« 肉体改造のその後(中性脂肪激減) | トップページ | 久し振りに出航(2016/11/14) »

2016年7月29日 (金)

久し振りにアカムツ狙い(2016/7/24)

4月6日以来↓のアカムツ狙い。
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/201646-5572.html

前回のアカムツ狙いはボーズだったが(心やさしい仲間のK松さんが私の同級生のために2匹もおすそ分けしていただいた)、この日の出港は平日のためか私だけ。

娘がアカムツのしゃぶしゃぶが食べたいというので、頑張って釣らなければならない。

そういえば、妻子は1月の初釣りで釣ったアカムツを食べて以来食べていない。

平日なので8時出港。

11時半ごろまで潮が流れず、釣れるのはカラスザメ中心に、ユメカサゴ、シロムツだけ。
この時期深いほうが数型ともに釣れる可能性が高いので粘るが、深いほうは本命からの魚信がなく、時間が過ぎてくると、「今日は深いほうには魚はいないのではないか?」と迷いが出てきた。

水深50m以上浅いほうにポイントを移動した途端、潮がそろりと動き出し、35㎝位のクロムツが釣れる。

その次は32㎝の太ったアカムツ。

その次は35㎝のやせ気味頭でっかちのアカムツ。

しかしその後はスミヤキばかりになり、干潮潮どまりの14時沖上がり。

上げ潮が動き出せばまた食うかもしれないとは思いつつも、暑くてギブアップ。
実質2時間くらいが勝負だった。

この時期の浅いほうは釣れても35㎝以下の小型が多い。
40ー50㎝級の数型を狙うなら深いほうが確率高いように思う。

また、潮が動いているタイミングに魚が居る(回遊する)ポイントに入っていることが高確率で釣る秘訣になると思う。

潮が動いていれば日中より未明~早朝のほうが経験的にアカムツの食いがいい(前のマリーナで経験済)。

今の置き場は早朝出港ができないので、朝の時合いをあきらめるしかない。

しかし、我が家で食べるにはアカムツ2クロムツ1で十分。

この日のキープ↓
Photo_5

2日後、クロムツの炙りとアカムツのシャブシャブ、締めのおじや↓
Photo_6

Photo_7

Photo_8

アカムツ・クロムツは3人家族でも食べきれず、残りは焼きもの用に冷凍中。

スミヤキは刺身とナメロウにしてご近所に進呈、ユメカサゴは我が家のネコ助にゃん太郎のおやつにした。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 肉体改造のその後(中性脂肪激減) | トップページ | 久し振りに出航(2016/11/14) »

アカムツ釣り」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

深場の釣果」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/66740766

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りにアカムツ狙い(2016/7/24):

« 肉体改造のその後(中性脂肪激減) | トップページ | 久し振りに出航(2016/11/14) »