« 深海地形探検が楽しみだ(^o^) | トップページ | テナガダラ料理 »

2012年6月25日 (月)

HDS10GEN2とB260の映り(2012/6/24)

B260のスルハル工事が終わったので、早速その映りを確認しに出撃した。

魚探テストなので気軽にシングルハンドで出るつもりが、飛び入りで同じロランス派のkensurfさんがご一緒することになった↓
Kensurf1

結果は、

指向角6度の200kHzの映りは、12-13ノットで水深500m強ボトムが取れた。

5ノット前後の探索速度なら、水深400m位のボトムの魚影は映るだろう。

指向角19度の50kHzのほうは、7-8ノット走行で水深1100m以上のボトムが取れた↓
B2601100m

城ケ島南~沖の山間の一番深い海底谷の最深部を、この速度で1度もボトムロストすることなくボトムを映し続けていた。

どこまで水深が取れるか興味があったが、これ以上深い場所に行くのも時間かかるので、ここで魚探テストを打ち切った。

水深1200m以上のボトムを映す可能性十分との感触。

深海釣りには十分すぎる性能だった。

ボトムロスト後のボトム復帰に要する時間は、旧HDSモデルより随分改善されていた。

2012年GEN2モデルから64ビットになり、処理速度がアップしたことが影響しているのだろう。

しかし、それでも走行中水深450-500m付近でボトムロストすると、その付近の水深でボトム復帰するまでに結構時間がかかる。

この場合思い切って水深300m付近まで戻れば、そんなにストレスなく200kHzが復帰する。

もっとも水深400-500m付近で、200kHzがボトムロストした場合、すぐに50kHzの【深海モード】に切り替えればその場ですんなりボトムが復帰した。
50khzでも【標準モード】だとボトムが復帰しないので要注意。

ということは、水深400-500m付近でボトムロストした場合、200kHzを使おうとせず、50kHzの【深海モード】に切り替えればストレスはない。

B260は50kHzでも指向角が19度なのだから、従来のアナログ魚探の指向角に比べれば贅沢は言えない。

この日はイワシの群れが何処に行っても異常に多く、深海なのに水深が20-30m表示(^_^;)

この場合水深をカスタム設定して、表層~中層の水深を除外すれば、水深のm表示はエラーのままであっても、魚探画面のボトムはしっかり表示されていた。

この日の深海探索時の釣果の一部(笑)↓

深海の定番怪獣、テナガダラ(笑)↓
Photo

深海の定番掃除屋、深海アナゴ(^_^;)↓
Kensurf2

沖で出会ったお仲間。

亀城沖でお会いしたオフショアハンター号↓
Photo_2

sniff papaさんと真南風丸さんがご一緒でした。
写真は真南風丸さんがキンメを上げている様子。

宮田沖でお会いしたOさんことKさん↓
K

深海大物マスターでも苦戦していらっしゃるとのこと。

Kさんに撮っていただいたミラクルフィッシャーⅡ号↓
Mf

取り外されたホンデックス40/75kHz3kw振動子↓
3kw_3

取り外しの際、ケーブルを切ってしまったので廃棄するつもりだったが、ヴェラシスのH艇オーナーさんへ進呈することになった。

振動子入れ替えで新たにエンジンルームへスルーハルしたB260↓
B260

B260の200kHzの映り↓(ブレてますが悪しからず^^;)


B260の50kHzの映り↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 深海地形探検が楽しみだ(^o^) | トップページ | テナガダラ料理 »

海底地形図」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

謎の生き物」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
Lowranceのセッティングについて調べていて見つけました。
よろしくお願いいたします!

自作湖沼図についてなのですが、やまさんのYouTubeを拝見しましていろいろ試していました。
私は海岸線ではなく湖沼図のコンバートをしたいのですがうまく読み込んでくれません・・・

湖沼MAPシェイプファイルをlcmに変換してSDカードを挿し本体から見えるところまではできたのですが、本体内のGPS地図に反映されません。

ちなみに機種はLCX-15MT Ver3.6.0の並行輸入品を知人から譲り受けました。
やはり並行物にはうまくコンバートできないのでしょうか?

もしくは次に何か策があるのでしょうか?
もしよろしければアドバイスいただければ・・・

kazkazさん、はじめまして。

湖沼図のコンバート方法についてですが、正直わかりません。

申しわけありません。

本体内のGPS地図にlcmを反映される方法も知りません。

lcmのSDカードだけを本体に入れただけなら、私も本体のGPS地図は見えなくなります。

私は、4年前に購入したノーティックパスのSDカードと、lcmのカードを2枚同時に見ています。

当時のノーティックパスの地図が薄く透けてlcmの等深線と合成されてように見えてはいますが。

お役にたてなくてゴメンナサイ。

お忙しいところありがとうございます。
いろいろ試してみます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/45871646

この記事へのトラックバック一覧です: HDS10GEN2とB260の映り(2012/6/24):

« 深海地形探検が楽しみだ(^o^) | トップページ | テナガダラ料理 »