« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

マイ深海等深線データ

1週間苦しんだウィルス性胃腸炎から完全に復活した。

今後は、釣果がなくても、アコウダイ、ベニアコウ、アブラボウズが付きそうな水深400-1000mの深海の岩礁探しを目的に出撃する。

ロランスHDS-GEN2モデルに対応する高性能振動子(B260BB)をスルーハルしても、微速で流しているときは別として、走行中魚探画面からすぐに深海の根と特定するのはかなり厳しい。

もっとも水深200-300m以下の浅場なら走行中でも比較的簡単に根を見つけることができるが、それ以上の深海は、深ければ深いほど距離があるから簡単には根を特定できない。

では、この深海の根や深海の面白い地形をおおよそでも特定するためにはどうするか?

私の場合、

①凪の日に、事前に海底地形等深線図で絞ったエリアを、5ノット前後の微速(一定の速度)で走りながら、ボトムの水深の変動を見て目星をつける(50khz深海モード)。

※日本水路協会の海底地形デジタルデータ(M7001関東南部)を購入し、そのままでは等深線が見れないので、パソコンでl㎝ファイルの等深線図に変換してロランスGPS画面で見れるようにしております(ニューペックと同じ等深線図)。著作権がありますので、等深線を使いたい場合、ロランス派の方は必ず購入してください!日本水路協会の等深線がロランス本体にプリインストールされていれば一番よいのですが、現状そうなっておりません。

②海底拡大の2画面にし、超音波発射速度を最高にし、状況に応じてスクロールスピード、感度を調整する。

③目星をつけたポイントを潮上(風上)からアイドリングまたは超微速でゆっくり流す。
(水深500-600m位ならボトムが急斜面でなければ深海の根をおおよそ特定できる。根気のいる作業だが。)

④深海の根らしき場所を特定すると、ウェイポイントをGPSに打ち込み、ウェイポイント周辺(広くても500mの範囲内)をジグザクに低速で走りながらロランスでマイ深海等深線データを収集する。

⑤自宅にデータを持ち帰ってドクターデプスでファイル変換&加工し、ロランスのGPSへ反映させる。

このように精度の高いマイ深海等深線図を作って、根や変化のある地形を特定して釣りに役立てている。
特に難しい作業をしているわけではない。

水深150-400mのアカムツ探しでは、アカムツが付きやすい爆釣ピンポイント(30-50m前後のエリア内)を、マイ深海等深線図でいくつも開拓した(200khz深海モードにしてデータ収集)。

今後は、出撃毎に一つずつ気になるエリアを順次丹念につぶしていき、近場のアカムツ探しのときと同様、未知なる深海(水深400-1000m)のマル秘データベース(マイ深海等深線図)を構築していきたいと思う。

データ収集目的だと釣りの時間が少なくなる。

深海探検が好きというゲスト以外は、きっと退屈してしまうので誘えないな(汗

ちなみに、、、

私のブログをご覧になっていらっしゃる皆様へお願いなのですが、

これらのマイ深海等深線や深海爆釣ピンポイント座標は、自分なりに試行錯誤しながら研究し、撃沈を経験し、苦労して収集特定した超極秘データばかりなので、ご要望が多数ございますが、一切公開しておりません。

その代わり、本ブログでマイ等深線図の作り方等のロランスの基本操作を多数ご紹介しておりますので、そちらでご勘弁ください。

深海根魚ポイントは比較的狭く、広まってどんどん釣られてしまう
とすぐに枯れてしまいます。

ポイント開拓もマイボート釣りの一部です。ご自身の努力で深海ポイントをどんどん開拓して下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年1月28日 (月)

進水以来のワックス掛けの日(2013/1/27)

生まれて初めてウィルス性胃腸炎にかかってしまい、この1週間まともに動けなかった。
体力、免疫が落ちているのかな…(>_<)

体調は回復しつつあるが、無理して早起きして釣りに行ったら、また体調を壊しそうな予感。

凪予報だがきっぱり釣りは諦めて、水あかで汚れている愛艇を磨きに行くことにした。

9時半過ぎ自宅を出発し、マリーナに11時半着。

高速が空いていたのでお巡りさんに気を付けながら飛ばし気味に走ったが、高速を降りたら所々渋滞。

それでもプジョーのこの燃費(14.9㎞/h)↓
Photo

GS450hならこの区間を同じペースで飛ばし気味に走ったなら、11㎞/hに届かないであろう。
輸入車は中高速ベース、国産車は中低速ベースにセッティングしているのがわかる。
(ちなみにプジョー208のカタログ値は13.4㎞/h、GS450hのカタログ値は18.2㎞/h)

マリーナ到着後すぐ、およそ10か月ぶりとなるボート磨きを始めた。

ハルにこびりついた水垢を入念にボート用洗剤で擦ったら意外に落ちた。

しかし、後方面はディーゼルの煙がこびりついて思うように落ちない。
こちらは後日落とすことにした。

汚れが落ちやすいようワックス掛けもおこなった。

このとおり、汚れすっきり、真っ白↓(^^)v
130127_1

ついでに先日の雪でドロドロ状態のプジョーも軽く洗車。

ミラクルフィッシャーⅡ号とプジョー208のツーショット↓
130127_3

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年1月23日 (水)

今後の深海探索

アカムツが付く海底地形を試行錯誤しながら探索してきた。

ゲストの釣果を除いても軽く100本以上釣った。

その間のアカムツ狙いの釣行回数は20回位。

ボーズの日もあったけど、半日しか狙わなかった日も結構あった。

運よくアカムツの群れさえ見つけられれば、アジやサバのように、釣り人の腕に全く関係なく、簡単にツ抜けできることもわかった。

近場のアカムツ釣りシーズン中(9-2月)は、ボーズ逃れで確実にアカムツを釣る自信がついた。

しかし、当然ながら釣ったアカムツを毎回食べる気はしない。

実際我が家の分としてキープした魚は、下処理が終わると食べずに冷蔵庫(冷凍庫)へ直行して、結局食べないからご近所行きとなる。

最近は釣った魚を捌くのも面倒になり、アカムツでもアコウダイでもそのまま引き取ってくれる人がいればほとんど配ってしまう。

考えてみれば、大好物のサンマの塩焼きでさえ、年に2-3回食べるかどうかだ。

というわけで、かつてのマダイ、ヒラメ&マゴチ釣り同様に(20代~30代のとき三浦半島各地のレンタルの手漕ぎボート釣りに凝った時期がある)、マイボートでのアカムツ探しの熱はついに冷めてしまった。

今後の深海探索は、アコウダイ、ベニアコウ、アブラボウズに絞ることにする。

アコウダイ、ベニアコウは、思っていたほど脂が乗ってなくて、大して美味しくないので狙わなくなったボートの先輩の話をお聞きするが、少なくとも私が夏に釣った4-6キロのアコウダイにはすべてうっすら脂が乗っていたし、もちろんアカムツやムツみたいに脂は乗っていないが、刺身以外はそれなりに美味しく食べられた。
ベニアコウは釣ったことも食べたこともないので、自分で釣って確かめてみたい。

そうはいっても食味は二の次、【深海地形おさかな生息調査】への興味から納得いくまで狙ってみたい。

私自身に課すルールとして、運よくアコウダイ、ベニアコウ、アブラボウズを多点掛けしたポイントは、その日は繰り返し流さないこと。

この3魚種に限っては針数を5-10本以内のライトタックルにすること。

目的は、数釣りではなく、【深海地形おさかな生息調査】だから。

当船のゲストの皆様、あらかじめご了承お願いします。

もし運よくアブラボウズやアコウダイが大漁なら、知り合いの城ケ島の漁師さんに無償寄付すればいい。

いずれアワビとかに化けるのでそれで十分だ…(笑)

魚探反応次第ではキンメもやるかもしれない。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年1月21日 (月)

連チャン2日目(2013/1/20)

初ゲストのIさんにアカムツを釣ってもらうため出撃。

あいにく10時頃まで海が荒れていて釣りにくい。

潮もあまり流れていない。

下げ潮が効かないとアカムツは来ないと思い、釣れない時間は割り切ってポイント確認でウロウロ。

風が落ちてきて、潮も動き出した感じなので、ゲストに釣らせるべく実績ポイントへ向かう。

Komatsuさんにお会いし、ちょうどアカムツのタモ入れを目撃。
釣れているボートにぴったりすり寄って釣るのは私の主義でないので、300-400m離れた別の筋を流すことにした。

ポツポツ単発で私に釣れるが、ゲストが釣れないので焦った。

辛抱強く粘って、時折やんわり誘いを入れ続けると、やっとIさんに本命が来た↓
130120_2


1

釣り歴が長いIさんが初めて釣った記念すべきアカムツ(ノドグロ)だ(^^)v

沈黙が続いたので、ポイントを移動。
直後の流しでIさんに2本目が来た↓
2

これで船頭として肩の荷が下りた(^o^)

帰りは船舶免許持ちのIさんが操船↓
130120_5

この日のキープ↓
130120

2日間のキープ↓
13011920_3

私が持ち帰った35-40センチのアカムツはすべて干物にした↓
Photo_2

このサイズのアカムツ(ノドグロ)の干物は買うととても高価だ。
釣り人ならではの特権だ。

アカムツ(ノドグロ)の干物は、身内4家族に1枚ずつ配る予定。
我が家には1週間前に釣った冷凍干物がまだ2枚も残っているから。

アカムツ(ノドグロ)の塩焼きに関する参考ブログ↓(ウエカツ水産総本舗)
http://ueka2007.naturum.ne.jp/e279436.html

さて、アカムツばかり釣っても仕方ないから、しばらくはアカムツ以外の深海ポイント開拓をメインにしようと思う。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

連チャン1日目(2013/1/19)

初日はシングルハンドでアコウダイ探しに出撃。
アブラボウズを裏本命とし、5本針のライトタックルに下針2本を補強(タコベイト付)↓
Photo

期待して出港したが、まったく潮が動いていない。

風もないからボートも動かない。

アブラボウズ狙いで出撃されていた真南風丸さんがいらっしゃって情報交換。
前週にアブラボウズを揚げた真南風丸さんも動かない潮にお手上げのご様子だった。

昼まで粘っても潮が動かないので、アコウダイ(アブラボウズ)を諦め、ボーズ逃れにアカムツ場へ移動。

次の日の初ゲストがアカムツ釣れないかもしれないので、前日に予めお土産釣っておくことを思い立ったからだ。

3か所目でやっとアカムツが釣れたので何度か潮回り。

メダイ、スミヤキ攻撃の合間に、小ぶりのムツも混じった。

moonfishさんが近寄って来られ、私の近くでアカムツ始められた↓
Moonfish

moonfishさんのこの日のブログ記事↓
http://blog.livedoor.jp/moonfish4/archives/65797722.html

私はアカムツ中小型3つ釣れたところでお土産十分ということで上がった↓
130119

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年1月12日 (土)

深海仕掛けロストに泣いた日(2013/1/11)

初釣りが不完全燃焼だったので、急きょシングルで出撃。

平日なのでゆっくり出港。

航程1時間ちょい。

脂が1年で一番乗っているとされる真冬のアコウダイを鍋で食べてみたくなり、アコウダイが居そうなポイントを目指す。

北風が残っていて沖はウネリあり。

ポイント着は10時過ぎ。

水深500m。

潮がほぼ止まっている(>_<)

1流し目、外道のアタリを無視して、30分くらい粘ると、下品な外道のアタリ。

上げると、深海サメ、トウジン、深海アナゴ…(-_-;)

移動して2流し目。

今度はバラムツとスミヤキ(-_-;)

アコウダイのポイント探しは、坊主の予感。

坊主はイヤなので、アカムツ狙いでマイポイントへ大きく移動。

実績ポイント付近には、漁師さんの仕掛けらしきブイが浮かんでおり、ブイから50m以上離れて流し始める。

しばらく流すとアカムツらしきアタリが出たので巻上げ始めると、即不自然な根がかり。

もしや延縄仕掛け?
(そうなら、漁師さんゴメンナサイm(__)m)

いきなりチェーン以下ロスト。

ブイから結構離れているのに、想像以上に仕掛けが伸びていた。

この実績ポイントはやめて移動。

魚探に映る等深線地形とボトム地形、表示される水深を見て流す筋を決める。

反応はあるが、スミヤキの予感…(>_<)

当たったので上げると、40センチ級の中型本命のほかメダイ、スミヤキが付いていた↓
P1110006

反応は、スミヤキ、メダイがメインだったようだ。

もう1度同じ筋を流すと、スミヤキ?に【Force Master 3000MK】の色つき新品PEを食いちぎられ、チェーン以下高切れロスト(T_T)
この日2回目のランプ類ロストで痛い(>_<)

スミヤキを避けて移動。

35センチ位の小型1つ↓
P1110009

しかしこの場所もスミヤキ多く移動。

移動した直後同じく35センチ位の小型1つ追加↓
P1110010

この場所でまとめ釣りをすべく、欲張って竿を両舷2本セット。

これがいけなかった(汗

2本とも当たったので上げたら、サバにつかまってオマツリ。

潮立て装置をうっかり切り忘れたため、まつった仕掛けがシャフトに巻き込んでがんじがらめ…(>_<)

2本とも仕掛けをすべてロスト…(T_T)

魚も2本ともロスト…(笑)

