« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月

2015年1月22日 (木)

おいしい魚に大満足(^o^)

1年ぶりに釣ったアカムツ(のどぐろ)を最近堪能している。

アカムツも続くと飽きるが、1年ぶりに食べるとやはりおいしい。

冬はやっぱりしゃぶしゃぶ↓
Photo

定番の炙り↓
脂が相変わらず凄い。
Photo_2

4日間西京味噌に漬けこんだ西京焼き↓
こりゃあ当然旨い!
Photo_3

炙りと西京焼きの匂いに釣られて、我が家のネコ助カイにゃん太郎先生が反応して近寄ってくる↓
1

2

カイにゃん太郎先生にアカムツ食べさせたいけど、メタボにさせるわけにいかない。

ごめんよ~m(__)m

諦めてふて寝するカイにゃん太郎先生↓
3

締めに当然おじや↓
1_2

脂が凄いから、灰汁と一緒に浮いた脂も丁寧に取り除いて、出し汁を適当に追加する。

仕上げに溶き卵を流し込んで↓
2_2

完成↓
3_2

アカムツのおじやはコクがあって、最高!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2015年1月21日 (水)

深海鮫ばかりで撃沈(2015/1/18)

べた凪予報だったので、ビーチバムから10海里のアコウダイか、5海里のアブラボウズを狙うつもりで出撃した。

朝のうちは沖は17ftに厳しい風。

安全のため、アカムツ場でしばらく時間をつぶすことにした。

なんとか1つ。

10時過ぎて風が収まったので、近場のアブラボウズを狙うことにした。

移動する前にアカムツ場にいらっしゃるビーチバムメンバーにご挨拶。

Kさん↓
(この日アカムツ6本キープ)
K

アカムツ初挑戦のHさん↓
(この日アカムツ5本キープ)
H

お二人ともアカムツの釣果ばっちりでした(^^)v

しかし、こちらのアブラボウズ狙いの方は、深海鮫の入れ食いで仕掛けロスばかり。
4つ作ってきた専用仕掛けが立て続けにパー。
結局アブラボウズ狙いは撃沈(T_T)

鮫さえいなければ・・・・・
アブラボウズと全く勝負ができなかった。

仕方なくキンメ&クロムツ狙いに変更。
10本針胴付仕掛けで2流しするがこちらも撃沈。

最後の1流しは、アカムツ狙い。

仕掛け投入中にKさんがこちらに近づいてきた。

Kさんに撮っていただきました↓
(富士山背景がうれしいです)
Mfmini

上がったKさんにご挨拶した後、アカムツ1つ追加。

これにて私も上がった。

上架直前にビーチバム近くでIさん↓
(良型の鬼カサゴと良型のアラをキープ。うらやましい。)
M

この日の私のキープはこちら↓
(アカムツの長さはほぼ同じなのに、眼玉の大きさと太り方が全然違う。)
150117

次はIさんみたいに鬼カサゴ&アラを狙おうかな。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2015年1月11日 (日)

ミンコタI-Pilot復活

最近調子が悪かったI-Pilotだったが、ビーチバムメンバーに電源差込プラグ部分の腐食(酸化?錆?)が原因と指摘され、早速差込プラグを紙やすりで磨いて汚れをざっと落としてみた。

接触不良を起こしている差込プラグの状態↓
Photo_7

紙やすりでを擦って適当に磨いた後の差込プラグ↓
Photo_8

接点回復スプレーは、「BOLL接点復活剤スプレー」(SF-100S)を使用↓
Boll

ビーチバムメンバーのHさんにはKUREの「CRCコンタクトスプレー」を勧められたが↓
Kure

近くのホームセンターに在庫がなく、たまたまビックカメラに寄った時「BOLL接点復活剤スプレー」という接点専用スプレーがあったので使ってみた。

スプレー後の差込プラグ↓
1

スプレー後の電源ソケット↓
2_2

早速プラグを電源ソケットに差し込んでリモコンのスイッチを入れると、一発でI-Pilotとリモコンが同期できた↓(^^)v
Photo_9

これで安心して釣りができるぞ\(^o^)/

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

秋谷沖で初釣り(2015/1/9)

平日だが休みを取って初釣り。
ビーチバムメンバーとして初出港だったようだ。

出港前にいつものエンジン水通し↓
Photo

いざ初出港↓
Photo_2

沖へ行くほど北風の影響で海面がポコポコしてきた。
無理せずゆっくり亀城の深場に向かう。
17ftのオープンボートだから、すぐにずぶ濡れ・・・(-_-;)
寒さがこたえる・・・(T_T)

海況的には深場もなんとか釣りになりそう。

ミンコタI-Pilotを下して1流し目。

いきなりスミヤキに仕掛を切られ、魚探を見ると付近一帯はサバの群れ濃く移動。

珍しくサワラの跳ねが見られたが、タックル持ち合わせず。

スミヤキとサバを避け、思い切って秋谷の深場へ北上。

2流し目に本命らしきアタリで追い食いをさせる。

巻き上げると、45位と40位の2点掛けだった↓
2

ホタ針18号、ハリス6号、ハリス50センチ、ハリス間1m、4本針仕掛けを自作。
落ちのアカムツは、深海の急なかけ上がりを流すから、底付近にいるアカムツでも4本針仕掛けで攻める。
フラットなポイントなら2-3本針で十分。

追加を狙ったが、潮の流れがなく、すぐにアタリが遠のいた。

カラスザメ、シロムツ、ギンメ、スミヤキ、深海鮫がしばらく続き、そうこうしている内についにアタリがなくなった。

上げ潮が動き出す13時過ぎまで我慢の時間が続く。

13時半過ぎ、やっと潮が動き出した途端、45オーバーの良型1本追加↓
Photo_3

3本獲れたのでアカムツは十分。

最後の1流しは、一か八かアコウダイ狙い。

粘って流し続けてアタリを2回確認できたが、どうも本命っぽくない。

30分我慢して巻き上げると、本命なし。
アタリの正体は、トウジンとタチモドキであった↓
Photo_5

タチモドキは久しぶりだったのでタチモドキ単独で記念撮影↓
Photo_4

この日のキープ↓
3

タチモドキを持ち帰らなかったが、ネットで調べるととても美味しいらしい。
タチモドキ、キープすればよかった。

夕暮れ時のビーチバム。
幻想的で美しい↓
Photo_6

秋谷沖のアカムツ釣り(動画)↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »