マリーナ

2014年1月21日 (火)

MiniはヤマハUF-17に決定

突然思い立って先月からMiracle Fisher Miniを物色し始めましたが、じっくり探している時間がなく、手っ取り早く中古のヤマハUF-17に決めてしまいました。

置場は、三浦半島の三戸浜のビーチバム。
多くの仲間がここにボートを置いてます。
ビーチバムは、20ftまでの小型艇限定の人気の置場で、いつも一杯、中々空きが出ません。

EX27Yを手放すことが決まり、Miniを物色中とブログをUPした直後、複数のボート仲間から話が来ました。
そのうち、ビーチバムのメンバーから、内々にビーチバムのボートが売りに出されているとの情報をいただきました。

早速ビーチバムに連絡してみるとヤマハのちょいと古いUF-17↓
Uf171

Uf172 

物は試しということで、日を改めて同型艇を同じビーチバムに置く仲間のボートに試乗させてもらうと、見かけによらず、近場の釣りに使う分には十分なボートでした↓
Uf174

気に入ったので即決めました。

釣りのポイントはビーチバムの目の前。
浅場から深場までほとんどの魚が狙えます。
近場を1人や2人で釣りするには小回りがきいて十分楽しめます。
トイレがないので、女性のゲストはお誘いできませんが(^_^;)

平成6年4月26日新造で船体年齢は約20年、係留歴もあって、ハルが少々くたびれていますが、船外機は4スト平成23年式のコマンドリンク対応のヤマハ40馬力。
エンジン換装後の稼働時間は非常に少なく、船外機の程度は上々。
丁寧に乗ってしっかり整備すれば、少なくても7-8年はエンジン持つでしょう。

とてもお手軽なボートなので、その場ですぐに決めてしまいました。

予定している艤装は次のとおりです(艤装のほうが高い!?)。
①船底塗装を剥がし、ハルをフル塗装(何色にするか迷ってます)
②ロランスHDS7のGen2Touchを新たに導入。貧弱なホンデックスはそのまま予備で残す(振動子はトランサム左側へ移設)。
③GPSの受信精度を向上させるためPoint-1を取付ける。スペースが窮屈なのでアンテナ架台を取付けてコンソール前方へ出す。
④ストラクチャースキャンと兼用できる新型HDI振動子をトランサム(右側)へ取付ける。
⑤後方のサイドレール(長)は取り外して撤去、前方(短)のサイドレールは少し前へ移設する(インスペクション穴を開けて裏当て補強)。
⑥後方のサイドレールはスギタニさんを真似て同じものを特注。裏当て補強(インスペクション取付)する。
⑦バウモーターは新品のミンコタRT55SP I-Pilot(シャフト48インチ)に17ft艇では長めの60インチにシャフト変更して取付ける。
⑧ミンコタ取付けのためにバウレールを加工する。
⑨ダブルバッテリーシステムへ変更。
⑩船外機とロランスを専用の接続コード(3mコードの【YAMAHAエンジンインターフェースケーブル】と長さがたりないときの予備で60㎝の延長ケーブル【N2K-EXT-2RD】を注文)でつなげる。F40船外機(コマンドリンク対応)がロランス本体でエンジン情報をモニターできるようなので。
⑪両サイドに強力なマグネット棒を取付ける(浅草釣具経由で特注)。
⑫ゲスト用のラーク台座を前方左右1か所ずつに取付け、裏当て補強(インスペクション取付)する。
(※後日デッキとコンソール含めた船体の全塗装を追加依頼。)

これらの艤装と船検6年の取り直しに2月一杯かかるようです。
ということで、デビューは3月予定です。
(※後日ハル以外にデッキやコンソールを含め全塗装することになったためボート引渡しは3月10日前後に延期。)

あまり乗れないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。

ビーチバムのみなさん、近々飲み会やりましょう(^^)v

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月15日 (水)

UF-17試乗と試し釣り(2014/1/11)

検討中のUF-17と同型艇をお持ちのスギタニさんのご厚意で、試乗させていただくことになった。
釣りは試し釣り程度で、ボートの流れ方、静止安定性、バウモーターの作動チェック、40馬力の走行性のチェックが目的。

スギタニさんのUF17↓
Photo

ハルは船底までホワイトでフル塗装されていた。
サイドスターン側はジギングを想定したレールを特注艤装していて、レールの支柱は下に穴を開けて裏から金属補強していた。

スギタニさんが保管しているマリーナも、私が購入を検討しているUF-17が保管されている同じビーチバム↓
Photo_2

ここが上下架する浜↓
Photo_3

高低差が7-8m以上ありそうだ。
並みの台風なら心配ない高さだろう。

いざ出港↓
Photo_4

スギタニさん↓
Photo_5

沖でビーチバムのKさんに撮っていただいた↓
Uf171

Uf172

まずは試し釣り。
ポイント選びを任されたはいいけど、いつも使っている魚探と違うし、マイポイントもチェックしてこなかったから、ボトム地形と水深を見て適当に流す。

スギタニさんはアカムツ狙いで深海ジギング(電動だけど・・・笑)↓
1

しかし、残念ながら1流し目はエドアブラザメ、2流し目もサメ?に食いつかれ、すぐにジグがやられてしまった。

対する私はいつものようにアカムツ用の3本針胴付き仕掛けでエサ釣り(ロッドキーパーがなくて手持ち・・・^^;)↓
11

1流し目は幸先よくアカムツのダブル(スギタニさんがタモ入れ)↓
12

Photo_6

2流し目はスミヤキのダブルだった。

釣りはこの2流しでおしまい。
釣果は、すべてスギタニさんへ進呈。

で、UF-17を試乗した感想はというと、
17フィートと小さいので遠出しようと思わないが、近場の釣りには小回りがきいて釣りやすい。
加速は、40馬力船外機で全開で25ノット前後出て十分。
20ノット以上出すと原付バイクで70-80キロ出しているようで、新鮮で楽しい。
もちろんイケス付。
気になる横揺れは、EX27やその前のYF23よりも小さく、揺れの収まりが早い。
静止安定性、合格。
船検は15海里で、べた凪限定ではあるがベニアコウ場にも行ける。

小さくて、古くて、見た目はパッとしないけど、前評判と違い、これはこれで価格の割にいいボート。
遠出するには厳しいけど、1人か2人で近場(葉山沖~城ヶ島沖~剣崎沖の浅場から深場)で釣りする分には、十分楽しめるだろう。
近場のモロコも狙えるぞ!(笑)

さて、ミラクルフィッシャーミニ号どうするかな。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年1月10日 (金)

Miracle Fisher Mini号を物色中(その2)

ロッキーマリンさんから売り出されたばかりのボストンモントーク17ftを見学してきた↓
171

70馬力か90馬力のスズキの新品エンジンに載せ替えて、船底塗装、消耗品一式交換してからの販売とのことだった。

70馬力だと全開で28ノット前後、90馬力だと30ノットオーバー。

パワーに余裕ある90馬力の方を勧められた。
スズキの船外機は、70馬力も90馬力も重量は同じようだ。

魚探は使い物にならないので、取り替えなければならない↓
172
3

もし私がこれにするなら、少なくてもバウモーター付けて、船台修理して、フルカバーも作り直さないと。

取って付けたような不完全なTトップは、支柱2本だけでグラグラ。
これは外すらしい。

現状の船検は、5海里以内。
ボストンなので、もしこれにするなら、遠出するつもりなくても15海里まで取りたいところ。

ロッキーマリンさんのレンタル艇が同型艇の70馬力ということなので、試乗を勧められたが、まだ比較段階なので試乗しなかった。

このサイズのボートで10海里以上離れた伊豆大島以南へ遠征しようとは思わないが、ずぶ濡れと強烈な腰から脳天への衝撃に耐えられるなら、不沈艇で定評あるボストンなので17ftでも遠征可能。
確かにオフロードバイクのようで、乗れば楽しいだろうとは思う。
しかし、近場をうろつく程度のつもりなので、必ずしもボストンでなくてもいい感じ。

シャワー除けがあるスパンカー仕様のYF-21やFAST-21と比べても、正直迷う。

ただし岩港は、マリーナではなく漁港なので、保管料は安い。
朝7時出港可、元日を除き年中無休は、私のような釣り目的のボートアングラーにとってポイントが高い。
深海ポイントはすぐそこだし。

かつてモントーク17にお乗りだった三軒茶屋のリコズピザのKさんと、城ケ島のマリーナ仲間のLienさんにもアドバイスを受けた。
ボストンの良さはお二人とも乗ってみなければわからない、とのことだった。

明日は、仲間のUF17(バウモーター仕様)に乗せてもらう予定。
近場はこれで十分じゃんという気になるかもしれない(笑)

さて、どうなるかな。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年6月12日 (水)

ブルーマリン城ケ島の浮桟橋

仕事上のゴタゴタで気が立ってしまい、朝起きると2日酔い気味で睡眠不足。

出撃を予定していたものの、これじゃ出港できない。

おまけに休むはずの日曜、仕事になってしまった。

釣りの意欲が全く失せる。

絶好のベタ凪、釣り日和だったのに。

結局、先週末も出撃しなかった。

しかし、ストレスは発散したかったので、気分転換で昼からマリーナへ。

自分の心の垢を取るような気持ちで、船を一心不乱にゴシゴシ洗っているうちに、イラついていた気分がスーッと落ち着いてきた。

3時間かけて磨くと、このとおり、まあまあ綺麗に(^o^)↓
Photo

何やらスタッフが上下架リフト横のスペースを重機で作業しているので、尋ねてみると、

こちらに↓長さ30mの常設の係留浮き桟橋があと1-2か月のうちに完成する予定とのことだった。
1
2
3

30mあるので、左右に3艇ずつ、先端に1艇、計7艇係留できるとのこと。

そのほかこちらの簡易浮桟橋↓スペースにも同じく常設の浮桟橋を作る計画があり。
Photo_2
今後のマリーナライフが楽しみになってきた。

急潮が落ち着いてきているようで、深場釣りのチャンス再到来。

出撃したいが、梅雨突入。

いつ出れるかな・・・

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年10月22日 (月)

マリーナ五目釣り大会(2012/10/20)

ブルーマリン城ケ島では第3回目の釣り大会である。

第1回はアジ釣り大会であったが、今回は五目釣り大会である。

第1回目の私のブログ記事はこちら↓
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2012428-4b38.html

第2回目のキス釣り大会のブログ記事は、Lienさんのブログ↓(私は所用で欠席)
http://lien-outrage190.blogspot.jp/2012/07/blog-post.html

五目というからには、高級魚を釣ったから勝てるわけではない。

雑魚でも何でもいいのである。

高級魚をたくさん釣っても、勝敗には全く関係がないのである!

魚種の多さのほか、全長がカウントされるので、変な、長くて、大きなお魚を、とにかく、たくさん釣った人が勝つのである。

食べられる魚でも、食べられない魚でも、食べたくない魚でも、関係がないのである。

とにかく、長くて、大きいお魚を、いろいろ釣ったほうが勝ちなのである!

それでは、せっかく美味しいアカムツやアコウダイをたくさん釣っても、

とてもじゃないが全長を稼げないので、


全長を稼ぐために、

ミラクルフィッシャー号は、

深海一本ということで、

あれこれ浮気せずに、

てっとり早く、水深500m超の深海に棲むところの、


バラムツ、アブラソコムツ、ツノザメ、イシナギ、アブラボウズの五目を目的に、あわよくばオンデンザメかミツクリザメを狙うことにした・・・\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?


ミラクルフィッシャー号は、まさに一発賭けに出たのである!!!

まさしく私ヤマ○○は、ギャンブラー(^^)v

超ギャンブラーなのであった(笑)

しか~し、

大口叩いた割に、

結果は、

どのお魚も

ひじょ~~~に

残念ではあるが、











撃沈\(◎o◎)/!

確かに一流し目から大物がかかって、

1時間もかけて(なんと1時間!)、

水深600mの深海から、

ミヤマエさんご自慢の

釣力コントロールを思いっきり作動させながら、

慎重に、

とても慎重に、

飽きることなく(巻き上げ1時間は飽きたけど)、

ドキドキしながら、

ワクワクしながら、

一進一退を繰り返しながら、

巻き上げてきたものの↓
Dsc_0125

無情にも、

途中でハリスをぶちきられ、

バレてしまったのであった(ー_ー)!!

おー、まい、ゴッド!!・・・(>_<)

1時間も巻き上げに時間かけて、

いったい俺何やってるんだ?

と、思わずため息・・・(T_T)

バラしてしまったお魚は、きっとオンデンザメ!
ということにしておこう(^_^;)

結局、検量に出したお魚さんは、トウジン、ユメカサゴ、シロムツ、ギンメダイ、カラズザメ↓
121020

Dsc_0128

どのお魚さんも、私にとってはひじょ~に馴染み深いお魚さんたちばかり(^_^;)
いつも裏切らない心優しいお魚さんたち。
どれも、レギュラーサイズより、とてつもなく、小さいが・・・(笑)

大口叩いたのに…<m(__)m>

私に釣られてくれてありがとう・・・感謝<m(__)m>

というわけで、

第1位はトオルさん

第2位はNさん

第3位はTさん

特別賞はマリーナの新メンバーのKさん↓
トオルさんの日記写真を拝借^^;)
Pa2029701w640

おめでとうございます\(^o^)/

スタートフィッシングと表彰式(懇親会)の様子↓

優勝したトオルさんの日記はこちら↓
http://turikiti.com/fishing/121020/121020.htm

マリーナホームページの記事↓
http://www.jogashima.jp/category/news/#3385

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年5月 6日 (日)

マリーナ釣り大会初開催(2012/4/28)

ブルーマリン城ケ島では初めての釣り大会である。

狙い物は、なんと、アジである(~o~)

とても苦手な釣り物である。

普段アジは全く狙わない。

大好きな浦賀水道のアジですら3年以上狙っていない。

コマセ釣りは手の皮が剥けるから、今ではほとんどやらない。

コマセの匂いも大嫌いである。

帰りの車の中は、ゲロ吐きそうになる

いくらクルマを掃除しても、コマセはとても香るのである。

とても気持ち悪くなるのである。

だから釣りに行くと少なくても1週間、家族は私の車に乗らないのである。

しかし待ちに待ったアジ釣り大会である。

マリーナ初のアジ釣り大会なのである。

ハーバーマスターSさん、ショコタン部長、そしてLien大幹事から連日気合が入った勧誘がとてもしつこい(笑)←ちょっとだけ冗談、ちょっとだけ本当(笑)

しかし仕事が忙しくて休めるかどうか微妙であった。

新調したロランスの魚探テストを行わなければならない。

いや、本音のところ、アジ釣りよりも魚探テストがしたいのである。

深海の海底地形探索がしたいのである。

しかし記念すべきマリーナ釣り大会

初開催である!

いつの間にか釣り倶楽部に加入していた(笑)

いつの間にか釣り倶楽部の役員に就任していたのである(~o~)

まんまと策略にハマってしまったのである。

だから、万難を排して、参加しないわけにはいかないのである。

しかしアジ釣り大会である。

とても苦手な釣り物である。

アジの釣り方すら忘れてしまった。

私にとってアカムツ釣るよりもアジを釣るほうが100倍難しいのである。

年中ノドグロの大アジがわんさか釣れるはずのポイントは、どこもサバだらけ。

コマセなくても、ちょいと沖アミ付けるだけで、大きなノドグロアジがばんばん釣れるのに、この日はさっぱり釣れない。

サバばかりである。

びっしりサバばかりである。

大サバさん、大漁~\(^o^)/(泣

サバ釣り飽きた~

早々にアジ釣り(現実はサバ釣りである)オシマイにしてしまったのである。

マリーナで初めて開催した記念すべきアジ釣り大会なのに。

マリーナ釣り倶楽部の役員なのに。


大半の時間を魚探テストに費やしてしまったのである。

みなさまゴメンナサイ<m(__)m>

結果、参加6艇中、6位!

最下位ぢゃありませんか!

自業自得である(T_T)

釣り倶楽部の役員失格である!

どうか釣り倶楽部の役員を解任してくださいませ!


マイケル冗談ですけど(^_^;)

でも、神は見捨てなかったのである。

じゃんけんで勝ってリールげっと!(^0_0^)

深場用のリール?

む?

違う。

キス釣り用のリールである↓(^_^;)
Dsc_0581_2

次回の釣り大会は、キス釣り大会である。

キス釣りはしなくなった。

キスは大好きなんだけど。。。

あっ、キスはキスだけど、

シロギスねっ!

きれいなお姉ちゃんとのキスも大好きだけど。

あっ、もちろん、してませんよ!

したいけど…

だから、お姉ちゃんとキスする代わりにキス釣り大会に参加しろと?

はいはい、参加しますとも。

最下位なのにリールゲットさせていただきましたから。


以上、マリーナ釣り大会日記でした。

Lien大幹事のブログ文章をちょいとマネして書いてみました。

改行数はマネしてませんがね(^_^;)

マリーナ前でのスタートフィッシングの様子です↓


大会終了後の懇親会と表彰の様子です↓
最後はバッテリー切れでした<m(__)m>


ちなみに『釣りしてみたり。。。』のLien大幹事のブログ記事↓
http://lien-outrage190.blogspot.jp/2012/04/blog-post_30.html

『釣りキチ集合』のトオルさんの記事↓
http://turikiti.com/fishing/120428/120428.htm

マリーナの記事↓
http://www.jogashima.jp/category/news/#2982

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年4月 9日 (月)

初進水しました(^^)v(2012/4/8)

昨日やっと進水できた。

いただいたシャンパン(の一部^^;)↓
みなさま、ありがとうございますm(__)m
1

進水式はやらなかったが、進水前の恒例儀式↓
2

3

この船で今年はどんどん遠征したい。

仕事休めるかな?(^_^;)

マリーナ下架直後↓
1_2

マリーナ前の三崎港内↓
2_2

3_2

自分でいうのもなんだけど、背が高すぎ!
187㎝ってこんなにでかいんだ(~_~;)
27ftの船が見た目以上に小さく見える(笑)
天井ぶつからないよう屈んで操船しているし…

それでも2,3人で釣りするには手ごろな大きさだ。

釣りもしたかったが、下架直後に予期しないGPS魚探のトラブルで再上架。
GPS魚探のトラブルは、ヒューズの接触不良が原因だった。

再出港できたのは11時。

一難去ってまた一難。
ポイント付近に着いて潮立のスイッチを入れても作動しない。
何度やっても同じ。

仕方なく手動でクラッチ操作して深場を1流し。
記念すべき進水後の初釣果は、良型ドンコ君一つ!!!(笑)
だって潮止まりなんだもの。

ドンコ好きのかみさんのためキープ。
写真はなし!
ドンコ君だからわざわざ撮っても…(^_^;)

潮立装置が動かなければ釣りに専念できないので釣りは一流しで中止。

早々と戻るのも勿体ないので、沖で実績マイポイントをホンデックスへ移植する。
取説がないレーダーを適当にいじって、最低限の操作を覚えた。

ふと潮立装置のスイッチを入れてみると、今度は問題なく動く。
でも、スイッチを切って入れ直すとまた繋がらなくなった。
回航前と回航後の2回も外部の業者に直してもらったはずなのに完全には直ってない?
それとも私の操作ミス?

それでも、昨日はたっぷり試運転できたし、GPS魚探とレーダーの使い方も少しわかったので良しとする。
マイポイントも半分くらいホンデックスに移植できたことだし。
試運転で、べた凪の3600回転(定格)で23-24ノットを確認。
めい一杯回すと27-28ノット位は出そうだった。

沖でビーチバムのKさん(バム釣果ブログではOさん)に写真を撮っていただいた↓
ありがとうございますm(__)m
Facebook

同じマリーナ仲間のLienさんにも撮っていただいた↓
ありがとうございますm(__)m
4

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年1月29日 (日)

浦賀から城ケ島へ回航(2012/1/28)

Miracle Fisher Ⅱ号(ヤンマーEX27Y)を城ケ島へ回航してきた。
朝ヴェラシスに寄って必要な荷物をボートに積み、自分のクルマを置きにブルーマリン城ケ島へ。

マリーナへ着くとピカピカのおニュー船台(^O^)↓
Photo
相場よりかなり安くしていただき、マリーナに感謝m(__)m

マリーナに置きっぱなしにしていた荷物を新しい定位置へ移動↓
Photo_2
バス、電車、タクシーを乗り継いでヴェラシスへ向かうつもりでいたら、マリーナマスターSさんがクルマでヴェラシスへ連れて行って下さると。超ラッキー♪

年季の入ったSさんの?(ショコタン嬢の?)赤いベンツでヴェラシスへ到着。

ヴェラシス最終日のショット↓
1_2
前オーナー様が回航にご一緒していただいた。

すぐにヴェラシスを出港し、レーダーや潮立装置をチェックしながら1時間程度で新しいホームポートへ到着。

上架したMiracle Fisher Ⅱ号↓
2_2
当面の作業&ちょい艤装として、船体クリーニング&船名シール貼り、潮で開かなくなったシャフト点検口の修理、水漏れしているウォーターポンプのオーバーホール、船底の各仕切りのビルジを流すボルトやキングストンバルブ等の各部の不具合有無のチェック、ロッドキーパー用PL座(裏面のアルミ補強含む)とナビシートの艤装、バッテリーの交換、破れているスパンカーの交換、フラッシングキットの製作等々マリーナへ依頼。

次回出港まで少々時間がかかりそうだ。

上の作業が終わったら、デジタル魚探の追加&スルーハル工事、旧マリンVHFから国際VHF(25w据置きタイプ)へ交換する予定なので、本格始動は4月以降になるかもしれない。

同じマリーナの【いるか丸】さんからの贈り物↓
Photo_3
ありがとうございますm(__)m
次回出港時に使わせていただきます(^O^)

回航の様子(動画)↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2010年9月21日 (火)

久しぶりに南下(2010/9/19)

猛暑もひと段落したのでSさんとDさんをゲストに久しぶりに南下した。

しかし、見事に撃沈(T_T)

浅場も深場も、本命のおさかなさんは全然かからない。

当船の釣果の一部はこちら↓
P9190028
このうち私のお持ち帰りはイサキ3つとメジナ1つ。

いつになったらあのお魚が釣れてくれるのだろうか…

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

ちなみに、デジカメで撮った動画をいくつかアップしました。

三崎魚市場の氷の自販機↓



薄暗いうちに岸壁につけましたが、よく見えません。
着岸しようにも岸壁の釣り人たちは竿や仕掛けをちゃんと片付けないし(~_~;)
それにしてもレーダーないと怖いです。
無理せず明るくなってから出航することにします。

行きは無風ベタ凪でした↓



現地海域に着いて速度を少し落とし気味に走っていると、UF-29のS艇に追い抜かれました↓(^_^;)



小さなユメカサゴ↓



城ケ島へ戻ってきて、ブルーマリン城ケ島へ帰港。
6分弱もあります↓



この日は、ほとんどゲストのお二人に操船していただき、とても楽ちんでした。
Dさん、Sさん、ありがとうございましたm(__)m

2010年1月 6日 (水)

鴨川フィッシャリーナも候補だった

携帯電話で撮った写真を整理していたら鴨川フィッシャリーナの写真が出てきた。昨年10月鴨川へ家族旅行へ行ったとき、ついでに立ち寄ったときの写真がこちら。

Photo

Photo_2

Photo_3

相模湾側に大きな被害をもたらした台風が接近しているときで、船同士がロープで繋がれ台風対策が施されていた。このときは台風接近でマリーナは休み。詳しいことは聞けなかった。

城ケ島へ移ってくる前は、この鴨川フィッシャリーナも候補の一つであった。アクアラインを使えば自宅から120kmあるかどうかの距離。渋滞しなければ2時間はかからない。
海はきれいで魚種は豊富。魚影も濃い。フィッシャリーナだけあって保管料も安い。電話で聞く限り、わずかに空きもあった。釣りキチには申し分ないエリアだ。
でも、海上係留であること、台風時の心配、防犯上の問題、マリーナまでの距離などがネックとなり、マリーナ見学もせずにやめた。

初釣りは1月10日(日)の予定。凪なら深場、ナライがやや強そうならアマダイ(ロリ)かヒラメ狙い。

お天気さん、ご機嫌よろしく<m(__)m>

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

↑ボート釣り師が集まってます

より以前の記事一覧