« アカイサキ | トップページ | 超深海の岩礁探し »

2013年2月23日 (土)

ベニ修業は難行苦行

ベニアコウへの道は、いばらの道。

そして、イバラヒゲの道↓(^_^;)
Photo

そして、怪獣への道。

今の魚探では超深海の根まではわからないから、水深の変化があるかけ上がりを、適当に流すしかない。

超深海にもそんなに根があるの?という疑問がないわけではないけど。

とりあえず手探りで水深900-1000m付近を流すが撃沈続き。

発想を変えて、根がかり覚悟で、捨て糸を長くして、急斜面を探るということもありかもしれない。

定番ポイントの布良沖まで行かず、近場の深海調査。

南房沖の深海まで行かなくても、ベニアコウが居てもおかしくない深海地形がたくさんあるのだから、回り道であっても、まず庭先をじっくり調査したい。
(じっくり調査といっても広すぎて調査し切れないけど^^;)

しかし水深900-1000mの上げ下げに40分前後?もかかってしまう。

大型のムネダラやらサメやら多点掛けしてしまうと、揚げるだけで30分以上かかってしまう。

1日何度もポイントを流せない。

釣りというより、心の修業。

丸1日費やして怪獣しか釣れない空しさといったら…(>_<)

ここで心が折れるとベニさんのお顔が見れない。

とりあえず、1つ釣れるまで、がんばろう。

ちいさくても。

自分で釣ったベニを食べてみたい。

本当にアコウダイよりも、おいしいの?

手強いお魚が釣れるまでの過程も含めて、マイボート釣りを楽しみたい。

以上ひとりごと。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« アカイサキ | トップページ | 超深海の岩礁探し »

つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/49596616

この記事へのトラックバック一覧です: ベニ修業は難行苦行:

« アカイサキ | トップページ | 超深海の岩礁探し »