« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

フル塗装(フルレストア)を依頼

船名シールと特注したマグネットが出来上がったので、艤装場所の打ち合わせ兼ねてビーチバムへ行ってきた。

マリーナに着くとMiniが素っ裸状態↓
Uf171

Uf176

Uf172

Uf173

Uf174

Uf175

やはり船体年齢20年だけのことはある。

あちこち小さな傷があって色褪せている。

船底塗装を剥がしてハルだけをピカピカにフル塗装しても、デッキやコンソールがこうも色褪せていると、ピカピカになったハルとのアンバランスが気になってくる。

結局、デッキ、コンソールを含めて、船体すべての全塗装(フルレストア)をお願いすることにした。

で、仕方ないが、進水が少し遅れることになってしまった。

引渡しの予定は3月10日前後に延期。

フルレストアするんだったら新艇買った方がよかったかもしれないが、もう後の祭り。

ついに船齢20年の中古艇体価格(3年落ち40馬力4スト付)+船体フル塗装費用で、UF-17の新艇当時の価格を超えてしまった(オプション別)。

冷静になると、私はおバカかもしれない!(笑)

ここまで来ると、古いボートをリニューアルして可愛がってあげるのも悪くないと、割り切るしかないな・・・(-_-;)

ボロいUF-17が、プロの手に掛かるとどう再生されるのか見ものだ。
ビーチバムマリンワークスのHさん、頼みますよ!(笑)

ハル色は濃紺にすることにした。

完成イメージ写真(スギタニさんのUF-17写真を拝借)↓
Betlghccuaeqm6j

ちなみに、素っ裸にされる前のMini↓
1

2

3

4

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月26日 (日)

ボート艤装用マグネット特注

ミニに艤装する強力な丸棒タイプのマグネットを浅草釣具で特注した。

通常の品物はこれ↓
1

2

ボート擬装用に特注したのはこれ↓
3

できれば60㎝以上のものを取付けたかったが、ミニボートの前後にサイドレールを取り付けるため、スペース的に厳しく断念。
仕方なく、マグネット部分40㎝、両端の加工部分が各3㎝、合計46㎝の長さとなった。
価格は1本税込7,700円(40㎝の通常品は税込6,615円)。

希望があれば40㎝から最長4mまで指定できるそうだ。
さすがに4mを注文する人はいないだろう(笑)

強力なマグネットの場合、プレートタイプよりも丸棒タイプのほうが仕掛け投入時の針離れがよいのでこちらを選んだ。

1mを特注するとしても12,000~13,000円前後だろう。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月23日 (木)

ミンコタ アイパイロット(i‐Pilot)の購入先

UF-17に艤装するバウモーターを並行輸入しようかと思いましたが、故障時の修理等のアフターフォローをきちんとお願いできるバウモーター専門店から購入したほうが後々面倒がなく安心ということで、城ケ島のボート仲間の紹介受け、カラーズさんから購入することにしました。

カラーズさんのホームページはこちらです↓
http://colors-boat-marine.com/

ホームページが更新されておらず、不安を感じましたので、直メールを送ってやりとりしました。

メールアドレスはこちらです↓

info@colors-boat-marine.com;


または
boss_hk@f2.dion.ne.jp

対応が速く、非常に親切です。
バウモーターの個人輸入(並行輸入)に不安があり、私のように購入後のアフターフォロー(修理・整備・保証)を重視する方は、カラーズさんへお気軽にお問合せされることをお勧めします。


旧型のバウモーターの下取りもされているそうです。

下取りした中古のバウモーターも自ら修理・整備して販売されているそうです。


私が発注したバウモーターと艤装パーツは次のとおりです。
・RT55SP/i-Pilot(48)
・48インチから60インチシャフト変更
・RTAワンタッチマウント
・電源ケーブル3m延長
・自動復帰式ブレーカー
・電源ソケット
・バッテリーから電源ソケットへ繋ぐ電源ケーブル6m

ミンコタi-PilotのレポはMiniの進水後の3月以降になります。
スパンカーボートではポイントにぴったり止まることは難しいですが、GPSで制御するi-Pilotの『SPOT LOCK MODE』を使うと可能なのですね。ならば手放しでピンポイントに止めて釣りが可能になることになります。
本当でしょうか?

なお、i-Pilotの操作について、カラーズさんからいただいた簡単なマニュアルを貼り付けます↓
Ipilot1
1_6

2_4
3



4

※現在i-Pilotの取扱説明書・マニュアルをリニューアル中だそうです。手に入り次第ブログにアップすることにします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

初ルンバ(=^ェ^=)

わが家にカイがきて5日目、初めてルンバを動かしてみた。

動くルンバにビビるカイ↓
1

2

動画↓


人間にやっと慣れてきた↓
1_2

1_3

2_2

あまり触らせてくれないけど・・・(>_<)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月21日 (火)

MiniはヤマハUF-17に決定

突然思い立って先月からMiracle Fisher Miniを物色し始めましたが、じっくり探している時間がなく、手っ取り早く中古のヤマハUF-17に決めてしまいました。

置場は、三浦半島の三戸浜のビーチバム。
多くの仲間がここにボートを置いてます。
ビーチバムは、20ftまでの小型艇限定の人気の置場で、いつも一杯、中々空きが出ません。

EX27Yを手放すことが決まり、Miniを物色中とブログをUPした直後、複数のボート仲間から話が来ました。
そのうち、ビーチバムのメンバーから、内々にビーチバムのボートが売りに出されているとの情報をいただきました。

早速ビーチバムに連絡してみるとヤマハのちょいと古いUF-17↓
Uf171

Uf172 

物は試しということで、日を改めて同型艇を同じビーチバムに置く仲間のボートに試乗させてもらうと、見かけによらず、近場の釣りに使う分には十分なボートでした↓
Uf174

気に入ったので即決めました。

釣りのポイントはビーチバムの目の前。
浅場から深場までほとんどの魚が狙えます。
近場を1人や2人で釣りするには小回りがきいて十分楽しめます。
トイレがないので、女性のゲストはお誘いできませんが(^_^;)

平成6年4月26日新造で船体年齢は約20年、係留歴もあって、ハルが少々くたびれていますが、船外機は4スト平成23年式のコマンドリンク対応のヤマハ40馬力。
エンジン換装後の稼働時間は非常に少なく、船外機の程度は上々。
丁寧に乗ってしっかり整備すれば、少なくても7-8年はエンジン持つでしょう。

とてもお手軽なボートなので、その場ですぐに決めてしまいました。

予定している艤装は次のとおりです(艤装のほうが高い!?)。
①船底塗装を剥がし、ハルをフル塗装(何色にするか迷ってます)
②ロランスHDS7のGen2Touchを新たに導入。貧弱なホンデックスはそのまま予備で残す(振動子はトランサム左側へ移設)。
③GPSの受信精度を向上させるためPoint-1を取付ける。スペースが窮屈なのでアンテナ架台を取付けてコンソール前方へ出す。
④ストラクチャースキャンと兼用できる新型HDI振動子をトランサム(右側)へ取付ける。
⑤後方のサイドレール(長)は取り外して撤去、前方(短)のサイドレールは少し前へ移設する(インスペクション穴を開けて裏当て補強)。
⑥後方のサイドレールはスギタニさんを真似て同じものを特注。裏当て補強(インスペクション取付)する。
⑦バウモーターは新品のミンコタRT55SP I-Pilot(シャフト48インチ)に17ft艇では長めの60インチにシャフト変更して取付ける。
⑧ミンコタ取付けのためにバウレールを加工する。
⑨ダブルバッテリーシステムへ変更。
⑩船外機とロランスを専用の接続コード(3mコードの【YAMAHAエンジンインターフェースケーブル】と長さがたりないときの予備で60㎝の延長ケーブル【N2K-EXT-2RD】を注文)でつなげる。F40船外機(コマンドリンク対応)がロランス本体でエンジン情報をモニターできるようなので。
⑪両サイドに強力なマグネット棒を取付ける(浅草釣具経由で特注)。
⑫ゲスト用のラーク台座を前方左右1か所ずつに取付け、裏当て補強(インスペクション取付)する。
(※後日デッキとコンソール含めた船体の全塗装を追加依頼。)

これらの艤装と船検6年の取り直しに2月一杯かかるようです。
ということで、デビューは3月予定です。
(※後日ハル以外にデッキやコンソールを含め全塗装することになったためボート引渡しは3月10日前後に延期。)

あまり乗れないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。

ビーチバムのみなさん、近々飲み会やりましょう(^^)v

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月19日 (日)

アメショーのカイ(海)が来た(=^ェ^=)

我が家にニャンコが来た。

動物を飼うのは初めてなのでドキドキ。

名前はカイ(海)。

平成25年10月6日(頃)生まれのアメリカンショートヘアで、毛色はブルータビー。

男の子なので、娘が海が好きな私を思い浮かべて名付けてくれた。うれしいな~(^^)v

子供は学校なので、妻と二人でお迎えに行った。

爪が伸びていたので、切ってもらい、爪の切り方も教わった↓
1

店員さんに色々説明を聞いて、必要なネコグッズを買ってお店を出る。

ケージに入れられた途端、にゃあにゃあと泣く↓
2

渋滞していたので、車の中でもにゃあにゃあと泣く。

ごめんね~

やっと家に着いた↓
3

ケージに入った途端水をたくさん飲む↓
4

そしてすぐに自分の匂いが付いたトイレの隅に丸まって、貝になって小さくなってしまった↓
5

6

カイが貝になってしまった・・・(-_-;)

魚探の空箱にも籠る↓
Photo

この魚探、魚ばかりかネコも映る魚探か?(汗

丸1日すると少しずつ落ち着いてきた↓
8

Photo_2

エサも少しずつ口にするようになった↓
Photo_3

2_2

そしてケージの外に出すと、爪とぎもするようになった↓
9

娘とも遊ぶようになった↓
12

だんだんやんちゃになってきた↓
10

11

家じゅう探索している。
どこにいるのかわからなくなるので、鈴の首輪を付けた↓
1_4

2_3

抱っこしたいが抱っこさせてくれない。

触ろうとすると逃げる。

接する時間が多い妻や子供には、大分慣れてきた様子。

そろそろ丸2日経過。

トイレも覚え、大小も確認し、一安心。

カイが膝に乗ってくれる日が待ち遠しい。

本当に膝に乗ってくれるのカイな???(^_^;)

ケージの中でびびっているカイ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月17日 (金)

ミニボート用GPS魚探届く

ミニボートに取付ける魚探を注文してしまった。

注文したのは、【HDS7 Gen2 Touch】【Point-1】【RAM-112アンテナ架台】 【HDI振動子】↓Photo

HDS7 Gen2 Touchについて↓
(購入した7インチはビデオ端子なし。HDSモニターで水中ビデオを見たいなら9インチか12インチが必要。)
http://www.kt.rim.or.jp/~jim/main/02_product/items_lowrance4.html

Point-1について↓
(マリンレジャー用GPS最速の1秒間に10回の座標と方位データが更新、ヘディングセンサー付)
http://bottomhaus.com/html/page7.html

Point-1のアンテナ架台(RAM-112 GPSアンテナ架台 1.5インチボール)について↓
(Point-1は高感度なのでアンテナ架台なしにキャビンやコンソール上、デッキに直付けしている方が多い)
http://bottomhaus.com/shopdetail/000000001194/020/Y/page2/recommend/

HDI振動子について↓
(トランサム設置型の振動子でソナーとストラクチャースキャンの2つの振動子が合体)
http://bottomhaus.com/html/page11.html

旧型LCX-27cと比べると、HDS7Touchは画面が横長↓
Photo_2

早速開けて、海底等深線の変換マップ(lcmマップ)を入れたSDカードを差し込むと、やはり見えにくい↓
Photo_3

7インチはSDカードが1枚しか入らないのでノーティックパス(日本沿岸詳細地図)を映し出すには?

てっとり早くノーティックパスに海底等深線ファイルを貼りつければいいじゃないか↓
Photo_4

Photo_5

このとおり↓ノーティックパスと海底等深線ファイルが合成され、見やすくなった(^^)v
Photo_6

ついでにマイポイントの移植も完了。

あとはミニボートを決めて、ボートに取り付けるだけだ。

ちなみにTouchモデルを色々触ってみると、HDSのGEN1モデルを使ったことがある人なら、マニュアルがなくても、スマホ感覚である程度操作できることがわかった。

海図チャート、魚探(2画面)、ストラクチャースキャンのサイドスキャンとダウンスキャンの4画面もこのとおり表示させることができた↓
4

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月15日 (水)

UF-17試乗と試し釣り(2014/1/11)

検討中のUF-17と同型艇をお持ちのスギタニさんのご厚意で、試乗させていただくことになった。
釣りは試し釣り程度で、ボートの流れ方、静止安定性、バウモーターの作動チェック、40馬力の走行性のチェックが目的。

スギタニさんのUF17↓
Photo

ハルは船底までホワイトでフル塗装されていた。
サイドスターン側はジギングを想定したレールを特注艤装していて、レールの支柱は下に穴を開けて裏から金属補強していた。

スギタニさんが保管しているマリーナも、私が購入を検討しているUF-17が保管されている同じビーチバム↓
Photo_2

ここが上下架する浜↓
Photo_3

高低差が7-8m以上ありそうだ。
並みの台風なら心配ない高さだろう。

いざ出港↓
Photo_4

スギタニさん↓
Photo_5

沖でビーチバムのKさんに撮っていただいた↓
Uf171

Uf172

まずは試し釣り。
ポイント選びを任されたはいいけど、いつも使っている魚探と違うし、マイポイントもチェックしてこなかったから、ボトム地形と水深を見て適当に流す。

スギタニさんはアカムツ狙いで深海ジギング(電動だけど・・・笑)↓
1

しかし、残念ながら1流し目はエドアブラザメ、2流し目もサメ?に食いつかれ、すぐにジグがやられてしまった。

対する私はいつものようにアカムツ用の3本針胴付き仕掛けでエサ釣り(ロッドキーパーがなくて手持ち・・・^^;)↓
11

1流し目は幸先よくアカムツのダブル(スギタニさんがタモ入れ)↓
12

Photo_6

2流し目はスミヤキのダブルだった。

釣りはこの2流しでおしまい。
釣果は、すべてスギタニさんへ進呈。

で、UF-17を試乗した感想はというと、
17フィートと小さいので遠出しようと思わないが、近場の釣りには小回りがきいて釣りやすい。
加速は、40馬力船外機で全開で25ノット前後出て十分。
20ノット以上出すと原付バイクで70-80キロ出しているようで、新鮮で楽しい。
もちろんイケス付。
気になる横揺れは、EX27やその前のYF23よりも小さく、揺れの収まりが早い。
静止安定性、合格。
船検は15海里で、べた凪限定ではあるがベニアコウ場にも行ける。

小さくて、古くて、見た目はパッとしないけど、前評判と違い、これはこれで価格の割にいいボート。
遠出するには厳しいけど、1人か2人で近場(葉山沖~城ヶ島沖~剣崎沖の浅場から深場)で釣りする分には、十分楽しめるだろう。
近場のモロコも狙えるぞ!(笑)

さて、ミラクルフィッシャーミニ号どうするかな。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月10日 (金)

ネコ飼うことに…(=^ェ^=)

一人娘のために動物を飼うことにした。

はじめはハムスターを飼いたがっていたが、ハムスターはネ○○に似ていてどうもダメ。

で、犬かネコがいいということになって、いろいろ見ているうちに、いきなりこのネコ↓がいいっ!とにゃ(汗
1

アメリカンショートヘアーのブルータビーという♂のニャンコ。

一瞬で娘の心を奪ってしまった↓
2

ということで、家族の一員に決定。

家中が爪とぎでズタズタにされたり、あちこちスプレーされるのではないかと心配している。
発情が遅めであればよいが、どうなることやら・・・(~_~;)

1週間後我が家に来るので、早速ケージ取り寄せて組み立てた↓
3_2

近くに住む動物嫌いの親にニャンコ飼うのまだ言っていない。

いいにくいにゃあ・・・(>_<)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

Miracle Fisher Mini号を物色中(その2)

ロッキーマリンさんから売り出されたばかりのボストンモントーク17ftを見学してきた↓
171

70馬力か90馬力のスズキの新品エンジンに載せ替えて、船底塗装、消耗品一式交換してからの販売とのことだった。

70馬力だと全開で28ノット前後、90馬力だと30ノットオーバー。

パワーに余裕ある90馬力の方を勧められた。
スズキの船外機は、70馬力も90馬力も重量は同じようだ。

魚探は使い物にならないので、取り替えなければならない↓
172
3

もし私がこれにするなら、少なくてもバウモーター付けて、船台修理して、フルカバーも作り直さないと。

取って付けたような不完全なTトップは、支柱2本だけでグラグラ。
これは外すらしい。

現状の船検は、5海里以内。
ボストンなので、もしこれにするなら、遠出するつもりなくても15海里まで取りたいところ。

ロッキーマリンさんのレンタル艇が同型艇の70馬力ということなので、試乗を勧められたが、まだ比較段階なので試乗しなかった。

このサイズのボートで10海里以上離れた伊豆大島以南へ遠征しようとは思わないが、ずぶ濡れと強烈な腰から脳天への衝撃に耐えられるなら、不沈艇で定評あるボストンなので17ftでも遠征可能。
確かにオフロードバイクのようで、乗れば楽しいだろうとは思う。
しかし、近場をうろつく程度のつもりなので、必ずしもボストンでなくてもいい感じ。

シャワー除けがあるスパンカー仕様のYF-21やFAST-21と比べても、正直迷う。

ただし岩港は、マリーナではなく漁港なので、保管料は安い。
朝7時出港可、元日を除き年中無休は、私のような釣り目的のボートアングラーにとってポイントが高い。
深海ポイントはすぐそこだし。

かつてモントーク17にお乗りだった三軒茶屋のリコズピザのKさんと、城ケ島のマリーナ仲間のLienさんにもアドバイスを受けた。
ボストンの良さはお二人とも乗ってみなければわからない、とのことだった。

明日は、仲間のUF17(バウモーター仕様)に乗せてもらう予定。
近場はこれで十分じゃんという気になるかもしれない(笑)

さて、どうなるかな。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »