« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月16日 (日)

Mini号初進水(2014/3/15)

昨日やっとMiracle Fisher Mini号を初進水させることができた。

名義変更、6年船検取直し、船底剥がし&全塗装(フルレストア)、艤装と、2か月かかったが、無事進水できて良かった。

この日は各機器の作動チェックが目的だったため、釣りはせず。

Miracle Fisher Mini号の艤装は次のとおり。

まず艤装前の写真。

船齢20年の、こんなにボロいボートだった↓
Uf17_1

Uf17_2

見るに見かねてフルレストアすることになった。
素っ裸にされたUF-17↓
Uf17_3

Uf17_4

それがこのとおり全く別のボートに生まれ変わった↓
Miracle_fisher_mini_1

Miracle_fisher_mini_2

黒に近い濃紺をリクエストしたが、出来上がりに大満足(^^)v
気に入った。

コンソールも取り外して全塗装した↓
Miracle_fisher_mini_3

Miracle_fisher_mini_4

新たにロランスHDS7のGEN2タッチモデルを取り付けた。
ホンデックスは前オーナーのものだけど、予備で残した。
電動リール用電源を1つ付けているが、こちらもあくまで予備電源。
バッテリーはなるべくエンジン始動用に温存しておきたいから、普段は電動リール用のバッテリーを持ち込んで使うことにする。

新品の海水用バウモーター↓
Miracle_fisher_mini_5

新品のミンコタ製I-Pilot(60インチシャフト)を取り付けた。
バウモーター電源は、スターン右側の収納ボックスに収めているバウモーター専用のバッテリー(ボイジャーM27MF)から配線したコネクターから取るように艤装。
バウレールはバウモーターを取り付けるうえで邪魔になるので撤去を考えたが、安全のために中央部分をカットしただけで左右は残した。

ロランスのGPS精度を向上させるため、Point-1(RAM-112アンテナ架台を別途ネットで注文)を取り付けた↓
Miracle_fisher_mini_6

サイドレールを特注し、穴を開けて裏から補強し、インスペクションハッチで塞いだ↓
Miracle_fisher_mini_7

こうすれば100㎏程度の荷重なら全く問題なし。
リガー製のロッドキーパーをレールに取り付けてもノープロブレム。

前後のレール間には、特注した40㎝長の強力マグネットを取付けた↓
Miracle_fisher_mini_8

前方にはゲスト用のラーク台座も左右1つずつ取り付け、こちらも裏当て補強した。

燃料タンクは24L×2↓
Miracle_fisher_mini_9

40馬力なので、満タンにしたら、ちょいと遠出しても余りある量だ。

バッテリーはエンジン始動&GPS魚探&電動リール用にM24MF(手前)、バウモーター用にM27MFと2つ艤装し、スイッチを切り替え方式にした↓
Miracle_fisher_mini_10

燃料タンクとバッテリーの増設で、燃料が満タンなら、スターン側がノーマルよりも50Kg位重くなる。
しかも体重が90㎏前後?の私が乗るのだから、海上ではボートが左右に揺れると、間違いなく海水がボート内に流入してくるだろう。
沖では排水スカッパー開けられない(^_^;)

トランサムにはステップが艤装され、右側がロランス用振動子(HDI)、左側がホンデックスの振動子を取り付けた↓
Miracle_fisher_mini_11

下架作業開始↓
Miracle_fisher_mini_1_2

Miracle_fisher_mini_2_2

出航↓
Miracle_fisher_mini_3_2

Miracle_fisher_mini_4_2

Miracle_fisher_mini_5_2

写真で見ると、やっぱりスターンヘビー・・・(>_<)
シートをもう少し下げたほうがよさそうだ。

そして試運転の結果だが、

ロランスのストラクチャースキャンの映りが非常に悪かった。
HDI振動子の50kHzと200kHzの魚探の映りは普通なんだけど、ストラクチャースキャンの455kHzと800kHzがまともに映らないか全然映らない・・・
セッティングが間違っているのかな???

また、ロランスと船外機を専用ケーブルで繋げたものの、こちらもロランスの設定がうまくいってないのか、燃費がまったく表示されない。

早速ジムクォーツさんに問い合わせてみることにする。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月 8日 (土)

Miniの状態(2014/3/8)

ビーチバムへMiniを見に行ってきた。

電装品の配線中↓
1

2

3

4

5

LOWRANCE(ロランス)と船外機(コマンドリンク対応のもの)はこのようにロランス用のヤマハエンジンインターフェースケーブルで接続↓
こうすればロランス本体(GEN2タッチモデル)でエンジン情報をモニターできるようになる。
6

7

8

11

ミンコタのI-Pilot(60インチシャフト)を伸ばしたところ↓
長さに余裕ある。
9

10

あと1週間程度で完成する。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

ボートショー2014

昨日パシフィコ横浜へ行ってきた。

時間がなくてYBMのフローティングショーには行かなかった。

ボート中心に見学。

じっくり見た船は、

ヤンマーブースのEX40、新型EX33Ⅱ、FX24EZの3艇↓
Photo

スズキブースのボストン220アウトレージ↓
220

ヤマハブースの新型DFR、新型YFR、SR-X、YF-24の4艇↓
Dfr

Yfr

Srx

Yf24

魚探メーカーを一通り徘徊して最後にローランスブースへ↓
Photo_2

お世話になっているローランス正規輸入代理店であるジムクォーツの社長さんにご挨拶。
Miniをヤマハエンジンインターフェースケーブルでローランスと船外機(コマンドリンク対応)を接続したので、ローランス画面で燃費情報等をモニターできるよう設定を教えていただいた。

ジムクォーツさんの2014年版のパンフレットを見ると、ローランス用に日本水路協会のニューペックと同じ等深線の『テラ・精密地形ファイル』(6,480円~17,280円)が新しく販売されているようだ↓
Photo_3

これで高価なシェープファイルを購入して自分でlcmファイル(ローランスのチャート用等深線マップ)に変換する手間がなくなった。
ローランス導入に迷っている海のボート釣り師にとっては朗報。

Point-1(ポイント・ワン)とインサイト・ジェネシスについて↓
Point1

GoFree Wifi1(ゴーフリー・ワイファイ・ワン)について↓
Gofree

これは、魚探画面が見れないゲストにはありがたい機能だ。

さてと、これからMiniを見に、ビーチバムへ行くとするか。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月 4日 (火)

モバキャッチは・・・

ワイズギアさんにモバキャッチの件で問合わせると、

なんと

①モバキャッチは最近のスマートフォン(Xiスマホ)に対応してない

②ドコモの携帯電話(ガラケー)の最新機種に使えない可能性が高い

とのことだった。

知らなかった~(>_<)

モバキャッチは、スマホが登場する前のモバキャッチ発売当時(2010年)に存在した既存の端末(対応機種:NTTドコモ 903i(703i)シリーズ以降のFOMA端末に対応)を想定して開発された携帯電話用外部アンテナであるため、当時のドコモのFOMAガラケーなら有効だそうだ。

最近のガラケーやスマホは2010年当時のガラケーよりもアンテナの性能(電波受信性能)が向上しているものが多いらしく、モバキャッチの電波増幅がほとんど役に立たないようだ。

三浦半島西~南西沖3-5海里以上沖は、2年ちょい前のスマホ(SH-01D)ではつながらないことが多かったけど、最新型のスマホやガラケーは本当にアンテナの性能が向上しているのかな?

最新型ガラケーやスマホ、受信電波についてもうちょっと調べてみることにする。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月 3日 (月)

スマホ&タブレットの電池を節約する方法

電波の受信状況がよくない海上では、弱い電波を何とか受信しようとして電池を余計食うため、スマホの電池が持たない。
バッテリー容量が大きいタブレットの電池は、スマホよりは随分持ちがいいけど、それでも陸上よりも電池の消耗が激しい。

釣りで電波状況が悪い沖合へ出る時は、いつも予備バッテリー2つのほか、充電用バッテリーも持参している。
それでも「圏外」となると、電池を消費させないために「機内モード」にするか、電源を「OFF」にしていた。

しかし、「機内モード」では、インターネットばかりでなく、非常時にかかってくる電話も受信できない。

防水タブレットがあるのでスマホはもう不要、スマホから海上での電池の持ちがいいガラケーに乗り替えようかと思い立って、先ほどドコモショップに行ってきた。

店員さんに海上でのスマホやタブレットの電池の消耗について何かいい方法ないか相談すると、「機内モード」にするのではなく、「モバイルネットワーク」から「データ通信を有効にする」のチェックを外すことを教えられた。
こうすると電池を一番食うインターネットの電波(3GやLTE)をOFF、携帯電話の電波はONということになり、電池の持ちが格段に向上するとのこと。

そんなことできるなんて知らなかった~(^_^;)

これでガラケーに乗り換える意味がなくなった。

何だかとても得した気分(^^)v

せっかく良いこと教えてくれた店員さん、余計な買い物しなくてすんでありがとう&ご免なさい!(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

安全面の艤装で迷っていること

ミニボートだからエンジントラブル等で漂流したときのことを想定しておかなければならない。

1.予備のアンカーロープ100m購入済。

2.プレジャーボート保険に加入済。
搭乗者傷害危険担保特約、捜索救助費用担保特約を含めて、賠償額は上限額とした。

3.安全装備品としてシーアンカー購入済。

4.BANに加入済。

安全装備の導入等で迷っているのは次のこと。

ポール状のレーダーリフレクターをコンソールに取付けるべきかどうか、モバキャッチ(ドコモFOMAの船舶用アンテナ)を取り付けるべきかどうか、国際VHF無線(5Wのハンディタイプ)を導入すべきかどうか。

マリーナやBANとの通信手段は携帯電話のみとは心細い。
三浦半島西沖(マリーナから3海里以上沖)の携帯電波の受信状態がよくないから。

モバキャッチが優先かな???

進水の時にマリーナに相談してみよっと。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月 2日 (日)

Mini用のタモ網とシーアンカー購入

ビーフレンズさんにて、タモ網(BIGサイズ)、シーアンカー&フロートを購入してきた。
1

Miniには最新型のミンコタ製のアイパイロットを艤装するから、シーアンカーはあくまでバウモーター故障時やエンジントラブル時の予備品として購入。

シーアンカーはオーシャンサウス製のMサイズ(20ft用)↓
2

3

これはコンパクトでとても安い。
予備のシーアンカーだからこれでも十分役に立つはず。

タモはスーパービッグサイズも置いていたが、一回り小さいビッグサイズにした。
これでも25キロ前後の魚なら入る。
もしタモに入らない大物が掛かったらギャフを使えばいい。
Miniの舷が、今までのボートに比べて低いので、ギャフでも大物を取り込める。

近場でモロコ見つけて、ギャフで取り込んでみたい・・・(妄想)

来週から本格的な艤装が始まる。

Miniの完成が楽しみだ(^O^)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月 1日 (土)

Miniの状態(2014/3/1)

本日出撃されたKさんと真南風丸のIさんから写真が届きました。

いつもありがとうございます。

コンソールと船体の合体間近です↓

1

2

3

4

5

6

7

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »