« ドクターデプスの基本操作(動画編) | トップページ | 魚探反応のスクリーンショット »

2011年6月19日 (日)

沖ノ瀬でムツ&キンメ釣り(2011/6/18)

前日ボートを下してもらった。
隣は僚船のkensurf艇↓
1

kensurf艇より先に出港。

三崎港内から城ケ島西の赤灯、釜根まで、ストラクチャースキャンで遊ぶ。
こちら釜根のLSS-1画像↓
6

この日の同乗者は久しぶりにまろすけさん。
釣り物に迷ったが、まろすけさんの希望もあり、朝のうちは近場の赤ムツ狙うことにした。
大潮だから少しは潮が動くと思っていたが、全然動かない。
おまけに無風。
船の位置が全く変わらない状態がしばらく続いた。

サバやシマガツオだけはいつものように元気一杯(-"-)
こいつらの反応を避けてウロウロしても、本命からの魚信はない。

10時を回って沖ノ瀬へ移動を決断。

沖ノ瀬も潮が動かず、無風ベタ凪。
魚探にはサバやシマガツオの反応だらけ。

12時になって潮が動き始めるとまろすけさんに沖ノ瀬サイズの小ぶりのキンメ。
水面でバラしましたが(笑)

私に良型ムツのダブル↓
4_2

その後まろすけさんにメダイのダブルとムツ↓
5_2

いよいよこれからという時に雷雲が近づいてきた。
無念の早上がり。

この日のキープ↓
私は下のムツ2、キンメ1のみキープ。
他はまろすけさんがお持ち帰り。
3

この日の釣りの動画↓


ストラクチャースキャン(LSS-1)の動画(三崎港内から釜根)↓


沖ノ瀬へ向かう途中、HDS-10の【深海モード】をテスト。

水深1000m超で底を取ろうと試行錯誤しながら手動で試しているうちに、HDSが突然フリーズしてキーが応答しなくなってしまった。
やむを得ずエンジンを切り、ボートの電源スイッチを落としてロランスを強制終了。

ボートの電源スイッチを入れて再起動したら、今度はHDSのGPSに不具合が発生。
GPS位置が一時動かなくなってしまったのだ。

そのうちHDSのGPSが動き始めたのだが、本来の位置と少しずれて追従している。
旧型LCXが正常に作動していたため、HDSのGPSの不具合は一目瞭然。

【深海モード】をあれこれ手動操作してHDSをフリーズさせたことが不具合の原因になったのだろうか?

ロランスの電源を落として再起動かけても症状は改善せず。
旧型LCXのGPSがあることだし、あきらめて放っておいたら、そのうちHDSのGPSも正常に戻った。

HDSの水深表示もほぼ同時におかしくなった。
等深線図では水深380m前後なのに、表示している【標準モード】の水深は175m前後を表示。
電動リールの水深は391m。

おかしいと思って【深海モード】に切り替えて水深を0-450mにカスタム設定すると中層(170m付近)に魚の群れ?らしき反応。
そしてうっすら映るボトムは水深350m前後。
中層の反応が魚の群れでボトムだと誤探知したとしても、【標準モード】でこんなに海底のようにはっきりと映し出すのだろうか?

それとも、水深1100m前後での【深海モード】の手動操作→HDSのフリーズ→強制終了→再起動が、魚探の水深表示になんらかの影響を及ぼしたのだろうか?

よくわからない。

このあと【標準モード】に戻したら、水深350m前後が映って、正常に復帰した。

その時の様子はこちら(動画)↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« ドクターデプスの基本操作(動画編) | トップページ | 魚探反応のスクリーンショット »

キンメ&クロムツ釣り」カテゴリの記事

ロランスHDS-10の基本操作」カテゴリの記事

海底地形図」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

立派なムツ、あぁ美味しそう!!今の時期でもムツが釣れるのですね。ムツの味は季節に関係ないのでしょうか。
SSも面白そうです。今度はお魚さんがたくさん映っている映像に期待しています。

>海流美丸さん

城ヶ島沖にも少しはムツが残っていると思いますが、急潮やサバやシマガツオの大群で釣りにならないことが多いです。

沖の瀬や洲崎沖の急斜面のほうが、今の時期個体数が多いと思います。
型も城ヶ島沖よりワンサイズ大きいし。

SSは釣りに使っていませんが、浅場の遊びツールとして導入しました^m^

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/40459522

この記事へのトラックバック一覧です: 沖ノ瀬でムツ&キンメ釣り(2011/6/18):

« ドクターデプスの基本操作(動画編) | トップページ | 魚探反応のスクリーンショット »