« UF-17試乗と試し釣り(2014/1/11) | トップページ | アメショーのカイ(海)が来た(=^ェ^=) »

2014年1月17日 (金)

ミニボート用GPS魚探届く

ミニボートに取付ける魚探を注文してしまった。

注文したのは、【HDS7 Gen2 Touch】【Point-1】【RAM-112アンテナ架台】 【HDI振動子】↓Photo

HDS7 Gen2 Touchについて↓
(購入した7インチはビデオ端子なし。HDSモニターで水中ビデオを見たいなら9インチか12インチが必要。)
http://www.kt.rim.or.jp/~jim/main/02_product/items_lowrance4.html

Point-1について↓
(マリンレジャー用GPS最速の1秒間に10回の座標と方位データが更新、ヘディングセンサー付)
http://bottomhaus.com/html/page7.html

Point-1のアンテナ架台(RAM-112 GPSアンテナ架台 1.5インチボール)について↓
(Point-1は高感度なのでアンテナ架台なしにキャビンやコンソール上、デッキに直付けしている方が多い)
http://bottomhaus.com/shopdetail/000000001194/020/Y/page2/recommend/

HDI振動子について↓
(トランサム設置型の振動子でソナーとストラクチャースキャンの2つの振動子が合体)
http://bottomhaus.com/html/page11.html

旧型LCX-27cと比べると、HDS7Touchは画面が横長↓
Photo_2

早速開けて、海底等深線の変換マップ(lcmマップ)を入れたSDカードを差し込むと、やはり見えにくい↓
Photo_3

7インチはSDカードが1枚しか入らないのでノーティックパス(日本沿岸詳細地図)を映し出すには?

てっとり早くノーティックパスに海底等深線ファイルを貼りつければいいじゃないか↓
Photo_4

Photo_5

このとおり↓ノーティックパスと海底等深線ファイルが合成され、見やすくなった(^^)v
Photo_6

ついでにマイポイントの移植も完了。

あとはミニボートを決めて、ボートに取り付けるだけだ。

ちなみにTouchモデルを色々触ってみると、HDSのGEN1モデルを使ったことがある人なら、マニュアルがなくても、スマホ感覚である程度操作できることがわかった。

海図チャート、魚探(2画面)、ストラクチャースキャンのサイドスキャンとダウンスキャンの4画面もこのとおり表示させることができた↓
4

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« UF-17試乗と試し釣り(2014/1/11) | トップページ | アメショーのカイ(海)が来た(=^ェ^=) »

趣味」カテゴリの記事

魚探」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/54647454

この記事へのトラックバック一覧です: ミニボート用GPS魚探届く:

« UF-17試乗と試し釣り(2014/1/11) | トップページ | アメショーのカイ(海)が来た(=^ェ^=) »