« 沖ノ瀬の冷凍キンメのお味 | トップページ | 午前中のアカムツ釣り(2011/7/24) »

2011年7月22日 (金)

AC-5Sデビューの日

新型ミヤマエの電動リールAC-5Sをあさって日曜デビューさせようと思う。

潮はこの通り↓で午前中勝負だ。
24

ジムクォーツさんにバージョンアップしていただいたHDS-10をコックピットパネルに取付け直さなければならないので、その時間を見て8時半前後にのんびり出港予定。

潮が流れる12時までしか釣りにならないだろうから、マリーナから30-40分以内の近場の深海ポイントをリサーチすることにする。

昼からは魚探自動調整器の動作確認を行なう。
今度こそ映ってほしい。
本当に深海が映るなら、ポイントを正確に選んで深海釣りができるようになるかもしれない。

おニューのミヤマエの電動リールにブラックPE8号を巻いた。
メーカーでは8号なら900m巻けるとしているが、実際1000m位巻けると思って1000m分購入したが、甘かった(^_^;)

テンションアジャスター↓を付けても、メーカーのいうとおり、PE8号は900m位しか巻けなかった(>_<)
Ac

テンションアジャスターがなければ900mどころか、800m巻くのがやっとかもしれない。
これだとせいぜい水深700-800mまでしか釣りできない。

もし魚探自動調整器が機能して、深海の根がわかるんだったら、水深1000m前後のベニアコウにもチャレンジしてみたい。
これ以上の大型リールは使いたくないが、その水深で本気でベニアコウやりたくなったら、あきらめてCX-9を買うしかない。

それとも、AC-5SにPE5号1300m巻いて、超ライトタックルでギャンブルするか?(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 沖ノ瀬の冷凍キンメのお味 | トップページ | 午前中のアカムツ釣り(2011/7/24) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

だんだんと狙う深さが深くなりますね。上げ下ろしにいっそう時間が掛かりそうです。1000mぐらいだと外道も本格的に深海魚が釣れるのでしょうか?アンコウが釣れたりして。

>海流美丸さん

魚探が深海の根を映し出せるなら1000mでもチャレンジしてみたいです。

現状のHDSはB60振動子を生簀スルハルした場合は、せいぜい水深400-450m(200khz)までです。
ぎりぎりアコウダイが狙える水深です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/40911865

この記事へのトラックバック一覧です: AC-5Sデビューの日:

« 沖ノ瀬の冷凍キンメのお味 | トップページ | 午前中のアカムツ釣り(2011/7/24) »