« 海底地形デジタルデータ変換のフリーソフト | トップページ | 魚探テストの日(2011/5/19) »

2011年5月18日 (水)

海底地形デジタルデータを変換する方法

水路協会から販売されている海底地形デジタルデータ(シェープファイル)を、フリーソフトの【GPSMapEdit】と【lcmBuilderDLL】を使ってファイル変換する方法について、下記サイトへ簡単にアップしました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=5586177

私が使っているフリーソフトはこちらです。

GPSMapEdit↓
http://www.geopainting.com/en/

lcmBuilderDLL↓
http://www.geopainting.com/en/lcmbuilder.html

このサイトは、大手SNSのmixi内の【LOWRANCE】というコミュニティでありまして、【シェープファイルの変換と合成】というトピックで、管理人の私が簡単に使い方を解説しています。

Photo_2

このコミュニティは非公開ですが、ロランスを導入されている方、または今後導入を検討していらっしゃる方であれば、原則承認させていただきます。ロランスにご興味ある方も歓迎します。
但しmixiへの登録は必要です。

ロランスの各セッティング、各種振動子、関係機器においても情報交換できる場になればと思います。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 海底地形デジタルデータ変換のフリーソフト | トップページ | 魚探テストの日(2011/5/19) »

ロランスHDS-10の基本操作」カテゴリの記事

海底地形図」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/40033583

この記事へのトラックバック一覧です: 海底地形デジタルデータを変換する方法:

« 海底地形デジタルデータ変換のフリーソフト | トップページ | 魚探テストの日(2011/5/19) »