« 今晩のおかず | トップページ | マリーナ五目釣り大会(2012/10/20) »

2012年10月18日 (木)

ナワ切り対策

深海釣りのナワ切りとして、スミヤキ、タチモドキ、サメ等々がいる。

ナワ切りに仕掛けをやられると、万を超える深海仕掛けセットが、たった1流しで海の藻屑になってしまう。

そこで、深海釣りにはランプ周辺を保護するため、チェーンは欠かせない。
特にタチモドキが多い海域では、色付のPEラインは中層のタチモドキのアタックにより頻繁に高切れを起こし、まったく釣りにならない。
また電動のPEラインは1m刻みの色つきのものでなく、ブラックにしたほうが無難だ。

私がアカムツを狙う近場では、タチモドキはいないが、スミヤキ、サメは多い。
近場をやる限りにおいては、必ずしもリールのPEラインをブラックにする必要はないが、スミヤキとサメ対策はしなければならない。

水深200m以深でアカムツを狙う場合、水中ランプをつけるかどうかで、釣果に歴然とした差が出る。
また、まめな上下の誘いも釣果を左右するが、誘うたびにランプ周辺はスミヤキやサメの攻撃を受けやすい。
水中ランプと誘いは仕掛けをロストする確率を高めるのだ。

そこでアカムツを狙う場合、石鯛用の黒ワイヤーハリス36番以上のものを1.2-1.5mにカットして、PEラインとヨリトリ&水中ランプ以下の仕掛けの間に繋げている↓
これで仕掛けロストが9割以上減った。
Photo

Photo_2

最近は、ライトアコウ仕掛けに【ミヤ・ライトハンガー】↓をよく使っているが、強度は100㎏あるものの、チェーンの長さが30㎝と私的には短すぎる。
Photo_4

チェーンの長さは1.2m位ほしいので、昨日ホームセンターでチェーンと水中ランプを取り付けられるキーリングを買った。
キーリングは、【ミヤ・ライトハンガー】と同じと思われるものが4つ入りで190円だった。
ヨリトリリング、水中ランプ、サルカンを繋げた写真はこちら↓
Photo_5

結構いい感じだ。
【ミヤ・ライトハンガー】は、1つ通販価格で2,000円前後。

このように自作すれば1つ当たり600円程度と安上がり。
強度は40㎏と少し心配だけど、針数5-7本以内のライトアコウや、針数2-5本のアカムツをやる分には十分だろう。
ベニアコウ用にはもっと強度がないと心配だけど。

ちなみに最近のマイアカムツ仕掛けはこちら↓
Photo_6

ケミホタルのタコベイトが上下の誘いに効果を発揮している。
これは鬼カサゴ釣りにも効果を発揮すると思う。
作り方はこちら↓
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-3f9b.html

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 今晩のおかず | トップページ | マリーナ五目釣り大会(2012/10/20) »

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/47495325

この記事へのトラックバック一覧です: ナワ切り対策:

« 今晩のおかず | トップページ | マリーナ五目釣り大会(2012/10/20) »