« 特大フィッシュシンボルの正体は? | トップページ | 沖ノ瀬の冷凍キンメのお味 »

2011年7月16日 (土)

アコウダイの食べくらべ

カブトの煮付け↓はウマかった。
Photo

濃口にするのがポイント。
カブトに肉が少ないのが難点だが。

刺身は、3日目、4日目、5日目と味見し、熟成されてきたが、私には淡泊すぎてイマイチ。

私はアコウダイのような白身の淡泊な刺身より、アカムツ、クロムツ、キンメの炙りや刺身ほうが好みだ。

それに対してかみさんは、5日間パーシャルで熟成させた刺身↓を食べたら、とてもおいしいという。
Photo_2

刺身で食べるには4~5日冷蔵庫で熟成させたほうがよかった。

そのかみさんも、この湯引き↓をポン酢で食べたら、刺身よりこっちのほうがずっとウマいと。
Photo_3

これならわざわざ刺身にして食べる必要なしとのこと。
食べ比べてしまうと、刺身の評価が180度変わってしまうのも不思議だ(^_^;)
それだけ湯引きがうまいということか?!
確かに湯引きはウマイが、ウマイといってもフグの湯引きみたいなもので、刺身にするよりは湯引きにしたほうがおいしく食べられるといった程度だと個人的に思う。

脂の乗ったアカムツを食べ慣れている子供も刺身は却下、湯引きはおいしいと。

湯通ししたら、身はタラというよりもフグに近い。
鍋にしたら間違いなくウマいはず。
いい出しも取れる。
この出しならアコウダイの鍋がおいしいというのも頷ける。

湯引きした出し汁(昆布と生椎茸で出しをとった)に塩を入れて潮汁↓にしたら、こりゃウマい。
Photo_4

アコウダイの湯引きのレシピはこちらをマネさせていただいた。
http://marusui.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-6894.html

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 特大フィッシュシンボルの正体は? | トップページ | 沖ノ瀬の冷凍キンメのお味 »

つぶやき」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/40840419

この記事へのトラックバック一覧です: アコウダイの食べくらべ:

« 特大フィッシュシンボルの正体は? | トップページ | 沖ノ瀬の冷凍キンメのお味 »