« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

深海の映り方に大満足(BSM-1)

昨日は急潮情報が出ているし、大潮で釣りにならないかもしれないので、釣りのゲストを誘わず、気持ちはほとんどBSM-1。
BSM-1で本当に水深1000mの海底をキャッチできるのか、とても気になりました。

まずは浅場でストラクチャースキャン(LSS-1)の動作確認。
パレットとコントラストを調整することで、BSM-1を付けても問題なく映ることが確認できました。
これで一安心。

ストラクチャースキャンの動画↓


次に標準モードの200kHzをテストしました。
これが想定以上によく映り、標準モードの200kHzで、20ノットで水深537mまで底が取れました(動画のワンショット写真)↓
200k20537

動画はこちらです(BSM-1と200kHz標準モード)↓

標準モードから深海モードへ変更したときの動画(標準モードから深海モードへ)↓


深海モードでついに水深1000mが映りました。
深海モードの50kHzで、6ノットで水深1217mまで底が取れました(動画のワンショット写真)↓
50k61217

動画はこちらです(BSM-1と50kHz深海モード)↓
まずはその1↓


その2↓


以上の50kHzの深海モードに関する動画は、深海モードで試行錯誤する様子が映っていて、HDSユーザーの皆様にご参考になると思います。

感度をなるべく絞って指向角を狭くする努力すれば、50kHzであっても深海の底の形状をアバウトながら把握できるようになると思います。

次は水深450m付近で標準モードの200kHz。
実績ポイント近くの魚探動画(200kHzで深海ポイント探索)です↓


最後にロランス本体の画面画像のコピー機能で撮ったスクリーンショット3枚↓
200k18
50k700up
50k1100up

以上、BSM-1のレポートでした。
ロランスHDSを導入され、深海釣りをされる方にとって、武器になること間違いないです。

ただし、振動子が泡噛みする場合こんなに映りません。
振動子が2周波スキマーの場合、ボート船底形状によっては泡噛んでしまうかもしれません。

ちなみに釣りのほうは撃沈でした(^_^;)
大潮で急潮情報出ているのに水深500mオーバーは無謀でした。
400号錘でも落ち着きませんでしたから(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月29日 (金)

アカムツの塩焼き

7月11日に釣れたアカムツを今晩塩焼き↓にした。
Nec_0557

30センチちょっとの小型だけど、脂が凄すぎ↓
Nec_0560

シンプルな塩焼きもかなりイケる。

子供は脂がおいしいと。

こんな特上の魚ばかり子供に食べさせていいのだろうか…

明日は8時出港予定。
半分深海釣り、半分魚探テスト。

はたして水深1000mが映るかな?

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月28日 (木)

BSM-1とフィッシュシンボル

ロランスHDSと魚探振動子の間にBSM-1を繋げると、ロランス側でフィッシュシンボルとフィッシュシンボルの水深を表示(魚解析表示)設定しても表示されなくなります。

どうしても魚探画面でフィッシュシンボルを見たい方は、BSM-1側の電源ケーブルと振動子ケーブルを外してその振動子ケーブルをロランスHDSに繋げばBSM-1は認識しません。

もしストラクチャースキャン(LSS-1)も繋げている方は、上の振動子ケーブルを繋ぎ替えるほかに、LSS-1とBSM-1を繋いでいるケーブル(差込ソケットが黄色)のBSM-1側の差込とBSM-1側の電源ケーブルを抜けばOKです。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月26日 (火)

BSM-1テスト

2011年7月24日、釣りの後、ロランス新兵器のBSM-1を2-3時間テストしました。

【BSM-1とは】
Broadband Sounder Module -1の略で、ロランスHDSの感度調整を自動でやってくれる「最適化調整器」らしいです↓
Securedownload
元々、シムラッド社が深海の調査船向けに開発した商品らしいですが、ロランスとの合併後に大量生産する(している?)ようです。
私のボートに付けたBSM-1は、ロランス正規輸入代理店ジムクォーツさんからの第1号輸入品だそうです。

このほかBSM-2というもっと高性能な機種もあるようですが、水深1000m前後までならBSM-1で十分ということで、こちらを使うことになりました。

【BSM-1のケーブルの接続方法】
1.BSM-1は、ロランスHDS本体に接続している振動子ケーブルを取り外し、その振動子ケーブルをBSM-1本体の振動子用のソケットに接続し直します。
2.BSM-1本体のソケットとロランスHDS本体のソケットを専用ケーブルで繋げて、BSM-1のソケットに電源ケーブルを繋げれば接続はOK。
3.ストラクチャースキャン(LSS-1)を導入している場合は、上記1の作業のほか、上記2の専用ケーブルをBSM-1本体から、ロランスHDS本体ではなく、LSS-1に3つある黄色のソケットのどれかに接続し、また残りの黄色のソケットのどれかとロランス本体のソケットを専用ケーブルで繋げれば、接続は完了です。

【ロランスHDSでのBSM-1設定】
1.ページキーを操作して【魚探】画面をエンター押します。
2.魚探画面の状態で、メニュー2回押します。
3.ソナーをエンターまたは右矢印で選択
4.【ネットワーク上のソナー】に青○をエンターで入れ、EXITを押していったん魚探画面に戻します。
5.メニュー1回押し、【データ源】の【本器】【BSM-1】のうち【BSM-1】を選択します。
以上でロランスHDSがBSM-1を認識します。

動画(BSM-1設定)で説明するとこちらです↓
シングルで操船中のウネリで画面がぶれて見にくいですが、ご容赦下さい。


この日のBSM-1のテスト報告は次のとおりです。

【50kHzのテスト結果】
深海モードの50kHz、7-8ノット走行で、この日は水深870m付近まで底が取れました。
これ以上の深海へ行く時間がありませんでしたので、次回1000m前後で試したいと思います。
最大14ノット程度で、深海モードの50kHzでしたが、水深820m位のボトムが映りました。
標準モードの50kHzも、2-3ノットの微速ではありますが、水深500-600m付近では問題なく作動してました。
(この日は主に深海モードの動作を確認していましたので、標準モードの50kHz巡航走行をテストする時間がありませんでした。)

50kHzテスト中に撮った写真です↓
左画面上が水深(メートル)、右画面上が対地速度(ノット)です。
Bms12011724

【ボトムロスト後のボトム復帰が50kHzで改善】
水深250-300m付近でボトムロストした場合、海上でほぼ静止していれば暫くしてボトムが復帰しますが、水深350-400m付近でボトムロストした場合、水深150-200mまで戻らないと200kHzはなかなか復帰しませんでした。
50kHzがきちんと作動すれば問題ないのですが、B60振動子のスルハルでも、私のボートでは50kHzのほうは深海で全く映りません。
かえって200khzのほうが深場は映ります。
沖の複雑に起伏に富んだ水深150-500m付近の深海の根でいったんボトムロストすると、HDSは水深計にもならなくなり、ボトムを復帰させるため、わざわざ水深150-200mラインまで戻らなければならないのはとても面倒でした。
かえって旧型LCX27-C(2周波スキマー、LBS-1付)のほうが復帰が早かったくらいです。
以上は、私のボートでBSM-1なしのノーマルのHDSにB60振動子をスルーハルにした場合です。

BSM-1をつなげると50kHzが正常に作動し、50kHzが深海まで届くことがわかりましたので(B60振動子をスルハルするのが前提)、200kHzが深海でボトムロストしても50kHzに変えればすぐに水深が復帰するので、ボトムロスト後のボトム復帰がとても楽になります。
これで念願であったHDSの50kHzがやっと使えるようになりました。

BSM-1のテストの動画です↓
波とシングルハンドということで、画面がかなりブレてますが(^_^;)


【ミヤマエAC-5S】
テストの最後に、水深550m付近で仕掛けを落としてみました。
買ったばかりのミヤマエの新型AC-5Sと、ディープインパクトMUTEKIⅡの組み合わせです↓
Nec_0554
上がってきたのは、15キロ位のバラムツでした(^_^;)

15㎏のバラムツでは最大巻上力64㎏という性能は確認できません。
使ってみた感じでは、巻き上げが遅く、ドラグが滑りやすいのでは?
電源も落ちやすかったです。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月25日 (月)

午前中のアカムツ釣り(2011/7/24)

潮が動く午前中だけ近場でアカムツを狙うことにした。

水深200m付近にそれらしき反応が見当たらないので、いい反応は見当たらないが、とりあえず地形と水深を見て深めを流してみた。

しばらく粘るが不発。

筋を変えた3流し目でやっと40㎝位の中型↓が揚がった。
1

同じラインを流そうと潮回りしたが、風向きが変わって流すラインが変わってしまったが、4流し目も同じような中型↓が釣れた(^^)v
2

しばらく沈黙し、満潮直前の12時頃、35㎝位の小型↓が釣れて、釣りはおしまい。
3

午後は魚探の深海テスト。
(動画編集後、その様子をアップします)

この日のお持ち帰り↓
2011724

なお嬢に撮ってもらった写真↓
Img_4165

Lien艇に乗せてもらって、シロギスやっていたらしい。
釣果がイマイチだったようで、内緒で?アカムツ一つ進呈した。
近日中ブログアップするようで、よかったら見に行ってください。
なおちゃんのブログはこちら↓
http://slowtime-slowlife.cocolog-nifty.com/

この日の釣り動画はこちら↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月22日 (金)

AC-5Sデビューの日

新型ミヤマエの電動リールAC-5Sをあさって日曜デビューさせようと思う。

潮はこの通り↓で午前中勝負だ。
24

ジムクォーツさんにバージョンアップしていただいたHDS-10をコックピットパネルに取付け直さなければならないので、その時間を見て8時半前後にのんびり出港予定。

潮が流れる12時までしか釣りにならないだろうから、マリーナから30-40分以内の近場の深海ポイントをリサーチすることにする。

昼からは魚探自動調整器の動作確認を行なう。
今度こそ映ってほしい。
本当に深海が映るなら、ポイントを正確に選んで深海釣りができるようになるかもしれない。

おニューのミヤマエの電動リールにブラックPE8号を巻いた。
メーカーでは8号なら900m巻けるとしているが、実際1000m位巻けると思って1000m分購入したが、甘かった(^_^;)

テンションアジャスター↓を付けても、メーカーのいうとおり、PE8号は900m位しか巻けなかった(>_<)
Ac

テンションアジャスターがなければ900mどころか、800m巻くのがやっとかもしれない。
これだとせいぜい水深700-800mまでしか釣りできない。

もし魚探自動調整器が機能して、深海の根がわかるんだったら、水深1000m前後のベニアコウにもチャレンジしてみたい。
これ以上の大型リールは使いたくないが、その水深で本気でベニアコウやりたくなったら、あきらめてCX-9を買うしかない。

それとも、AC-5SにPE5号1300m巻いて、超ライトタックルでギャンブルするか?(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月21日 (木)

沖ノ瀬の冷凍キンメのお味

7月3日と6月18日に沖ノ瀬で釣れたキンメを1つずつお持ち帰りしたが、捌くと脂の乗りがイマイチだったので即冷凍。

今晩のおかずに煮付けと塩焼き↓にした。
Nec_0525

やっぱり脂の乗りはイマイチだったが、どちらも普通においしく食べられた。

トロキンメなら最高なのだが、今回は(も?)外れ。

もっとも沖ノ瀬ではなかなかトロキンメに出会えない。

真冬、沖ノ瀬で釣れたキンメは小さくても脂の乗りよかったのに・・・

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月16日 (土)

アコウダイの食べくらべ

カブトの煮付け↓はウマかった。
Photo

濃口にするのがポイント。
カブトに肉が少ないのが難点だが。

刺身は、3日目、4日目、5日目と味見し、熟成されてきたが、私には淡泊すぎてイマイチ。

私はアコウダイのような白身の淡泊な刺身より、アカムツ、クロムツ、キンメの炙りや刺身ほうが好みだ。

それに対してかみさんは、5日間パーシャルで熟成させた刺身↓を食べたら、とてもおいしいという。
Photo_2

刺身で食べるには4~5日冷蔵庫で熟成させたほうがよかった。

そのかみさんも、この湯引き↓をポン酢で食べたら、刺身よりこっちのほうがずっとウマいと。
Photo_3

これならわざわざ刺身にして食べる必要なしとのこと。
食べ比べてしまうと、刺身の評価が180度変わってしまうのも不思議だ(^_^;)
それだけ湯引きがうまいということか?!
確かに湯引きはウマイが、ウマイといってもフグの湯引きみたいなもので、刺身にするよりは湯引きにしたほうがおいしく食べられるといった程度だと個人的に思う。

脂の乗ったアカムツを食べ慣れている子供も刺身は却下、湯引きはおいしいと。

湯通ししたら、身はタラというよりもフグに近い。
鍋にしたら間違いなくウマいはず。
いい出しも取れる。
この出しならアコウダイの鍋がおいしいというのも頷ける。

湯引きした出し汁(昆布と生椎茸で出しをとった)に塩を入れて潮汁↓にしたら、こりゃウマい。
Photo_4

アコウダイの湯引きのレシピはこちらをマネさせていただいた。
http://marusui.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-6894.html

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月15日 (金)

特大フィッシュシンボルの正体は?

