« 納竿釣行(2016/12/25) | トップページ

2017年1月 5日 (木)

肉体改造のその後(バルクアップ経過)

メタボ解消目的で平成26年11月からダイエットを始め、平成27年8月からジムに通っている。
ジムに通いはじめて今月で1年半になる。

身長186㎝位。
ダイエット前の体重が91㎏。
今の体重が91-92㎏を行ったり来たり↓
Photo

この間、脂肪を落とす目的で体重を平成27年10月時点で75㎏台まで落としたが、その後筋肥大目的に方針を変え、トレーニング&食事管理により先月時点で93㎏位まで増量。

体重はダイエット前とほぼ同じだけど、体形が別人のように変わったようだ。
自分ではあまり自覚がないが、人からよく言われる。
以前の私を知っている人からは痩せた?ともよく言われる。
体脂肪が落ちたからだろう。
感覚的には全体的に脂肪が10㎏落ちて、筋肉が10㎏増えたイメージだ。

体重計上の筋肉量、骨量↓
Photo_3

Photo_4

当時は、胸囲110㎝弱、ウエスト100㎝位、ヒップ100㎝位で、お腹が突き出たおやじ体形だった。
現在は、胸囲115㎝位、ウエスト88~90㎝位、ヒップ97㎝位になり、メタボ体形は解消。
あと8キロ増えると、身長が同じ位の五郎丸や室伏と同じ体重になる(同じ体重でももっと絞らないと^^;)。

今はバルクアップ強化中なので腹筋が脂肪で隠れてしまったが、メタボ腹はすでに解消済。
7-8㎏減量すればまた腹筋が見えてくるだろう。
当時の基礎代謝は1850kcal前後、現在は2000kcal前後(体重計上)↓
Photo_2

服が少々窮屈になってきた。

ベンチプレスは、ジムに通い始めた直後は70㎏3レップがやっとだったが、今は100㎏を8レップ位。
1レップだけなら、気合い入れれば110㎏あがるかもしれない。

しかし、関節や、筋肉の柔軟性、瞬発力、持久力等は年々衰えていくのは如何ともしがたく、いくらトレーニングしても若い人のように鍛えられない。
10代20代のときの感覚で重量にチャレンジしてしまうと、肘、肩、腰を痛めてしまいやすいことがこの身をもって知った。
52才という年齢からして当然といえばそうだ。
ケガしてしまうと元も子もない。
今は、重量を増やしていこうという考えを捨て、狙った筋肉に効かせるフォームを意識したウェイトトレーニングを心掛けている。

現在ジムには週4回位。月15-20回通うことを心掛けている。
仕事が終わった20-22時頃、または休日の空いている時間に通っている。
ウェイトトレーニングは、胸、背中、肩、腕、脚、腹筋と、毎回鍛える部位を変えての組み合わせで1時間位おこなった後、仕上げは体脂肪を落とす目的で有酸素運動を30-40分行なっている。

体力がついてきたので一時、ハーフマラソンにチャレンジしようとも思ったが、凝り性の性格から有酸素運動のし過ぎで、頑張って付けた筋肉を落としたくないのでやめた。
あくまで均整の取れた体形を維持することが目的なので。

3月一杯まで筋量・筋力強化期間とし、4月からは3か月計画で体脂肪を落とす強化期間とする。

今のジムは設備の種類が限られているから、ちょいと不満。
そのうち、大塚のゴールドジムにジム替えしようと思う。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

« 納竿釣行(2016/12/25) | トップページ

ダイエット・減量」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280514/69125496

この記事へのトラックバック一覧です: 肉体改造のその後(バルクアップ経過):

« 納竿釣行(2016/12/25) | トップページ