« アカムツは釣れたけど…(2011/8/13) | トップページ | 久しぶりの釣り(2011/9/8) »

2011年8月22日 (月)

SB-10BL

1つの振動子をHDS10とBSM-1へ繋げるため、ジムクォーツさんからSB-10BL↓というスイッチボックスを取り寄せた。
Nec_0631

接続方法はこちら↓
ケーブルを繋げるのは簡単だ。
Nec_0630
Nec_0633

ただ、切り替えスイッチ部分のナット、ワッシャー類の付け方がイマイチよくわからないが、マリーナにお任せなので、あれこれ考えずに先ほど発送した。

これで、わざわざ配線ボックスを開けてケーブルを繋ぎ直しせずにBSM-1のONとOFFができるようになるはず。

水深350-400m位まではBSM-1をOFFにして標準モードの200kHz、それ以上の深海ではBSM-1をONにして標準モードまたは深海モードの50kHzを使い分けする。

水深200-350m付近に群れているアカムツは、BSM-1をOFF、魚解析表示のフィッシュシンボルをONにしたほうが効率的に見つけやすい。シロムツやサバの反応と混同しやすいが。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« アカムツは釣れたけど…(2011/8/13) | トップページ | 久しぶりの釣り(2011/9/8) »

マイボート&艤装」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

始めまして。
ヤンマーのEX30に乗っているOHNO-MARUと申します。
HONDEXの3KWの魚探の振動子がだいぶへたってきたので、HDSに変えようかどうか考えているところです。
ひとつ教えていただきたのですが、200khzや50khzは使っている船が多いと思いますが、他船の音波をひろって混信してしまうことはないのでしょうか?
HDSは送波方式が通常の魚探とは違うようなので混信しないような気もしますが。
HONDEXは28と75khzでつかっているのでめったに混信しませんが、前に使っていたFURUNOの200khzは他船と混信しまくりでした。

> Ohno-maruさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

私は遊漁船や他のボートの近くでほとんど釣りしませんから、他船の超音波の混信具合はよくわかりませんが、ある程度混信すると思ったほうがいいと思います。

ただ、200kHzのほうは、130KHzから周波数が上昇し、210KHZに達すると、また130KHzから上昇するパターンを毎秒、数十回繰り返しているそうですから、ひどい混信はないと思います。

Ohno-maruです。
ありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/41317380

この記事へのトラックバック一覧です: SB-10BL:

« アカムツは釣れたけど…(2011/8/13) | トップページ | 久しぶりの釣り(2011/9/8) »