極めつけに、下したての【Force Master 3000MK】のPEラインも200m以上ロスト…(T_T)

一気にやる気が失せ、14時沖上がり。

この日チェーン、リング、ランプ、仕掛け、オモリを4セットのほか、PE200m以上ロスト。

この日のキープは中型1小型2↓
P1110013

アカムツ3つの代償は大きかった…(^_^;)
よくあることだけど(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年1月 9日 (水)

Force Master 3000MK

3年以上主に深場釣りで酷使してきた初期型の【Beast Master 3000】がついに逝かれてしまった。

アカムツ釣りを中心に延べ70回以上使ったと思うが、電動リールは消耗品と考えて、この間一切メンテナンスに出さなかった。

このとおり傷だらけで、年季の入った【Beast Master 3000】↓
Dsc_0594

ダメ元で浅草釣具の店員さんに逝かれたリールを診てもらったら、やはり修理に出すより買い替えたほうがいいと(^_^;)

ということで先ほど【Force Master 3000MK】を購入↓
Dsc_0595

12月のセールが終了したばかりだけど、浅草釣具さんは安い!
セール期間中のほうがもっと安いけどね(笑)

PE4号を500m巻いてもらった。

これからはミヤマエの深海用リールたちと同様に、年1度はメンテに出してあげることにしよう(^_^;)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

プジョーにもドライブレコーダー導入

レクサスGS450hに導入しているドラレコに関する記録↓
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-a657.html

妻のプジョーにも、ドライブレコーダーを導入した。

ドライブレコーダー名は、Smart Reco↓
プジョー店推奨のディーラーオプション品だ。
Smart_reco

フロント(WHSR-221)ばかりではなくリア(WHSR-221)にもカメラを取付けた。

フロントカメラ↓
Smart_reco_1

Smart_reco_2

Smart_reco_3

リアカメラ↓
Smart_reco_4

Smart_reco_5

パソコンで確認したドラレコの映りはこちら↓
Smart_reco_6

Smart Recoは、レクサスにつけた廉価品のドラレコと比べると、解像度はワンランク上。
近くに映っている車のナンバーも何とか確認することができる。
また、エンジンを切ってもスイッチ一つで録画し続けることができ、防犯カメラにもなる。
SDカード8GBで300分程度しか録画できないので、長時間録画できるよう32GBのカードに差し替えた。

フロントカメラだけなら、撮影コマ数をもっと多くして、解像度を上げることができるらしい。
しかしリアカメラもつけたほうがもしもの時の証明に役立つので両方導入した。

レクサスに取付けたドラレコは解像度がイマイチで、車のナンバーまでは確認できない。

もし当て逃げや、イタズラや、走行中の煽り等、嫌がらせを受けたときを思うと、ナンバーや相手の顔を認識できるかどうかは、ドラレコを選ぶうえで重要な要素と考えた。

レクサスに取付けたドラレコは廉価品だから映りが落ちるのは仕方ないけど。

レクサスにも解像度がいいドラレコとリアカメラを取付けたくなってきた(^_^;)
でもリアの電動サンシェードが邪魔でリアカメラは付けられないかもしれない(>_<)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年1月 6日 (日)

プジョー208の実燃費

【満タン法による実燃費】

268㎞走って本日早々と納車後2回目の給油(ハイオク)を行なった↓
Photo

2回目の給油は、25.25L↓
Dsc_0572

ということは平均実燃費は単純に約10.61㎞/L。
カタログ値は13.4㎞/L(JC08モード)。
カタログ達成率は約79%。


268㎞走行の内訳は、高速道路が170㎞位、一般道が100㎞位(主に信号が多い都内一般道)。

納車直後のクルマの操作確認等で、走らずにエンジンをかけっぱなしにしていた時間も含まれるから、それがなければもっと燃費が伸びていたはずだ。

【都内一般道の実燃費】

本日都内一般道を短時間テスト走行した(走行距離8.2㎞)↓

1

平均燃費は、エアコン23度設定で、10.7L/100㎞(約9.35㎞/L)↓
2

信号待ちのたびに【Avg.consumption】の数字が跳ね上がる。
アイドリングストップ機構さえ付いていれば、ストップ&ゴーを繰り返す都内でも10%以上燃費が良くなるだろうに、そこが惜しまれる。


しかし信号が少ない流れのよい一般道路なら、カタログ(13.4㎞/L)前後の燃費が出ても不思議ではない。

【高速道路中心の実燃費】

昨日初釣りに行ったときの燃費記録。

行きは99㎞走って6.7L/100㎞(約14.93㎞/L)↓
Photo_3

自宅からマリーナまでの往復194㎞走っても同じく6.7L/100㎞(約14.93㎞/L)↓
Photo_4

いずれも暖房23度、オーディオ作動させている状態での実燃費。

現モデルのレクサスGS450hよりもプジョー208のほうが実
燃費がいい…(^_^;)
カタログ燃費はGS450hが圧勝だけど。

高速道路主体の自宅~マリーナ間の走行に限ってではあるが。

現モデルのGS450hで自宅からマリーナまで往復する場合、プジョー208と同じような速度で、かなり大人しく運転しても12.5㎞/L前後(暖房23度程度、オーディオ作動、シートヒーター点けず)。
レクサスのカタログ(JC08モード)では18.2㎞/Lだから、レクサスGS450hの対カタログ実燃費達成率は68.7%、プジョー208はカタログ(JC08モード)値が13.4㎞/Lだから、対カタログ実燃費達成率は111.4%ということになる。


もっとも渋滞中は、アイドリングストップ機構がついているGS450hのほうが断然燃費がいい。アイドリングストップついているんだから当たり前だけどね。

信号が多い都内一般道でそれなりに渋滞がある場合、感覚的に、GS450hは8~10㎞/h位、プジョー208は5~6㎞/h位である。

逆にもしプジョー208の今のエンジンにアイドリングストップ機構が付いていれば、GS450hよりも渋滞時の実燃費はずっといいはずだろうに。
カタログ燃費はGSのほうが良くてもね…(笑)


ちなみに自宅~マリーナ間の高速道路の往復距離は170㎞位。
飛ばさなかったが、極端なエコ運転をすることなく、走行車線を交通の流れに沿って普通の運転を心がけた(高速での速度は80-90㎞/hが多かった)。

一般道も急発進、急加速を避けたが、極端なエコ運転をすることなく、ほかの車の流れに沿った普通の運転を心がけた。
昨日の自宅~マリーナ間の往復に関しては渋滞はなかった。

今後、週末ごとに長距離を中心に走っていけば、カタログ(13.4㎞/L)前後の燃費は出せるかもしれない。

日本車のカタログモード燃費は、昔から6掛けとか7掛けとか、実燃費とかけ離れているクルマが多いけど、プジョー208の実燃費を知ると、実燃費とかけ離れた日本車のカタログ数字マジックにあらためて納得できなくなる(-_-;)

なお、プジョーの実燃費に関する参考ブログ↓
http://kaisendon.seesaa.net/article/187203215.html

【実燃費対決】カタログ達成率ベスト10のクルマサイト(レスポンス)の記事↓
http://response.jp/article/2011/02/21/152162.html

実燃費の内外格差のカラクリに関する参考ブログ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/matarie/diary/201010190008/
http://blog.livedoor.jp/marketinghirano/archives/51343715.html
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3340

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年1月 5日 (土)

初釣りは…(-_-;)(2013/1/5)

2013年の初釣りのゲストは、kensurfさんとkomatsuさん↓
P1050079

型物のキンメが欲しくて千葉方面へ南下する予定だったが、ナライ(北東風)が強いため断念。

凪待ちでアマダイを狙うことにした。

結構なサイズの本命っぽいアタリがkensurfさんkomatsuさんに来るがバレテしまった。

私はリリースサイズのオニカサゴなど。

結局3人ともキープなし。

風が落ちてきたので洲の崎方面へアコウダイ狙いで移動。
到着したのは12時近くになっていた。

1流し目、3人ともスカ。

仕掛を上げた時点で12時45分。

どうしても型物のキンメの顔が見たいので、ボーズ覚悟で総本山へ南下。

13時半過ぎに現場着。

反応なし。

帰りの時間が迫っているため反応を探す時間がない。

やむを得ず、反応はないが、水深400m前後の適当な場所に仕掛けを投入。

当然キンメらしきまともなアタリはない。

底物の外道見え見えのアタリを無視しながら、30分近く粘ってようやく仕掛けを巻き始める。

komatsuさんの仕掛けには深海アナゴかギスの痕跡(^_^;)

私はカラスのオンパレード↓(^_^;)
Photo

そしてkensurfさん、念願のアコウ!
とてもチビなアコウだけど↓(^_^;)
Photo_2

この時点で14時30分、沖上がり。

結局深場は2流しだけしかできなかった。

2013年の初釣りはとても厳しい結果となってしまった。

kensurfさん、komatsuさん、ヘボ船頭でごめんなさいm(__)m

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »