« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

浦賀から城ケ島へ回航(2012/1/28)

Miracle Fisher Ⅱ号(ヤンマーEX27Y)を城ケ島へ回航してきた。
朝ヴェラシスに寄って必要な荷物をボートに積み、自分のクルマを置きにブルーマリン城ケ島へ。

マリーナへ着くとピカピカのおニュー船台(^O^)↓
Photo
相場よりかなり安くしていただき、マリーナに感謝m(__)m

マリーナに置きっぱなしにしていた荷物を新しい定位置へ移動↓
Photo_2
バス、電車、タクシーを乗り継いでヴェラシスへ向かうつもりでいたら、マリーナマスターSさんがクルマでヴェラシスへ連れて行って下さると。超ラッキー♪

年季の入ったSさんの?(ショコタン嬢の?)赤いベンツでヴェラシスへ到着。

ヴェラシス最終日のショット↓
1_2
前オーナー様が回航にご一緒していただいた。

すぐにヴェラシスを出港し、レーダーや潮立装置をチェックしながら1時間程度で新しいホームポートへ到着。

上架したMiracle Fisher Ⅱ号↓
2_2
当面の作業&ちょい艤装として、船体クリーニング&船名シール貼り、潮で開かなくなったシャフト点検口の修理、水漏れしているウォーターポンプのオーバーホール、船底の各仕切りのビルジを流すボルトやキングストンバルブ等の各部の不具合有無のチェック、ロッドキーパー用PL座(裏面のアルミ補強含む)とナビシートの艤装、バッテリーの交換、破れているスパンカーの交換、フラッシングキットの製作等々マリーナへ依頼。

次回出港まで少々時間がかかりそうだ。

上の作業が終わったら、デジタル魚探の追加&スルーハル工事、旧マリンVHFから国際VHF(25w据置きタイプ)へ交換する予定なので、本格始動は4月以降になるかもしれない。

同じマリーナの【いるか丸】さんからの贈り物↓
Photo_3
ありがとうございますm(__)m
次回出港時に使わせていただきます(^O^)

回航の様子(動画)↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年1月22日 (日)

Miracle FisherⅡ号は回航待ち♪

個人売買で譲り受ける船(平成17年式ヤンマーEX27Y)の名義変更、船籍変更、船名変更をして来た。

日本小型船舶検査機構の東京支部↓
Dsc_0155

郵送でも名義変更できるが、直接行って申請した。

提出書類は、譲渡証明書、変更・移転登録申請書、書換申請書のほか、新旧所有者の印鑑証明書各1通、船舶検査証書(原本)、船舶検査手帳(原本)。
実印を押し、所定の手数料(合計7300円)を納めて申請すれば、すぐに名義変更等が終了。
新たな船舶検査証書、小型船舶登録事項通知書(変更登録・移転登録)がその場で交付され、船舶検査手帳も返却される↓
Dsc_0153

申請書類は、日本小型船舶検査機構のホームページからダウンロードでき、記入例も掲載されていて、変更手続きはとても簡単。

最終的な機関チェックが終われば旧所有者の先輩から連絡があり、天候を見て城ケ島へ回航するだけだ。
1月末までに回航できるかどうか、仕事がびっしりで、微妙だ(~_~;)
天候、海況もあることだし。

ちなみに船名シールはこのデーターを東急ハンズに持ち込んでカッティングシールを制作↓
Dsc_0150

Dsc_0151

自分で貼るとすぐ失敗するので、プロに任せることにした。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年1月10日 (火)

深海用ワイヤー&タコベイトライト仕掛け

ボートを売却して以来2ヶ月も釣りに行っていない。
ヤンマーEX27Yの中古艇売買契約締結と売買代金の支払いが済み、一軸シャフト船用の船台を新品で購入。
船台はすでにマリーナに搬入されているらしい。
あとは船の名義変更と引渡しを受けるだけだ。

現在船の整備とスパンカーを修理していただいている最中で、船の引渡しまでもう少し時間かかりそう。

引渡し後、諸々艤装すると、本格操業は3月以降になりそうだ。

昨日休みが取れたので、久し振りに深海用タックルを作った。

イシダイ用の黒ワイヤーハリスとダブルスリープを購入↓
Photo

水中ランプを縄切類にやられないため、水中ランプ上に1.3-1.5mの長さで付けるワイヤーリーダーをこのように自作↓
Photo_2

スリープを専用ペンチで潰して熱圧縮チューブを被せてライターで焼く。
1.8m位のロッドの場合1.5mでは少し扱いにくいので、今回は長さを1.3mにした。

ついでにこの黒ワイヤーハリスを使って、アカムツ用にタコベイト水中ライトも自作↓
1

ハリスを引き上げるとこのとおり↓
2

上下の誘い時に、タコベイトのヒラヒラがケミホタルの光と調和してアカムツに効果があると思うので、次回これを試してみたい。

大型のアカムツは、向こう合わせに頼ると口の横にかかる確率を高め、バラシが多くなるように思う。
大型のアカムツを獲るために、上顎にフッキングさせるように積極的に合わせていきたい。

中小型のアカムツはバレてもいい。
我が家で食べるには大きいのが一つあれば十分なのだから。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »