« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月24日 (火)

GS450hバージョンLの満足度

納車後300㎞程度走った感想を記す。
Ex27ygs450h

エコモードは、街中で走るのに適している。
出だしは少し鈍いが、踏み込めば十分パワーがある。

標準モードは、「標準」モードとはいえ、街中ではやや持て余し気味のパワーがあり、高速道路で走るのに適している。
アクセルのレスポンスに不満はなく、高速道路での加速でも結構余裕がある。

スポーツモードを選べば、刺激的な加速、ハンドリングを味わえる。

GS450hを中速から高速へ踏み込んだときの加速は、まるでターボのようだ。
ハイブリッド車特有の異次元の加速を体感できて楽しい。

普段静かなエンジンも、アクセルを踏むと音でドライバーを楽しませてくれる。

新型GS450h発売前に富士スピードウェイで特別試乗したGS450hFスポーツと比べると、ラグジュアリ仕様のバージョンLは乗り心地がよく、段差のショックもうまく抑えている。

バージョンLでも足回りは満足いくレベルで、ちょっといいペースで高速コーナーへ侵入してもリアがバタつかず、安心してコーナーを曲がることができる。

国産SUVやワンボックスカーのように、ハンドルを切ると左右に揺れたり、段差で乗り心地がふあふあすることはなく、四輪がしっかり地についている感覚がある。

Fスポーツ、バージョンLともにエンジン特性は一緒で、加速感は同じらしい。
並みのスポーツカーなら置き去りにできるほどの実力。

FスポーツとバージョンLとの走りの装備に関する主な違いは、Fスポーツはサスが固めでLDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)がついていること、19インチタイヤであること、ブレーキパッドが少し厚い位で、その分バージョンLには上質なセミアニリン本革シート(18Wayパワーシート)、前後席ヒーター(Fスポーツのヒーターは前席のみ)、後席アームレストにオーディオ操作や電動サンシェード等の操作が可能なコントロールパネル等の快適装備が付いている。

走りが好きな方はLDHがついているFスポーツを選べばいいが、車好き、走り好きな方でも、バージョンLは満足できるレベルだと思う。

Fスポーツに比べてバージョンLの良さは、乗り心地と内装が良く、快適装備が付いていることだ。
前席の18Wayパワーシート、前席の電動オットマン、本革シートの出来がいい。
クライアント、家族を乗せる機会が多い方は、バージョンLのほうをお勧めする。

ボディーカラーはブラックオパールに対して、シートは思い切ってサドルタン(茶色)、木目はバンブー(竹)を選んだが、これが正解。
内装の印象がより良くなった。

ゼロクラウン3500cc、最終型セルシオ、旧型GS450h、旧型GS350と乗り比べると、走る、曲がる、止まる、乗り心地、加速、内装、快適性、燃費の総合点で、新型GS450hのほうが優れていると感じた。

納車までの代車だったIS-F(423馬力)と比べても、サーキット走行は別として、一般道、高速道、ワインディングを乗り心地を犠牲にせずにいいペースで走るためであれば、GS450hのバージョンLのほうが断然満足度が高い。

発売前に予約注文したため、バージョンLに試乗せずに購入してしまったが、結果的によかった。

約300㎞走って燃費はこのとおり↓リッター10.3㎞。
Dsc_0942



街中4割、高速6割。
慣らし運転を心がけるべきなのに、走りが楽しくて、アクセルをつい踏んでしまったが、街中ではなるべくエコ運転しての燃費。

急発進、急加速を禁止して、街中ではなるべくEVモードで走り、高速では80-100㎞程度の定速で走るように徹底すれば、リッター12-13㎞程度の燃費を出せると思う。

パワーがあるのにエコ運転に徹しろと言われてもムリだけど(笑)
走りを程々に楽しんで10㎞/L以上走れれば合格点付けられる。
IS-Fで同じような走り方をすれば5-6㎞/L程度なのだから(^_^;)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年7月23日 (月)

深海ポイント調査で1つ(2012/7/21)

予報が悪くてマリーナ遠征合宿が中止になった。

睡眠不足が続いているので無理せず、シングルハンドで8時出港。

数釣りが目的ではないので、前回爆釣したポイントを避け、いくつかの深海ポイント調査へ。

40-50分ほどで事前にチェックしていたエリアへ到着。

海は少々うねっていて、船酔い状態(*_*)

何とか我慢しながらスパンカーを広げ、仕掛けをセットする。

1流し目は狙ったポイントに仕掛けが入らず、本来仕掛けを上げて流しかえるのだが、船酔いで引き上げる余裕がなくそのまま着底。

しばらく流すと当たった。

引き上げると、1.5m程の深海ザメ(ヘラツノザメ?)やらテナガダラやらカラスザメやら↓(>_<)
Photo

底潮の流れが悪いようだ。

2流し目。

今度も狙った筋を外してしまったが、何とか小型のアコウダイ。

新品のコマンドX・9NPでの初アコウダイ↓
X9np

だが、このあとはいよいよ潮が全然流れなくなり、外道すらかからない状態が続く。

チェックポイントを変えても状況は変わらず。

粘ったものの、14時沖上がり。

深海釣りは底潮が動いてないと厳しい(←潮のせいする…笑)

本日のキープ(1キロ半位の小型)↓
我が家ではアコウダイのお持ち帰り禁止令が出ているので、マリーナ置き場のお隣さんへ進呈した(^_^;)
Photo_2

200kHzの【深海モード】の映り↓


マリーナ出港直後からボトムエラーになるまでの様子を撮った。
8ノット位で水深563mでボトムエラー。
ボトムを復帰させるには、【深海モード】のまま50kHzに設定変更するのがミソ。
20秒前後でボトムが復帰する。
【標準モード】で50kHzに変更しても、ボトムが復帰しないので要注意。

なお、動画のスクロールスピードは【標準】に設定。
スクロールスピードを上げると、海底地形の起伏はわかりやすくなるが、フィッシュシンボルや反応が映らなくなる。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年7月20日 (金)

レクサスGS450h納車

3月初めに注文して4か月半、今日やっと納車された。

仕事に使うクルマなのでセダン↓にした。
120720_3

実物を見ると、色をブラックオパールにしたためか、落ち着いた印象のクルマで、まあまあ気に入った。

クライアントや家族を乗せる上でクルマに乗り心地と快適性を求めたため、バージョンLに諸々オプションを付けた。

納車式後、外食がてら1時間位乗ったが、最終型セルシオより、静粛性、乗り心地、質感、前席シートの快適さはこっちのほうが上。

前席は微妙なシート調整ができて素晴らしい。

後席はセルシオより狭いが、大人が2人座ってもさほど不満はない。

本革の質感、座り心地は、輸入車よりGS450hのほうが全然いい。

スポーツモードにしたら十分すぎる加速。

加速、ハンドリング、足回り、ブレーキ性能、装備においても、セルシオよりGS450hのほうが上。

システム値が348馬力だから、最終型セルシオの280馬力より加速がいいのは当然。

それでもエコ運転に徹すれば、燃費は12-14㎞/L程度行きそうだ。

エコモードにするとかなりスロットルは絞られるが、街中では普通に走れてエコ。

この10年でクルマは随分と進化したことを実感できる。

これからこの車と5年は付き合うつもりだ。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年7月15日 (日)

ミヤマエCOMMANDのX・9NP購入

注文したミヤマエのコマンドX・9NP↓が届いたと浅草釣具から連絡が入ったので、早速引き取りに行ってきた。
Dsc_0917

下田漁具のブラックPE12号1400m(強度60㎏)も注文し、巻いてもらった。

これで心置きなくベニアコウ探索ができる。

もう1本エイテックのディープインパクトⅡかディープオデッセイRを購入するかどうか迷ったが、思い留まった。

深海で自分一人だけで釣りする場合、仕掛けを下ろす竿は1本出しが基本なので、予備で購入してもきっと使わないだろうから。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年7月12日 (木)

B260振動子スルハル艤装記録

マリーナからB260振動子のスルハル艤装写真が届いたので、記録のため掲載する。

20120712164752219_0001

20120712164752219_0002

20120712164752219_0003

20120712164752219_0004

B260スルハル艤装前の旧ホンデックス3kwのスルハル振動子↓
Hondex3k1

Hondex3k2

そしてB260スルハル艤装後の完成写真↓
B2601

B2602


振動子のスルハル艤装にはこのとおり手がかかるが、映りはバッチリだった。

深海の小さな根を発見し、そこで中大型のアコウダイの入れ食いを堪能できたのだから。

この新兵器で、内緒のマイ深海爆釣ポイントをどんどん開拓したい。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年7月 6日 (金)

次に探検するエリアは?

深海が見えるようになったから、東京湾海底谷の崖で反応を確認したくなってきた。

庭先の久里浜沖~下浦沖~城ヶ島東沖にかけての三浦側の崖だ。

200khzの6度ビームで水深500m以上ボトムが取れるから、崖につく魚影も映るかもしれない。

探索目的は、近場の大ムツとアカムツ調査。

もし崖の魚影反応が確認できるとしたら、それは大ムツかもしれない(願望)。

アカムツはボトムからかけ上がる壁際、崖上の斜面、根際の狭い場所が群れやすい。

ムツとはポイントがあまり重ならない。

でも、東京湾側は大型船の往来と流木とかの浮遊物多いから躊躇してしまう。

今週末の出撃は、仕事が入ってしまい厳しそうだ(>_<)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年7月 2日 (月)

中大型アコウダイ爆釣(2012/7/1)

前オーナー様の都合が付かず、結局シングルハンドで出撃。
海底地形図でチェックしていた目的の海域まで40分前後。
目的海域に差し掛かって海底等深線と魚探に映るボトムの様子、潮の流れる方向を見て、流すポイントと流す筋を練る。
1時間ほど流すポイントに迷いウロウロ。
ようやくポイントを決めた。

水深500-520m付近の険しくない根を発見。
底の反応はないが、海底地形はこんな感じ↓
海底拡大しないと根かどうかわからない場所だ。
Shot_2_2

ポイント選定がどんピシャリ、1流し目からなんと本命が6本来てしまった↓
巻上げ中に魚の抵抗でAC-5Sの電源が落ちてしまった(^_^;)
様子見で10本針仕掛けを投入したが、多点掛けを狙って粘ったので、底の方で2-3本外れてしまった可能性がある。
Dsc_0860

Dsc_0862

2流し目、針数を5本に減らしたが、またしても大型含め4本付いていた↓
またしてもAC-5Sの電源が落ちてしまった(^_^;)
Dsc_0864

Dsc_0866

3流し目も一果↓
今度は電源落ちなかった。
Dsc_0875

たった3流しで12本。
当然43Lのクーラーには入りきらない(汗

たった3流しで釣り終了はとても残念だが、仕方ない。
もし10回流せば、余裕で30本以上獲れただろうが、漁師じゃないんだから(汗
アコウダイがキャッチ&リリースできる魚であればいいんだけど…

帰りに反応が出ているポイントをチェック↓
Shot_5

次回この場所に仕掛けを落としてみよう。
正体は、アコウダイ?アブラボウズ?大ムツ?イシナギ?興味深々。
バラムツや深海ザメとかだったりして(笑)

マリーナの皆様に釣果のおすそ分けを申し出るとあっという間になくなった(笑)

マリーナで記念写真↓(マリーナの写真を拝借)
1

2

身内にも配り、我が家の分は大きいの2つ。
アコウダイの鍋、湯引きは最高。
楽しみだ(^O^)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »