魚探のセッティングが悪いのかもしれませんが(^^ゞ

深海モードのセッティングは、これから色々試してみます。釣りは半分のつもりで。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/39813795

この記事へのトラックバック一覧です: トランサム振動子は右舷側のほうがいい?:

« HDS-10とB60のデビュー(2011/4/29) | トップページ | 近場で端物釣り(2011/5/3) »