前回釣行の際、HDS10にトラブルが発生したため、やむを得ず旧型ロランスLCXの魚探を使った。

LBS-1(旧型深海用ブースター)を起動させ、南沖のスルメで有名な某崖~西の某崖の水深200前後を2-3時間くらいウロウロ探索。

アカムツが寄りそうな崖の中腹や急斜面から緩やかな斜面に変化する地形をジグザグにゆっくり探索すると、突然特大フィッシュシンボルがポツポツ現れた。

場所によっては複数の特大フィッシュシンボルが出ていた。

特大フィッシュシンボルは、中層のサバなどの群れの中やその周辺でよく映るのだが、深場の底付近で映るのは初めてであった。

これはもしや産卵で上がってきた噂の深海巨魚なのか、それとも大きなサメやバラムツなのだろうか。

試しに仕掛けを下してみたかったが、持っているのはやわなアカムツ仕掛けに、短く小さなサバの短冊エサだけ。

もしごっついルアーを持ち合わせていたなら、深海ジギングを試したことだろう。
体力なしオヤジなんで、電動ジギングだけど(笑)

例の深海巨魚は、ジギングでも釣れるだろうか?
ルアー釣りに関しては全くのド素人なんで、近いうちにサン○イに行って、それ用のルアーのアドバイスをもらって、予備としてタックル箱に忍ばせておこうかな。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月12日 (火)

良型アコウダイ(2011/7/11)

上げ潮が動く時間帯の3-4時間だけ釣りしようと近場に出撃した。
タイトグラフでは12時までが勝負↓
Nec_0491

魚探のセッティングキーを規定どおり操作をしなかったため、新兵器の性能を確認することができなかった。
深海の映りは、調整でき次第再テストということになった。

ということでこの日はHDS-10が全く使いものにならなくなってしまったので、旧型LCX27-Cを見て釣りすることになった。

旧型では、走りながら水深300m超の魚探には魚影が映らない(200kHz)。
水路協会のM7001の等深線だけを見てポイントを選んだ。

アカムツポイントとしては深めの筋を選び、予想が当たって1流し目から30㎝ちょっとの小型の本命(^^)v
Nec_0493

潮回りして2流し目。
いい引きで上がってきたのは、良型アコウダイ(^^)v
Nec_0494

マイボートでアコウダイを揚げたのは、初めて。
今年になって初めてマイボートでアコウダイを狙ったが、短時間ではあるものの3回ほど?狙って撃沈。
狙って釣れないのに、狙わないで釣れてしまった(笑)

潮回りして3流し目。
アカムツ4本針仕掛け(ムツ針18号)を右舷に、アカムツ2本針(ムツ針16号)仕掛けを左舷に投入。
エサはアカムツ狙いサイズに小さく切ったサバの短冊。
これしか用意してこなかったから(^_^;)

すると両舷ともアタリが出た。

右舷から巻き上げると先ほどより大きいアコウダイ!
左舷側も同じようなサイズのアコウダイ!
52

アコウダイを狙ったわけではないが、良型が2つも釣れてしまった。
しかもマリーナから20分くらいの超近場で。

その後は潮の動きが悪くなって、カラスやら、どんこやら、シロムツばかりで12時で釣り終了。

マリーナに戻って記念撮影(^_^;)
5

この日のキープ↓
Photo

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月10日 (日)

マリーナ合宿DVD

15分弱の宴会中心のブルーマリン城ケ島合宿DVD作りました↓
もちろん私の手作りDVDです(^O^)
Dvd

YouTube用の設定のまま小さく撮ってしまったのが心残りです。
フルハイビジョンで撮ればよかったです(~o~)
20枚ほどマリーナにお預けしますので、合宿参加メンバーの皆様は1枚ずつお受け取りくださいませ。

ミヤマエの深海用のリールをメンテに出しているため、3000番のリールで水深400m位までしか釣りできませんが、水深400-1000mの魚探テストはしたいと思います。
暑さに耐えられなくなったら、無理せず昼上がりすることにします(^_^;)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2011年7月 5日 (火)

深場も浅場も撃沈(2011/7/2~3)

マリーナ合宿に参加した。
15時に宿近くの岸壁に集合して宿に入り、夜は宴会。
釣りするしないは各自の自由。
メンバーの予定が二転三転したが、当船はまろすけさんと2名で参加した。

7月2日は沖ノ瀬でキンメとムツ狙うが潮が速くて釣りにならず。
浅場へ移動してエビエサでテンヤ釣り。
結局同乗者のまろすけさんはバラし。
私はサメのスレで撃沈。
キープした魚はなし。

上がる直前の14時前、boboss Jr号が帰りがけにわがMiracleFisher号を見つけて下さりご挨拶↓(^O^)
Bobossjr_2

その直後、少し沖でさかなーずさんのCoast Busters号もお見かけしたような…

合宿参加艇が続々着岸して、夜は宴会へ↓
Nomasi
Photo

7月3日は宿を朝5時に出て再び沖ノ瀬へ。
サバだらけで釣りにならず。

1度だけサバの絨毯をかいくぐってキンメひとつ↓
Photo_2

サバがあまりに多いので、城ケ島に戻って最後にアカムツ。

2流し目で本命っぽい引きで期待したがバラし。
釣りの気力がなくなって、12時沖上がりした。

動画↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »