« アカムツ狙いは3流しで2つキープ(2011/6/6) | トップページ | ストラクチャースキャンの録画方法 »

2011年6月 7日 (火)

ストラクチャースキャンの映り(動画編)

LSS-1のテストの模様(2011/6/6)を動画にしました。
使い方はわかりませんでしたが、マニュアルも読まずに適当にいじってみました。

浅場は800kHz、深場は455kHzが基本だそうです。
深場といっても最大水深60~70m位までしか見えないらしいです。

しかし見えるとはいっても、水深60~70mの海底にいる魚をズームインしても見ることは厳しいでしょう。
海底の状態が確認できる水深が最大60~70m位と理解したほうがいいです。

魚の姿は、小魚の群れは映ってましたが、浅場でない限り個体をはっきり映すのは難しいと思いました。
よく見えるセッティングがあるといいのですが、今後色々試してみます。

魚探画面とSS画面のタイムラグ↓
(B60振動子とLSS-1振動子が2m以上前と後に離れているので、どうしても魚探画面とSS画面にタイムラグができてしまいます)


浅場でのSSの映り方↓
(水深10m前後の岩礁帯の様子です)


城ケ島沿岸その1↓
(神楽高根&シバ根周辺の様子です)


城ケ島沿岸その2↓
(元名出シ周辺の様子です)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« アカムツ狙いは3流しで2つキープ(2011/6/6) | トップページ | ストラクチャースキャンの録画方法 »

マイボート&艤装」カテゴリの記事

ロランスHDS-10の基本操作」カテゴリの記事

海底地形図」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/40300967

この記事へのトラックバック一覧です: ストラクチャースキャンの映り(動画編):

« アカムツ狙いは3流しで2つキープ(2011/6/6) | トップページ | ストラクチャースキャンの録画方法 »