« 海底地形デジタルデータを変換する方法 | トップページ | 新型国産ハイブリッド車 »

2011年5月20日 (金)

魚探テストの日(2011/5/19)

昨日はbobossさんをゲストに、深海での魚探テストに出撃した。
昼までに南西が上がる予報で、午前中しかできない。

マリーナに前日ボートを下架してもらい、早朝出港。

アカムツの実績ポイントに向かうが反応なし。

アカムツ実績ポイントの対岸の斜面を登り始めた壁際に、アカムツらしき反応を見つけ、魚探にウェイポイントを打ち込む。
まさにアカムツを爆釣したときのようなピンポイントの群れだ。

反応の場所に潮回りして1流し目。

bobossさんにすぐアタリがあって巻き上げるとエサがそのまま。

口切れで逃げられたか?
それとも気のせいか?

その後は、シマガツオの群れに阻まれ、仕掛けが着底しない(>_<)

何処も彼処もシマガツオの絨毯↓
Photo

結局、キープした釣果はなし。

でもbobossさんからトロキンメを一つ頂いた↓
前日シングルハンドで南下されてゲットされた貴重なキンメ。
Nec_0348

bobossさん、キンメありがとうございますm(__)m
今晩おいしくいただきま~す(^O^)

魚探テストの報告は、感想を含めて次のとおり(B60振動子をイケスにスルハルした場合)。

・標準モード200Khz20ノット程度の走行で、水深410m位まで確認できた。これはすごい!
・標準モード200Khz20ノット程度の走行で、水深400m弱までの魚影反応?が映った(海底付近)。これもすごい!
・45度以上の斜面でも魚影が映った。キンメはもちろん、クロムツやアカムツも映るだろう。
・標準モード200Khz15-20ノット程度で走行中、水深450mを超えて水深エラー(ボトムエラー)が発生。
・水深300-400m付近で水深エラーが発生してしまうと、電源を落として再起動かけても、深海モードの感度水深レンジを手動に変えて再起動しても、水深エラーは改善しなかった。
・深海での水深エラーは水深150m付近になると自然と正常に戻り、標準モードが普通に使えるようになった。
・深海モードの50Khzは使い物にならなかった。こちら側のセッティングの問題なのか、振動子の問題なのか?原因は両方だろう。
・深海モードにもかかわらず水深450m付近を超えると水深エラーが発生する。

B60のスルハルでは、今回のテストでも深海モードがまともに機能しなかった。
ということは、いくらセッティングを試行錯誤して頑張ったとしても、B60振動子で水深1000m前後の海底の魚を映すには役不足なのではと思う。
少なくとも私のボートでB60振動子をスルハルした限りでは、カタログのように【水深1000mの魚影が映る】ことはなく、【水深400mまでの魚影が標準モードの200Khzで映る】ということは実証できた。
これはこれで凄いことなのだが…

実際ロランスで水深1000m以上を見れるようにするためには、やはりそれ相応の高性能な振動子のスルハルが必要になるのだろう。

ジムクォーツさんに『深海モード』について改めて問い合わせてみたところ、ロランス社で、水深エラー症状の改善に向けて、現在プログラムを調整中とのこと。
プログラムのバージョンアップを8月に予定しているらしく、これをダウンロードしてSDカードでロランス本体へインストールすれば、多少は改善されるようだ。

この日の動画はこちら↓


ロランスHDS-10の基本操作の一つ【航跡の表示、非表示、記録、消去】についての動画はこちら↓
なお、航跡を記録したい場合、【航跡】画面でMENUボタンを押して、【記録】に青丸チェックをエンターで入れてください。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 海底地形デジタルデータを変換する方法 | トップページ | 新型国産ハイブリッド車 »

ロランスHDS-10の基本操作」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

私も先日オッペタンコに撃沈されました。
しばらくは深場をお休みします。
魚探良さそうですね。
資料請求とかしてるのですがレスポンスなし。
サポートが不安です。

>kenさん

ジムクォーツさん、元締めなのにほぼ一人でサポート対応しているのでそういうこともあり得ます。

困りましたね~(^_^;)

購入後のサポートは電話かメールです。

私からも連絡入れておきます。

三崎周辺はエチオピアの季節ですか。中深場を狙っていた時は邪魔者でしたが、今では懐かしいです。
HDSの液晶は繊細で綺麗な感じですね。性能も20ノットで400mが映るならキンメ・アカムツは余裕でカバーできますね。

>海流美丸さん

はい、エチの最盛期です(笑)
これはサバ以上に厄介ですから、しばらく深場釣りはお休みです。

5ノット位で探索したら、200khz深海モードで500m位は底が取れると思います。
50KhzがB60振動子でも使えないのがいらつきますけど、アコウやベニ、アブラボウズやイシナギでもやらない限り、200kで400mまでの魚影が映れば十分ですからね。

ストラクチャースキャンで近場のクエやアオリを見てみたいので、今日発注かけました!

とうとうストラクチャースキャン導入ですかぁ。ストラクチャースキャンは波がある時にどの程度うまく映るのかか気になりますね。波による揺れはうまく補正されるのでしょうか?レポートを楽しみにしています。

>海流美丸さん

導入まで1カ月近くかかりそうです。
波による補正は?ですけど、たぶんそれなりの影響あるでしょうね。
海水使用でも水深50-60m位まで行けるらしいです。
マイボートが浅場の水族館になります。
釣りしないで、ずっとストラクチャースキャンで遊んでしまいそうです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/40061102

この記事へのトラックバック一覧です: 魚探テストの日(2011/5/19):

« 海底地形デジタルデータを変換する方法 | トップページ | 新型国産ハイブリッド車 »