« 新型YF-24見学 | トップページ | ボート掃除の日(YF-23の外観) »

2011年10月23日 (日)

深場初挑戦で良型アカムツ(2011/10/22)

朝7時半に起きて天気予報見ると、降っている雨も日中はやみそう。
27ftと29ftの中古艇を見に行こうと思っていたが、取りやめて一か八かマリーナへ行くことに。

マリーナには10時過ぎ到着。

この日長井からルアー船に乗る予定だった釣友のYONEさんから突然携帯に電話が入った。

朝の土砂降りでルアー船が休みになり、アカムツを釣らせてほしいとのこと。
私のmixiのつぶやきを見ていたようだ(笑)

かみさんには、もしボートを出せたらアマダイ釣ると約束したのにどうしよう、と内心思っていた(笑)

かみさんに電話で謝って、短時間だがアカムツを狙うことにした。

私のアカムツタックルを貸して11時前マリーナ出港。

沖で仕掛けをセット、一流し目から私にアタリ。

小ぶりだが赤黒白の3点掛けパーフェクトで幸先よし↓
Photo
しかし、すぐに潮が止まり、アタリが遠のく。

何とか深場初挑戦のYONEさんにアカムツ釣ってもらいたく、ポイント移動を繰り返す。

14時前から潮がゆっくり動きだし、ポイントを移動した直後の水深180m付近で着底と同時にYONEさんに待望のアタリ。
いい引きなので良型の本命を確信。

確信どおり良型ゲット↓
Photo_2
計測すると45センチ↓
45
釣ってもらって船頭として肩の荷が下りた(^^)v

YONEさんの取り込みを見届けたあと、ほぼ同時にあたった私も巻上げる。
35センチのレギュラーサイズ。

その後2本追加して15時半沖上がり。

この日は初めて鮭皮エサを使ってみた。
始めはホタルイカも一緒に付けていたが、あっという間に消耗。
後半は鮭皮だけで釣りした。

鮭皮のエサの場合、アタリは出るが先だけつまんで食いこまないアタリが何度もあった。
誘い方を工夫して何とか3本追釣できたが、サバの短冊(塩締め、できれば味の素も)のほうがアカムツにはいいと確信した。
サバの短冊なら放っておいても食い込むが、鮭皮は、アカムツに関して言えば先をくわえてすぐ放してしまうアタリが多かった。
これも経験だ。

この日のキープ↓
一番大きいのはYONEさんの釣果。
潮が動いていた時間は2時間半位だったので上出来。
20111022
この日の釣り動画↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 新型YF-24見学 | トップページ | ボート掃除の日(YF-23の外観) »

アカムツ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

自分もサバを〆るときは、塩で〆てますが・・・
味の素ですか! カワハギの餌で使ったことあります。 

アカムツはやまさんほど数を釣ったことはありませんが、、、なんかエサを遠くから見てる気がするときが自分の中にあります。

誘ったあとの、スティ、その後の間が大事に感じるのですが、、、エサの獲り方がヘタなのか?! はたまた味見してやーめた! なのか?! 

あれ?・・たぶんアカムツ食いにきたような気がするのに乗らないなぁ・・って思う時ありました。
な、、もんで^^。 

次回アカムツのときに自分も味の素〆試さしてください。

> 直樹さん

サバの場合、塩だけで締めても食いに大きく変わりません。
でもスルメイカの短冊でアカムツやるときは味の素をまぶしたほうが食いがいいようです。
ということは、塩サバにも多少効果あるかもしれないということで味の素を振ってます。

市販の餌の場合、真空パックの塩サバが一番餌持ちがよく、食いもいいです。
遊漁船の場合、他の釣り人との食わせ競争ですから、これに匂い効果、目の光を加えるためにホタルイカや沖アミを付けたほうがいいかもしれません。

プレジャーボートの場合、自分だけの仕掛けですから、他の釣り人との食わせ競争もなく、塩サバだけで十分です。

あと大事なのは水中ランプです。
ナワ切り類の確率を高めますが、付けたほうが明らかに食いがいいです。

アカムツは視覚(光)と匂いに反応する魚ということが経験的にわかりました。

鮭皮は餌持ちは最高ですし、視覚的にアピールがよいのですが、匂いや味の点で、サバ短やホタルイカ、沖アミに劣りますから、食い込みが悪いです。
それでも潮が動いているうちは、誘い、食わせる間、誘い、食わせる間、、、、、というようにすれば食わせることはできます。
ルアー的な誘い感覚ですから、先をつまんで離すパターンが多く、外れやすいですが、釣りとしては面白いかもしれません。
その分よく外れるので悔しいですが(笑)

鮭皮の場合、匂い、味が落ちやすいので、毎投餌を交換したほうがいいと思います。

ご参考になれば幸いです。

へ~eyeスルメの短冊ですか!!。
イカはえさとして使ったことないです。
目の光。 自分も気にしてます。
なんかいい方法ないかな? 思いむつ針の中にソフト蛍光玉をムニューっと目の代わりに見立てて押し込んでみたり。

水中ライトですか!。 やっぱその辺は大勢の釣りと一人の釣りとの違い出るかな?! 思います。
こっちだと、無くてもあっても! って感じのような樹が?! スレテるんですかね^^?

年内はアカムツはもういいかな~って自分の中で思ってましたが、またアカムツ釣りたくなってきました。
行ったら報告しますね!! 味の素!やら~

> 直樹さん

アカムツ釣りは、大したテクニック必要ないと思います。

釣るテクなら、太刀魚、カワハギ、フグとかでしょう。

私は釣りが楽しいというよりアカムツがどこにいるのか探すのが楽しいからハマっているだけですからcat

そちらはランプがあってもなくてもということですが、少なくても水深200m超ならあったほうが絶対に食いがいいはずです。

水深が浅いと水中ランプの違いはわからないかもしれませんが。
茨城は確か120-150m前後の浅場中心でしたよね?
それならわかります。

いずれにせよ、浅場の水中ランプはそれぞれの信念でよろしいのではないでしょうか。もちろん深場も。
議論するつもりは全くないですcoldsweats01

大きなアカムツですね!
夜ムツをしなのはマリーナの関係ですか?
私土曜日田子で夜ムツしようかと検討中です。
まだ1匹も釣果ありませんが・・
水中ランプは何色で点灯?点滅どちらを使われていますか?
あと黒くて長い魚はなんですか?
質問ばかりで申し訳ありません。

> よしさん

城ケ島周辺のアカムツのレギュラーサイズは35-40㎝位なので45㎝は大型というよりも良型です。
47-48㎝も意外と混じります。
逆に30㎝以下はほとんど混じりません。
この1年で数釣りをセーブしながらもアカムツ80本位釣ってますが、一番小さいので30㎝でしたから。

夜ムツしない一番の理由は、神奈川県の遊漁に関する申し合わせ事項↓に「夜間遊漁の禁止」と規定されているからです。
神奈川県では、漁業者、遊漁船業者、釣り人の団体等が話し合って「遊漁に関する申し合わせ事項」を定めたとされていますから、釣り人の中でも様々なお考えがあるのは承知しておりますが、私は守ろうと考えておりますので。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f790/p8876.html
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/14700.pdf

水中ランプですが、ムツ、クロムツ狙う場合は付けないほうが釣れると思います。
付けるとしても薄暗い赤系の点灯型です。
赤のケミホタル程度ならムツ、クロムツは釣れると思いますが、付けなくても釣れます。

アカムツは何色でも釣れますが、スミヤキ、タチモドキ、サメ等のナワ切りが多いエリアでは、私は赤系に実績があります。赤はほかの色より暗いですからナワ切りを寄せる確率を下げるような気がします。

私の経験上、点灯より点滅のほうが食いがいいですが、ナワ切の具合によります。
ナワ切多いと点灯が無難だと思います。

> よしさん

黒くて長いのはクロシビカマス、通称スミヤキです。

食べるとおいしいですが、骨が細くてしなやかで噛み砕けだけません。
喉につかえたら大変です。
我が家では、ほとんどお持ち帰りしません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/42644805

この記事へのトラックバック一覧です: 深場初挑戦で良型アカムツ(2011/10/22):

« 新型YF-24見学 | トップページ | ボート掃除の日(YF-23の外観) »