« 仕事三昧で釣りに行けない日々(T_T) | トップページ | エンジン整備記録(写真編) »

2012年6月 9日 (土)

エンジン整備記録と試運転(2012/6/7)

エンジンの修理と整備がひと通り終わったと連絡が入ったので、試運転に行ってきた。

海上係留による貝の跡が目立っていたプロペラと舵板をピカピカに磨いてもらった↓
これですっきり(^O^)
120607_1

新しいミキシングエルボ(排気エルボ)をセット↓
120607_2

腐食で脱落した旧ミキシングエルボ(排気エルボ)↓
120607_6

錆びついていたエンジンマウントも交換↓
(結果的に交換するほど傷んでいなかったが)
120607_3

120607_10

限界まですり減ったエンジン本体のジンク(防食亜鉛)↓
120607_8

ぎりぎりセーフ(^_^;)
このまま海上係留していたら危なかった。
もちろんすべて交換。

交換したタイミングベルトとオルタネーターのⅤベルト↓
120607_9

ヤンマー6LPエンジンのタイミングベルトは1250時間(5年)、Ⅴベルトは500時間(2年)が交換(または点検)の目安。
現在のアワーメーターは1811時間。
結果的にいずれのベルトもまだ大丈夫そうだったが、安心を買うため交換した。

その他交換品↓
120607_11

電源スイッチを入れても中々作動しなかった潮立装置。
今年に入ってヒューズ交換等修理を3回もしたのに完全に直らなかった。

4回目の正直で潮立装置のリレーを交換↓
120607_7

不調の大もとの原因はこのリレーであった。
交換して電源入れたらすぐに潮立装置が作動\(^o^)/
やっとまともに流し釣りができるようになる。

マリーナスタッフを乗せて沖でエンジンを3400-3500回転まで回しながら過給機ブロアを洗浄した。

これで不安があったエンジンの整備と点検がほぼ終了。
試運転の結果はばっちり。
エンジン音が随分静かになった(^^)v

残りは国際VHF25W無線の開局(申請中)とB260振動子のスルーハル工事待ち。

帰りに新装開店したフレンドマリンサービス(FMS)さんに寄った↓
120607_13

緊急用のアンカー、アンカーチェーン、アンカーロープの他、黒球、ボート用洗剤を購入。
たしか日曜休みだったはずだが、新店舗に移ってから年中無休になったそうだ。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 仕事三昧で釣りに行けない日々(T_T) | トップページ | エンジン整備記録(写真編) »

マイボートの整備&艤装記録」カテゴリの記事

ヤンマーEX27Y」カテゴリの記事

コメント

すごいきれいになりましたね。やはり、海上係留はボートが痛むんですね。お金はかかったでしょうが、これで安心して釣りが出来ますね。なんかホッとしました。

Natさん、はい綺麗になりました。
やり切れてない船底の貝の跡も時間見て落としてくれるそうです。

まだ請求来てませんが、おいくらなんでしょうかね~(^_^;)

これからスルーハル艤装とか色々ありますが、エンジンの不安はほとんどなくなりました。

海上係留はボート痛むのは仕方ないですね。
レスキューの90%近くが海上係留艇だそうですから。

今のボートは6年半海上係留していた割には状態がいい船だとメカニックさんはおっしゃってました。

今回しっかり整備したので、遠征にばんばん行きたいです!
でも休みが取れるかな…(~_~;)

エンジンのジンクがあるところは海水が回ってる所なので陸上保管でも減りますよ。
オイル交換のたびに4本交換してます。

AKIさん、オイル交換のたびということは1年に1回エンジンジンク交換されていらっしゃるのですね。

私もそうします。

ありがとうございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/45585299

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン整備記録と試運転(2012/6/7):

« 仕事三昧で釣りに行けない日々(T_T) | トップページ | エンジン整備記録(写真編) »