« 竿納め(2014/12/26) | トップページ | ミンコタI-Pilot復活 »

2015年1月11日 (日)

秋谷沖で初釣り(2015/1/9)

平日だが休みを取って初釣り。
ビーチバムメンバーとして初出港だったようだ。

出港前にいつものエンジン水通し↓
Photo

いざ初出港↓
Photo_2

沖へ行くほど北風の影響で海面がポコポコしてきた。
無理せずゆっくり亀城の深場に向かう。
17ftのオープンボートだから、すぐにずぶ濡れ・・・(-_-;)
寒さがこたえる・・・(T_T)

海況的には深場もなんとか釣りになりそう。

ミンコタI-Pilotを下して1流し目。

いきなりスミヤキに仕掛を切られ、魚探を見ると付近一帯はサバの群れ濃く移動。

珍しくサワラの跳ねが見られたが、タックル持ち合わせず。

スミヤキとサバを避け、思い切って秋谷の深場へ北上。

2流し目に本命らしきアタリで追い食いをさせる。

巻き上げると、45位と40位の2点掛けだった↓
2

ホタ針18号、ハリス6号、ハリス50センチ、ハリス間1m、4本針仕掛けを自作。
落ちのアカムツは、深海の急なかけ上がりを流すから、底付近にいるアカムツでも4本針仕掛けで攻める。
フラットなポイントなら2-3本針で十分。

追加を狙ったが、潮の流れがなく、すぐにアタリが遠のいた。

カラスザメ、シロムツ、ギンメ、スミヤキ、深海鮫がしばらく続き、そうこうしている内についにアタリがなくなった。

上げ潮が動き出す13時過ぎまで我慢の時間が続く。

13時半過ぎ、やっと潮が動き出した途端、45オーバーの良型1本追加↓
Photo_3

3本獲れたのでアカムツは十分。

最後の1流しは、一か八かアコウダイ狙い。

粘って流し続けてアタリを2回確認できたが、どうも本命っぽくない。

30分我慢して巻き上げると、本命なし。
アタリの正体は、トウジンとタチモドキであった↓
Photo_5

タチモドキは久しぶりだったのでタチモドキ単独で記念撮影↓
Photo_4

この日のキープ↓
3

タチモドキを持ち帰らなかったが、ネットで調べるととても美味しいらしい。
タチモドキ、キープすればよかった。

夕暮れ時のビーチバム。
幻想的で美しい↓
Photo_6

秋谷沖のアカムツ釣り(動画)↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 竿納め(2014/12/26) | トップページ | ミンコタI-Pilot復活 »

アカムツ釣り」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

謎の生き物」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/58544388

この記事へのトラックバック一覧です: 秋谷沖で初釣り(2015/1/9):

« 竿納め(2014/12/26) | トップページ | ミンコタI-Pilot復活 »