« 明日はマリーナ釣り大会 | トップページ | 追加艤装 »

2012年4月30日 (月)

魚探テスト(2012/4/28)

分度器でEX27Yのハルの角度を測ると10度位だった。
結果的にB60の12度傾斜を選んで正解。
ホンデックスの水深と比較しても、許容範囲の差であった↓


ロランスHDS10GEN2側の振動子登録の設定はこちら↓


【EX27YとB60振動子】のテスト結果は次のとおり。

端的に言えば、標準モード、深海モード、50khz、200khzともに、5ノット以下で底が取れるのは、水深350m位が限界、解像度はYF23より悪い。

YF23は、BSM-1(深海用ユニット)を付けていないノーマルの状態でも、200Khzの標準モードでありながら、水深350m前後の魚影を鮮明に映していた。
これに対してEX27Yは水深350m前後の底を取るのがやっとで、魚影どころでなかった。

むき出しのシャフト真横にスルハルしたのだから仕方ないが。

去年魚探テストしたときのYF23の動画↓


ただ、水深150m以下の浅場で使う分には大きな問題はないように思う。
水深150m位なら200khzで20ノットでも底をトレースする。

しかし、正直浅場でも、むき出しのシャフトの影響なのか、解像度はYF23より落ちる。
細かくセッティングすれば多少よくなるかもしれないが。

EX27YやUF27は、スルーハルに適する場所がキール以外に見当たらず、スルーハルするには、キールを切るか、イケスのなるべく両サイドに穴を開けるか、イケススカッパーを利用するか、がオーソドックスな選択肢。
キールに穴を開けると船体強度が心配という人には、イケスにスルーハルするか、インナーハルで我慢するしかないだろう。
ブラケットに振動子を取付けて、サイドから上げ下げするのもありだが、面倒くさがりの私には無理。
一番手軽にスルーハルできるのは、イケススカッパーだろうが、これらの選択肢の中では一番映りが悪いだろう。
それでも、インナーハルより映ると思う。

EX27Yでもイケススカッパーへのスルハルでロランスが映ることがわかったのは収穫だが、深海釣りには厳しい映り。
キールに埋め込んだホンデックスの振動子を取っ払って、B260をスルーハルしたいという思いが増々強くなった。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 明日はマリーナ釣り大会 | トップページ | 追加艤装 »

マイボート&艤装」カテゴリの記事

ロランスHDS-10の基本操作」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/45083721

この記事へのトラックバック一覧です: 魚探テスト(2012/4/28):

« 明日はマリーナ釣り大会 | トップページ | 追加艤装 »