« 普通救命講習会に参加 | トップページ | アコウダイはおいしい魚 »

2013年2月18日 (月)

バラムツ…(2013/2/17)

アブラボウズ狙いで仕掛けを作った。

ムツサークルフック5/0にハリス30号、捨て糸3m、胴付3本針仕掛け(写真は掛け枠に2組)↓
Photo

予報では午前中ナライが残る。

片道1時間以内のベニアコウ場探しに出撃したいところだったが、超深海を探索する時間はない。

午前中まともに深海探検できそうにないので、近場のアブラボウズ探しと決めていた。

8時に出港すると、洲ノ崎のナライが10-15m位。

これじゃ深場は釣りにならない。

風裏となる西沖の水深90-100m付近で、アマダイやりながら時間つぶすことにした。

風裏でもこんな感じ↓
Photo_2

ウネリに弱い私は、軽~く船酔い状態(~_~;)(笑)

頑張って時間つぶしたが、相変わらずアマダイさんはご機嫌斜めで、キープは35センチのアカイサキ1つだけ↓
Photo_3

10時過ぎてから少しずつ風が弱まる気配。

ウネリはまだあったが、深海の根を探しに移動した。

アブラボウズを効率よく探すには、深海の起伏がある岩礁をまず探さなければならない。

しかし、水深500m以上の根を魚探から特定するのは手間がかかるし、そう簡単に見つからない。

根がわからないまま、まず水深600-700mのかけ上がりを適当に流すと、何かが当たった。

雑魚っぽいアタリだったので、しばらく放っておく。

追加のアタリが来ないので、巻き上げると深海アナゴだった。

放置し過ぎて、仕掛けがぐしゃぐしゃ(T_T)

風がやんだので、南へ移動。

再び適当に水深550m付近に仕掛けを投入。

潮が速くて二枚潮ぽい。

錘は500号なのに、PE12号が700m以上出てしまう。

釣りにくい。

何か所か移動しても同じで、釣りにくい。

餌が結構残ってくる。

魚がいないところを流しているのか?

それとも活性が低いだけなのか?

帰港時間が迫ってきた。

城ケ島南へ戻ってきてラスト1流し。

カモメさん、こんにちは↓
1

2

カモメさん、癒してくれてありがとう\(^o^)/

しかし、着底と同時にとてもイヤなアタリ。

やっぱりこいつだった。

こいつの正体は動画でどうぞ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 普通救命講習会に参加 | トップページ | アコウダイはおいしい魚 »

謎の生き物」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/49487528

この記事へのトラックバック一覧です: バラムツ…(2013/2/17):

« 普通救命講習会に参加 | トップページ | アコウダイはおいしい魚 »