« 相模湾での潜水艦救難訓練の予定 | トップページ | ホウズキの煮付け »

2013年9月15日 (日)

釣り備忘録~産卵はちょい先?(2013/9/13)

アカムツの乗っ込みを期待したが、群れを探せなかった。

あちこち探したが、やっと11時頃中型一つ↓
Photo

潮目が近づいてきて魚っ気がなくなったので移動↓
Photo_2

しかし追加なし。

近づいてきた潮目の動画↓


13時にアカムツ狙いはおしまいにして、珍しく1時間程度カワハギやった。

が、ベラやアナハゼ類に完全にバカにされるは、アサリのむき身を針に付けるとき針に指を何度もチクられるはで、頭にきて上がった(笑)

アカムツ用に購入したディープクルーザー150-270Mに入魂できてヨシとしよう(^_^;)↓
150270m

フォースマスター3000MKにPE4号500m巻いて、オモリは水深200m前後では150号、250-300mではオモリ180号を使用。

釣れた水深は250m付近であった。

オモリ負荷100-200号だから200号のオモリが使えないことはないが、200号を背負わせるとやはり竿がしなり過ぎて使いにくい。

しかし、180号ならアカムツ狙いに十分使えることがわかった。

帰宅後アカムツを捌くと卵は7-8割程度。

釣れたアカムツの産卵はもうちょい先だったかもしれない。

入魂したディープクルーザー150-270Mのしなり具合の動画(水深250m付近、オモリ180号)↓


晩酌のツマミ(アカムツ炙り、ユメカサゴの刺身、スミヤキのナメロウ)↓
Photo_3

Photo_4

Photo_5

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 相模湾での潜水艦救難訓練の予定 | トップページ | ホウズキの煮付け »

アカムツ釣り」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/53267225

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り備忘録~産卵はちょい先?(2013/9/13):

« 相模湾での潜水艦救難訓練の予定 | トップページ | ホウズキの煮付け »