« テナガダラ料理 | トップページ | 中大型アコウダイ爆釣(2012/7/1) »

2012年6月30日 (土)

イケス、プロペラ点検口の注意点

当然のことだが、イケス、プロペラ点検口に関する注意点を記す。

1.滑走するとき、または海況が悪いときは、イケスの中を排水して走行するのが一番よい。
イケスのINスカッパーを開けたまま、排水が不十分な状態で滑走すると(たとえば2つあるOUTスカッパーのうち1つを閉めている場合、魚やビニールゴミ等でOUTスカッパーがつまっている場合等)、イケス内の想定水位が上昇して、最悪浸水する恐れがある。
または、水が抜け落ちて、イケス内の魚が弱ったり、死んでしまう。
イケスを使う場合(スカッパーを開けっ放しにする場合)、できるだけ低速走行とすること。
※EX27Y、UF27は、イケスが大容量なので、要注意。おそらく満水時200㎏以上の重さが加わるはず。
※イケススカッパーに水量調整パイプを取り付けることで出入りする水量を調整することはできるが。

2.最高速度を上げ、または燃費をよくしたいなら、イケスの中を空にすること。
イケスに水がない場合、最高速度が10%前後上がる(EX27Y、UF27)。
燃費も良くなる。

3.海上でプロペラ点検口(シャフト船)をやむを得ず開ける場合、イケス内の海水を必ずバケツ等で排出してから点検ハッチを開けること。
イケス内が満水でも何とかバランスを保っていた船体が、プロペラ点検口を開けた途端に流入してきた海水の重みが加わって船体が徐々に沈み込む。
するとプロペラ点検口室の仕切りを超えて海水が流入し、エンジンルームへ繋がる配管等を通してエンジンルームへ海水が流入する。
気づかなければエンジンルームが水浸し、シングルハンドのときは手遅れになって沈没する危険がある。

4.ビルジポンプのほか、デッキウォッシュポンプを改造してビルジ排出用に使えるようにしたり、いざという時のために電動リールコンセントや電動リール用バッテリー等で動く排水ポンプを常備すること。

5.イケスの中が空でも、絶対にプロペラ点検口ハッチを開けっ放しで走行してはならない。間違いなく浸水するの要注意。
点検口ハッチを開けたら確実に、しっかりとハッチのボルトを閉め、入ってきた海水はバケツや排水ポンプ等で排出させてから走行するようにする。

6.PEラインがプロペラ付近のシャフトに絡んだ程度では、一々プロペラ点検口ハッチを開けないほうがいい(安全を取ってPEラインを切ってしまった方がいい・・・深海釣りではラインロストが痛いが^^;)。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« テナガダラ料理 | トップページ | 中大型アコウダイ爆釣(2012/7/1) »

つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/46023946

この記事へのトラックバック一覧です: イケス、プロペラ点検口の注意点:

« テナガダラ料理 | トップページ | 中大型アコウダイ爆釣(2012/7/1) »