« イケス、プロペラ点検口の注意点 | トップページ | 次に探検するエリアは? »

2012年7月 2日 (月)

中大型アコウダイ爆釣(2012/7/1)

前オーナー様の都合が付かず、結局シングルハンドで出撃。
海底地形図でチェックしていた目的の海域まで40分前後。
目的海域に差し掛かって海底等深線と魚探に映るボトムの様子、潮の流れる方向を見て、流すポイントと流す筋を練る。
1時間ほど流すポイントに迷いウロウロ。
ようやくポイントを決めた。

水深500-520m付近の険しくない根を発見。
底の反応はないが、海底地形はこんな感じ↓
海底拡大しないと根かどうかわからない場所だ。
Shot_2_2

ポイント選定がどんピシャリ、1流し目からなんと本命が6本来てしまった↓
巻上げ中に魚の抵抗でAC-5Sの電源が落ちてしまった(^_^;)
様子見で10本針仕掛けを投入したが、多点掛けを狙って粘ったので、底の方で2-3本外れてしまった可能性がある。
Dsc_0860

Dsc_0862

2流し目、針数を5本に減らしたが、またしても大型含め4本付いていた↓
またしてもAC-5Sの電源が落ちてしまった(^_^;)
Dsc_0864

Dsc_0866

3流し目も一果↓
今度は電源落ちなかった。
Dsc_0875

たった3流しで12本。
当然43Lのクーラーには入りきらない(汗

たった3流しで釣り終了はとても残念だが、仕方ない。
もし10回流せば、余裕で30本以上獲れただろうが、漁師じゃないんだから(汗
アコウダイがキャッチ&リリースできる魚であればいいんだけど…

帰りに反応が出ているポイントをチェック↓
Shot_5

次回この場所に仕掛けを落としてみよう。
正体は、アコウダイ?アブラボウズ?大ムツ?イシナギ?興味深々。
バラムツや深海ザメとかだったりして(笑)

マリーナの皆様に釣果のおすそ分けを申し出るとあっという間になくなった(笑)

マリーナで記念写真↓(マリーナの写真を拝借)
1

2

身内にも配り、我が家の分は大きいの2つ。
アコウダイの鍋、湯引きは最高。
楽しみだ(^O^)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« イケス、プロペラ点検口の注意点 | トップページ | 次に探検するエリアは? »

アコウダイ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

いやはや、凄いですね~。
新しい魚探も凄そうだし。
あと結構前のことかもしれませんが、竿とリールも新しくされたんですね。いいなぁ。

じゅんじさん、ちょいと釣りすぎです。

折角釣りしに来たので1流しで終わるわけ行かず、3流ししてしまいました。

でも釣果は配りましたから、無駄ではなかったです。

【魚探】だけではここまでの深海を鮮明に映らないですよ。
【魚探+振動子の性能+泡噛み少ない場所へスルハル】の威力です。

竿とリールは1年前のものですが、ミヤX4ばかり使ってましたが、アコウ狙いなら超大型魚がくるかもしれないのでAC-5Sのほうがいいです。

ベニ狙いは、新しいコマンドX・9NPで狙います。
浅草釣具のバーゲン行かないと!(笑)

深場に赤いやつが最近いないなと思ったら、沢山上がりましたね!ぷかぷか赤いデカイのが浮かんで来たら感動でしょうね!ロランスを使いこなして、3D地形図で研究しないとやっぱりだめでしょうかね?

moonfishさん、初めての提灯行列でした。

今までアコウダイはアカムツの外道で釣れましたが、今まで狙っても釣れませんでした。
狙っても2-3流しでしたけど。

船も魚探も新しくしたので、今まで攻めたことのない沖のエリアをいくつかチェックして、360度漁船や遊漁船やボートが見えないことを確認してポイントを練りました。

場荒れしていない根らしく、3-4キロ主体に1-2キロの小さいアコウはあまり混じりませんでした。
たぶんプロも知らない、結構狭いポイントです。

この場所に、中大型のアコウダイがかなりの数いるのがわかりましたので、基本的に余程アコウを食べたくなった時以外は釣るのやめようと思います(胸の奥に封印します)。
流しても1回だけにします。
釣れなくても新しいマル秘ポイントを開拓するほうが楽しいですから。

もちろんロランスをそれなりに使いこなす必要がありますが、その気があればそんなに難しくはありません。
ただし、高価な振動子を泡噛まない場所にスルハルし、3Dにはしなくても、等深線をご自分で作ってGPSにインプットできるようになったほうが戦略的な釣りができます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/46122434

この記事へのトラックバック一覧です: 中大型アコウダイ爆釣(2012/7/1):

« イケス、プロペラ点検口の注意点 | トップページ | 次に探検するエリアは? »