« タービン排気エルボ破損(2012/5/5) | トップページ | 仕事三昧で釣りに行けない日々(T_T) »

2012年5月14日 (月)

エンジン整備記録(2012/5/13)

先週トラブルがあったエンジンの状況を確認しにマリーナへ行ってきた。

致命的な損傷はなさそうで、1か月程度でボートが復活できそうだ\(^o^)/

脱落したミキシングエルボ(排気エルボ)は取り外されていた↓
パーツが届き次第装着。
1

2

エンジンマウントが錆付き腐食しているので、念のため交換依頼↓
Photo

アワーメーターは1810時間なのでまだ使えるかもしれないが、安心のためⅤベルト(メーカー推奨点検交換時期は500時間)とタイミングベルト(メーカー推奨点検交換時期は1250時間)も交換依頼。

タイミングベルト交換はちょいと大がかりだが、これを交換しておけばしばらく安心できるから、思い切って交換することにした。
前オーナー様がタイミングベルトの交換は当分必要ないとおっしゃっていたような気がするが。

タービン清掃、クラッチオイルの交換とフィルター洗浄、清水冷却水の交換、燃料フィルターの交換をマリーナへ依頼。

エンジンオイルとフィルターは引渡しの直前に交換していただいたと思うので、汚れの具合次第で交換(今回交換しなくても8月-9月には交換するつもり)。

エンジン本体とプロペラシャフトの各防食亜鉛を交換依頼。

目視等で、ホース類を止めているバンドの緩みや腐食、ホース類やゴム類をチェックし、不安があれば整備または交換を依頼。

ちなみに、1月の回航時に水漏れでビルジが溜まっていたのが気になり、すでにウォーターポンプのオーバーホールとインペラ交換はこのとおり完了↓
Oh1

Oh2

5月7日に軽油の免税券を1500L分発行↓してもらったのに、いきなりエンジントラブルで出鼻をくじかれたが、早いうちにトラブルが発生して返ってよかったと思っている。
Photo_2

レーダーのスイングアームもついた↓
そのうちもっと高性能なレーダーに取り替えたいな。
Photo_3

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« タービン排気エルボ破損(2012/5/5) | トップページ | 仕事三昧で釣りに行けない日々(T_T) »

マイボートの整備&艤装記録」カテゴリの記事

ヤンマーEX27Y」カテゴリの記事

コメント

やまさん、ご無沙汰してます。久しぶりに覗いてみたらエンジントラブルでしたか。私は昔、同じ船で二度ブローしました。いずれも片肺で帰港しましたが、本当に頭が真っ白になりますよね。心強い仲間と一緒で良かったですね。今度は遠征でシマアジを釣ったブログを見せてくださいね。

マイティーさん、ご無沙汰しております。

海上では何あるかわかりませんからね。

エンジントラブルばかりでなく、漂流物等にプロペラやシャフトや船体をやられたり、他の船に追突されたり、舵が効かなくなったり…

整備はもちろんですが、いざとなった時の備え(アンカーロープの長さ、シーアンカーの常備、無線、レーダー、工具、応急処置用品、法定備品、等々)も大事だと思います。

私は、小笠原から南硫黄島までを自分で管理ていた船で、航海しました。夜走り等24時間勤務を2週間通しで行ってきましたが、想定外のトラブルはトイレの逆流による汚水のビルジへの流入だけでした。
happy02
海上のトラブルは、余裕を持って対処できる様にすることがパニックを抑制する基本です。
やまさんのマイティーさんへの返信は大変正しいと思えます。
心得としては『機械は壊れて当然。船は浮いていればどうにかなる』と言う心得を大切に未知なる大海原へ挑戦し続けてください。。smile

imさん、はじめまして。
海のプロの方からのお言葉、感謝いたします。

『浮いていればどうにかなる』と思うだけで気持ちに余裕が持つことができます。

ありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/45251954

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン整備記録(2012/5/13):

« タービン排気エルボ破損(2012/5/5) | トップページ | 仕事三昧で釣りに行けない日々(T_T) »