釣り

2016年12月28日 (水)

納竿釣行(2016/12/25)

今年は休みが取れずあまり釣りに行けなかった。

妻から大好物のアマダイのリクエストがあったので、仕掛けとエサを用意したが、三戸浜周辺のアマダイポイントがよくわからない。
今年最後の釣りかもしれないので、手堅くボーズの確率が低いアカムツから始める。

浅いほうから探り始め、8時ごろ1つ目。
でも群れを見つけられず、深めの方まで移動しながら、あちらこちら探る。

城ケ島マリーナのボート仲間のREDSTAR号のトオルさんと遭遇↓
Redstar_2

アコウダイ狙いとのことで、この後良型の本命とアカムツが上がったそうだ。
トオルさんの釣行記↓
http://www.turi-kiti.com/fishing/161225/161225.htm

その後本命がぽつぽつと当たって、11時ごろまで何とか3つ追加。

12時ごろ水面下2~3m付近の取り込み直前でバラシ1。
型は45㎝以上ありそうな良型だったので少々悔しかった。

市販の仕掛けを使っていたため、針が小さくて食い込みが浅く、掛かりどころによっては外れやすい。特に良型~大型は。
仕掛けを作る時間がなかったので少々のバラシも覚悟していたけど・・・

昼からアマダイ狙いに変更。
1流し目に小型のマハタが来た。
同型のアマダイより実はうれしい。
その後、2時間位探るが、トンボ、トラギス等の入れ食いでやる気がなくなり14時に釣り終了。

この日のキープ↓
マハタ33㎝、アカムツ32ー37㎝と、全部小ぶり(>_<)
Photo_3

小型のチカメキントキは↓は、我が家のネコ助にゃん太郎様のためにキープ。
Photo_4

にゃん太郎様はチカメキントキがかなりお気にめされたようで、がつがつ食べていた。
確かにチカメキントキは甘味・旨みが強いおいしいお魚だ。
型がもうちょっと大きければ、人間様用にキープしたのに・・・

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2016年12月20日 (火)

アカムツ狙い(2016/12/18)

ボートのバッテリー交換と中間検査が終わったので1か月ぶりに出撃した。

この日はアカムツのリベンジ釣行で、釣れたらアマダイ狙いを予定していた。

まずアカムツ狙い。
浅いほうから探った。
潮が止まっていたのでしばらく沈黙が続く。
やっと下げ潮が動き始めた9時から11時の2時間でぽつぽつと当たり、アカムツ4つと30センチ位の小型のムツ1つキープでき、お土産確保。

正月用のアマダイに狙いを変えようかと思うが、面倒になり、そのままアカムツを狙い続けることに。

しかし、再び潮が止まってしまい、無風状態でボートもほとんど動かない。
案の定、スミヤキとカラスザメの猛攻が始まった。

移動を繰り返すが、どこもかしこもスミヤキだらけ。

2時間粘っても状況が変わらず、13時すぎ釣り終了。

ボートを最近乗り換えたばかりのリアン号に遭遇↓
Photo

魚探とレーダー調整で出航されたとのこと。

この日のキープ↓
アカムツの最大は43センチ。スミヤキは10本以上釣れたが、1つだけキープした。
Photo_2

釣果は一部炙り用にサク取って、残りは全部干物に↓
Photo_3

Photo_4

ところでこの日、ビーチバム仲間のKさんがミニボートでベニアコウを狙い、水深1000m弱のポイントで見事に本命捕ったとLINEが来てびっくり↓
1

Photo_5

べた凪予報だったので思い切って狙ったそうだが、そのチャレンジ精神、根性に脱帽した(゜o゜)
超うらやましいが、ミニボートでベニアコウ場へ出る根性なし(^^;)
船検は15海里取っているので、合法的にベニアコウ場へ行けるけど。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2016年11月23日 (水)

今度はバッテリートラブルで撤収(2016/11/20)

前回のリベンジで出航。
出航直後、電動リール用のバッテリーを車に忘れたのに気づくが(大バカ者^^;)、ボートの電動リール用コンセントを使えばいいやということで、そのまま出航。

1流し目、キンメ小。

場所を変え2流し目、ユメカサゴ中。

場所を変え3流し目、ボートの電動リール用コンセントに繋がれているバッテリーの電圧不足?でリールが止まってしまう。

どうやらボートのバッテリーが寿命のようだ。

手前は前オーナーが取付けたバッテリーで、始動用と電動リールの電源と兼ねている。
奥は、ミンコタのI-pilot(バウモーター)用とGPS魚探用のバッテリーで、購入時に追加で取り付けたもの。
Miracle_fisher_mini_10

前オーナーが取付けたバッテリーは5年~10年位?前のもの。

寿命なら仕方ない。
(うすうす寿命に気づいていたが^^;)

アカムツ狙いはきっぱりあきらめ、ジギングへ方針転換。
城ケ島周辺の鳥山を探すが見つからず。

適当な根回りでワラサかサワラかヒラメを狙ってジギング。
でも掛ったのはイナダ、サバ、エソ。
全部リリース。

昼前に撤収。

煮つけ用にキープ↓
Photo_9

海はべた凪で絶好のボート釣り日和↓早上がりとは悲しい(T_T)
Photo_7

Photo_8

ビーチバムにバッテリー交換を頼んだ。

次回こそリベンジだ!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

久し振りに出航(2016/11/14)

仕事が超多忙で、お盆休み以降休んでいなかった。
70日連続勤務明けの出航。
前回の釣行は7月。
久し振りなのでエンジンの調子が不安だったが、始動。
Photo

バッテリーの充電状態も少し不安があったが、無事出航できた。いつものようにアカムツ狙いで近場を探索する。

この時期のアカムツは産卵後で、浅場にいてもおかしくないので、水深200m前後の実績ポイントを2流しほどするがスカ。
方針を変えて落ち始めの個体を拾うため、移動して水深400m付近から探る。

着底後、しばらくするとアコウダイらしきアタリがあって、軽く向こう合わせすると針にガッチリかかる。
巻き上げ始めた直後、電動リールが巻けなくなってリールがご臨終。

当初モデルのフォースマスター3000番にPE4号を450m位巻いて、アカムツ狙いの深場釣りにオモリ150ー200号を背負わせて酷使してきたので、すでにメンテ不能状態。
いつ壊れてもおかしくないリールだったが、4か月近く動かさなかったので、ついにギヤが固着してしまったようだ。

やむをえずPEラインを手で手繰る。
さすがに400m近くを手繰るのは初体験。
PEはぐちゃぐちゃで再利用不可。
日頃トレーニングしているものの、オモリ200号+獲物付を巻くのは結構大変だった。

さらにI-pilotのリモコンの電池切れで、バウモーターが作動しなくなってしまった(>_<)

釣りはこれにておしまい。

上がるのは早すぎるので、バッテリー充電のためしばらくクルージングして上がった。

この日の獲物(50センチちょいのアコウダイ)↓
Photo_2

丸3日冷蔵庫に寝かせて、アコウダイのしゃぶしゃぶ鍋↓
Photo_3

Photo_6

これでもごく一部、残りは煮つけ・湯引き用に冷凍。

仕上げにおじや↓
Photo_5

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2016年5月29日 (日)

釣り物に迷って(2016/5/28)

トレーニングでストレス発散しているからだろうか?
それとも深場釣りばかりしているからだろうか?

最近釣りの情熱がなくなってきた。

さて、出撃することに決めたけど、何を釣ろうか?

アオリイカ、マルイカもいいし、久し振りに生きた小魚を釣って泳がせてヒラメを狙ってもいい。
しかし妻子のリクエストは、アカムツかアコウダイ。

ジギングで青物なんかもやってみたい。

ビーチバムのレンタルロッカーにひと通り道具を置いている。
仕掛けも全部用意している。

狙いが決まらないまま、全部ボートに道具、タックルを積み込んで出港。

航路を過ぎた浅場に小イワシの反応あり。
早速ボートを止め、100円の特価サビキでコマセなしのショットガン釣り。
サビキによくヒットするが、なかなか針掛りしない。
ダメなサビキ仕掛けだったようだ。
30分少々釣って生きたカタクチイワシ5つだけ(-_-;)

時間がもったいないので移動。

イワシが手に入ったので、ボーズ覚悟で特大ヒラメ狙いに水深100m付近のポイントに到着。
付近の大アジの群れらしき魚探反応を見つけてはヒラメ用のオリジナルワイヤー仕掛けを落とす。

ワイヤー仕掛けは、釣り仲間である川奈観光ボートハウス(http://kawana.mykaizu.com/blocks/index/006)店主Mさんから教えていただいた仕掛けだ↓
http://mykaizu.postserv.org/blocks/index/011

ワイヤー仕掛けなので、特大ヒラメが掛かって仕掛けを飲み込まれてもハリス切れの心配なし。
10キロオーバーのヒラメに仕掛けを丸飲みされても大丈夫。

生きたイワシをイケスから取り出して仕掛けをセットし大アジの群れの中に投入。

完全置き竿。

暇なので、コマセなしのビシ2本針片テンビン仕掛けで大アジ釣りも開始。

35-40㎝位の大アジ(沖に付くいわゆるノドグロアジ・・・おいしくない)が順調に釣れて、小サバ混じりに20匹近くイケスを埋めた。

結局ヒラメは当たらず撃沈。

沖の大アジは脂なくおいしくないから、1つキープして残りは全部リリース。
アジフライや南蛮漬けにすれば脂なくてもおいしく食べられるが、魚の処理、料理を妻が一切やってくれない。
めんどくさいので持ち帰らず。

いつものワンパターン、深場釣りに変更。

城ケ島西方面から順次探り、3か所目でアコウダイのアタリ。
51㎝2キロ位の中型のアコウダイだった↓
Photo

巻き上げ中、ビーチバムメンバーのHさんが近寄ってきた↓
Photo_2

それから同じポイントを一緒に流すが、私はサメに仕掛けをやられて戦意喪失。
1つで十分なのでポイントをHさんに譲って撤収。

この日のキープ↓
Photo_3

超久しぶりにトウジンさんもキープ。
アコウダイと一緒に鍋に。
脂なしのアジはナメロウへ。
(小サバは次回の短冊エサ)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2016年4月 7日 (木)

深場の手巻き修行(2016/4/6)

来週の同級生との飲み会に提供するアカムツ確保のため、急きょ平日出撃した。

電動リールバッテリーを積み忘れたことに気が付いたが、時すでに遅し。

すでにビーチバム近く。

ボートに電動リールコンセントを1つ艤装しているので、それを使えばいいが、充電状態に不安あり。

8時過ぎ出港。

1流し目、スカ。

そのポイントの底潮が止まっているらしく、潮どまり定番のカラスザメがついてきた↓
Photo_2

2流し目、粘っていると底潮が流れ始めたようで、アコウダイぽいアタリで巻き上げるとやっぱりアコウダイ45センチ↓
Photo

水深300mオーバー。

同じポイントを再び流すと、アカムツぽいアタリ。
巻き上げるとすぐに電動リールの電源が落ちてしまった。

充電不足のようだ。

仕方なく手巻き。

オモリ180号。

慎重に巻いてもうまく一定のテンションで巻き上げることができず、途中で針が外れてしまった。

釣り針にそっくりエサが残っていたので、逃げた魚はたぶん本命のアカムツ。

口の弱いアカムツなので、テンションを一定にしにくい手巻きだと上げるのは難しくなる。

でもたった3流しでアカムツを諦めるわけにはいかない。

それからというもの、気合と根性で水深250m-400mをオモリ180号の手巻き修行(T_T)

やっと本命っぽいアタリで上げても途中で外れてしまう。

変なアタリで上げると、35㎝位のクロムツとユメカサゴがついていた↓
Photo_3

極めつけに、PEラインの高切れ2回。

450-500m位巻いていた電動リールのPEラインが、予備リールを含め仕掛けごと各200-300m分ロストしてしまい、ついに深場釣りができなくなってしまった(T_T)

アカムツ釣りを諦め、戻りながらルアーロッドでナブラに向けてキャスト。

ワラサか、あわよくばブリか鰆でも来ればラッキーだけど、掛かるのはサバばかり。

次回深場釣りのエサ分キープして釣り終了。

戻ると、早上がりしたKさんはアカムツ3つの他、ヒラメをあげていらした。

うれしいことに、飲み会用にとアカムツ2ついただいてしまった↓
Photo_4

Kさん、ありがとうございます!

お返しは必ずさせていただきます。

この日のキープ(アカムツはいただきもの)↓
Photo_5

我が家のネコ助がアコウダイに興味津々(笑)↓
1

2

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2016年1月12日 (火)

初釣り(2016/1/11)

昨年12月は、結局深場の釣り納めができなかった。

12月から3回連続強風で釣りができなかったので、釣りに出港できないストレスが溜まっていた。

予報が微妙だったが、今度いつ釣りに行けるかわからないので、三連休最後の昨日、予報を信じて出港することにした。

天気は曇り、風と小波を被ってずぶ濡れになるが、風が落ちるのを信じてしばし我慢。

アカムツ狙いで十数艇が最近の実績ポイント周辺にひしめいていたので、そこを避けて外れた実績ポイントを探る。

最初の西沖の2か所2筋を流したが、スミヤキ以外の反応なし。

移動。

ビーチバム船団の一番東側を1流ししても反応なし。

アカムツ狙いのボートが最近の実績ポイントに集まりすぎているので、更に東の実績ポイントへ大きく移動。

1流し目から40センチアップの本命と、ギス、スミヤキの3点掛け↓
3

40up

時間は10時ちょうど。

2流し目もレギュラーサイズの本命↓
Photo

その後しばらくポツポツと釣れ、7本上がったところで、久しぶりに対岸の実績ポイントをリサーチしたくなり移動。

バウモーターをスポットロックモードにして壁際のピンポイントに仕掛けを着底させる。

ほぼピンポイントに入ったところでスポットロックを解除し、0.3-0.4ノットでバウモーターにてボートを制御しながら流し、誘うとすぐに8本目の本命。

久しぶりにツ抜けできそうな予感がしたので、欲張ってもう1流し。

スミヤキが来てしまった。

壁際のマル秘ピンポイントに仕掛けを入れていきなり本命が釣れたので、このピンポイントの経験上本命が群れている予感。

続ければツ抜けできたかもしれないが、8本獲れれば配るにしても十分。

大人げないのでツ抜け狙いはやめた。

途中ビーチバム仲間のH艇、K艇(O艇)が釣れたポイントに入り、本命ゲットとのことだった。

近くのH艇↓
H

この日のキープ↓
20160111

ビーチバムスタッフに2本寄付。

次はいつ出撃できるか?

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2015年9月 2日 (水)

予報に裏切られ撃沈(2015/8/29)

久しぶりに高校の同級生Aと出撃した。

キハダかカツオを釣らせたかったが、前日の予報に反して北風が8m前後吹いていた。

迷ったが出港。

しかしミニボートでは沖出しできず、城ケ島南でアジとサバを釣って早上がりした。

Aはコマセ釣りでアジ&サバ↓
Photo

私はワラサかカンパチ狙いで、慣れないジギングで撃沈(>_<)

サバは深場用の短冊エサに7-8本キープ。

帰りは北風をまともに食らい、微速でもあっという間に全身ずぶ濡れ状態(T_T)

真冬だったら凍え死にそうだ。

ミニボートだから仕方ない。

最近釣れないから、次回こそいい魚を釣りたい。

そろそろアカムツやクロムツが釣れ始めてもおかしくないはず。

今シーズンの中深場釣りでは、ボート仲間のように幻の大アラも狙ってみたい。

この日の晩の同級生Aのアジ&サバ料理↓
Photo_2

Aはいつも奥さんに魚を捌かせるらしい。

我が家は、妻が魚下ろせないので、全部私が魚を捌く。

羨ましい。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2015年8月18日 (火)

アカムツもキハダも撃沈(2015/8/15)

出航時、ビーチバム前でHさん↓
1

2

ビーチバムではジギングの名士のお一人で、最近RAIJINの17ftに乗り換えたばかり。
私の17ftより全然ボリュームがあって速そう(^^)v

この日はまずアカムツ調査。

急潮注意報が出ているので干潮11時前後の潮が緩い時間帯勝負。

水深180m位の浅いほうから調査。

オモリ200号を背負わせてもラインが250m位も出る。
上潮の流れは速いが途中からそうでもなくなり、何とかアカムツ釣りになりそう。

しかし徐々に水深250m付近まで探るが、サメとユメカサゴばかり。

干潮11時前後は水深280-350m付近を流す。

チビなスミヤキとサメばかり。

アカムツはお留守だった。

次にキハダ狙いで城ケ島南まで動くが、探せず。

戻って、深場エサ用のサバと食べる分のアジをちょいと捕って14時釣り終了。

この日のキープ↓
Photo

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2015年8月 3日 (月)

コマセでアジ釣り(2015/8/2)

潮が速くて深場は釣りにならならないだろうとこの日は珍しくコマセでアジ釣り。

予備でジギングタックル、マルイカタックルをボートに積む。


順調に
35㎝前後のいいサイズのアジが釣れたので午前中で上がった↓Photo_7

沖上がり前にビーチバムメンバーのTさんにご挨拶↓
Photo_8

ボートの上架時に珍しくMさんにも遭遇↓

Photo_13


残念なのは釣れたのはマアジでも、脂なしのいわゆるノドグロアジ。

年中沖合の水深100m前後の深場で釣れるアジだ。

脂がないから刺身なら酢味噌、火を通すならアジフライにするならそれなりにおいしく食べられるが、数はいらない。

つい10匹以上キープしてしまったが、食べきれないからマリーナメンバーにアジを配る。


我が家は
3つのみキープ。


サバはアカムツ用のエサ、ミニな沖メバルは猫のエサ。

味見にシキシマハナダイを初キープ↓Photo_10

ボイルしたメバルを食らうネコ助カイにゃん太郎↓
Photo_11

近場に脂が乗った金アジはどこにいるのかな?

浦賀水道の脂が乗った金アジや黄金サバが懐かしい…

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

より以前の記事一覧