« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月 7日 (木)

深場の手巻き修行(2016/4/6)

来週の同級生との飲み会に提供するアカムツ確保のため、急きょ平日出撃した。

電動リールバッテリーを積み忘れたことに気が付いたが、時すでに遅し。

すでにビーチバム近く。

ボートに電動リールコンセントを1つ艤装しているので、それを使えばいいが、充電状態に不安あり。

8時過ぎ出港。

1流し目、スカ。

そのポイントの底潮が止まっているらしく、潮どまり定番のカラスザメがついてきた↓
Photo_2

2流し目、粘っていると底潮が流れ始めたようで、アコウダイぽいアタリで巻き上げるとやっぱりアコウダイ45センチ↓
Photo

水深300mオーバー。

同じポイントを再び流すと、アカムツぽいアタリ。
巻き上げるとすぐに電動リールの電源が落ちてしまった。

充電不足のようだ。

仕方なく手巻き。

オモリ180号。

慎重に巻いてもうまく一定のテンションで巻き上げることができず、途中で針が外れてしまった。

釣り針にそっくりエサが残っていたので、逃げた魚はたぶん本命のアカムツ。

口の弱いアカムツなので、テンションを一定にしにくい手巻きだと上げるのは難しくなる。

でもたった3流しでアカムツを諦めるわけにはいかない。

それからというもの、気合と根性で水深250m-400mをオモリ180号の手巻き修行(T_T)

やっと本命っぽいアタリで上げても途中で外れてしまう。

変なアタリで上げると、35㎝位のクロムツとユメカサゴがついていた↓
Photo_3

極めつけに、PEラインの高切れ2回。

450-500m位巻いていた電動リールのPEラインが、予備リールを含め仕掛けごと各200-300m分ロストしてしまい、ついに深場釣りができなくなってしまった(T_T)

アカムツ釣りを諦め、戻りながらルアーロッドでナブラに向けてキャスト。

ワラサか、あわよくばブリか鰆でも来ればラッキーだけど、掛かるのはサバばかり。

次回深場釣りのエサ分キープして釣り終了。

戻ると、早上がりしたKさんはアカムツ3つの他、ヒラメをあげていらした。

うれしいことに、飲み会用にとアカムツ2ついただいてしまった↓
Photo_4

Kさん、ありがとうございます!

お返しは必ずさせていただきます。

この日のキープ(アカムツはいただきもの)↓
Photo_5

我が家のネコ助がアコウダイに興味津々(笑)↓
1

2

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2016年4月 1日 (金)

肉体改造実行中

昨年8月以来、週2回ジムに通って1時間筋トレ、仕上げに有酸素運動として30分間、高負荷をかけたエアロバイク継続中。
その他週2回程度、自宅でダンベルにてジムで鍛えていない別な筋肉をトレーニング。
鉄アレイ6㎏と10㎏あるが軽すぎるので、ダンベル30㎏×2セットを購入。

昨年10月初めに目標としていた体脂肪率が15%を切り、減量一時中止。

以来、食事の内容に気を付けながら、筋肥大メニューに方針変更した。

減量を中断した2015年10/10時点のサイズは、次のとおり。

身長186㎝
体重75.3㎏(BMIは21.82)
体脂肪率14.2%…標準マイナス(体重計)
胸囲106㎝
ウエスト81㎝
ヒップ93㎝
基礎代謝 1800kcal前後(体重計)

その後、食事の内容に気を付けながらバルクアップに方針変更し現在に至る。

2016年3/31現在のサイズは次のとおり。
(BMIその他からしてややマッチョ?)

身長186㎝
体重88.2㎏(BMIは25.49)
体脂肪率20.8%…標準プラス(体重計)
胸囲113㎝
ウエスト89㎝
ヒップ96㎝
基礎代謝 1950kcal前後(体重計)

体重・体脂肪率が増え、減量始める直前の2014年9月時点の体重とほぼ同じくらいに戻ってしまったが、体形が当時と全然違う。

その時のウエストとヒップはたしか100㎝位あった。
胸囲は110㎝弱だったし、太ももや腕は今よりもっと細かった。
体全体に結構脂肪が乗っていた状態だったし。

見た目明らかに数キロ以上脂肪が減り、逆に胸、背中、太もも、腕の筋量が数キロ以上アップした。
体重増に伴い基礎代謝が2000kcal近くまで増えた。

ウエストが増え、うっすら見えていた腹筋が見えなくなってしまったけど、減量すればまた見えてくるので、体脂肪増は筋肥大へ肉体改造中ということで割り切っている。

メタボおやじ体形は克服したけど、もうちょっと筋量を増やして脂肪を落としたい。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »