三崎の氷屋さん

2010年9月 5日 (日)

大アマダイのはずが(笑)…撃沈(2010/9/4)

無理せず8時出航。
マリーナ向かいの三協(みうら漁業協同組合製氷工場)にそのまま着岸し、初めて30キロ強の氷を購入。
P9040358
P9040364
30キロの氷の塊、素手で持ち上げるのは大変。
氷バサミを借りて岸壁へ。
P9040365
100均で買ったアイスピックで二つに割ってボートに積み込む。
P9040367
30キロ強で600円。
ちょうどいい量だ。
日曜祝日を除いて、7時半から4時ごろまで営業しているらしい。
(実際は6時ごろから開いていて氷を売っていただけるらしい。)

洲の崎沖の攻めたことがない崖へ直行。
潮は止まって部分的に赤潮が漂っていた。
キンメの反応がどこにも見当たらない。
魚影が映らない崖の縁でムツを狙うことにする。
水深350m前後。
アタリなく沈黙が続く。

アタリがないので移動を決め、仕掛けを上げたらいきなり高切れ(>_<)
高価なヨリドリリングと300m分のPEをいきなりロスト(大泣
800m分巻き直すか、ケチって継ぎ足そうか迷う。
どうせ超大物は狙わないし。

予備のビーストマスター3000番にPE4号を500m巻いているので、こちらでライト深場をやることにした。

移動。

実績ポイント近くなので、崖の残影の中にキンメ、ムツ、メダイが隠れていそうな気がする↓。
Screen012
1流し目、着底と同時にゲストにアタリ。
上げると30センチ前後のチビキンメが一つ。
P9040369
私にもアタリがあるが、多点掛けを狙って粘る。
いくつか乗ったことを確認して巻きにかかった。

しかし、ビーストマスターにトラブル発生。
リールの電源が何度も落ちてしまう。
コードを入れ直して復帰させたらまた電源が落ちる。
これの繰り返しで、魚が全部外れてしまった(大泣
たぶんキンメだったのに。

群れは小さくすぐにいなくなってしまったが、まったり数流し。
やっとゲストに同じく30センチくらいが1つ。
P9040370_3
小さいのばかりだし、ゲストにお土産2つ釣ってもらったし、大釣りできそうにない予感がしたので、きっぱり深場を諦める。

島下へ戻る。

時間は12時。
アマダイ狙いへ。

濁り潮。

先週あれほど釣れたトラギスのアタリが少ない。
底荒れしているようだった。
岩井沖のほうがよかったと後悔。
南東が7m前後吹いていたので移動せず、近場をのんびり流す。

釣れそうにないので上がろうとしたら、ゲストに大アマダイらしきアタリで巻き上げる。
大アマダイのはずが・・・・・(大笑)


15時上がり。

猛暑にもかかわらず、氷はほとんど溶けてなかった。
さすが、イグルーのクーラー。
余った氷、勿体ないので、係留して船中泊されるマリーナメンバーの方へ進呈。

この日はマリーナのメンバーの方々も全滅だったらしい。

この暑さでボートの給油口のゴムが溶けてしまってた。
P9040375
P9040377
燃料を入れるため給油口を開けると、溶けたゴムがキーにべっとり。
雨水浸入防止の目的でCRCの蓋を被せていたのがいけなかったのかもしれない。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2010年8月23日 (月)

青物撃沈(2010/8/22)

この日は大物ルアーマンのKENさん、そして初ゲストの大物ルアーマンのHABUさんが乗船した。
早朝から南下したかったが、前日下架の予約が一杯で断念。

ゆっくり8時過ぎにマリーナを出港。
まずは三崎港内の三浦魚市場に併設している自動販売機で氷100キロを購入することに。
陸側シューター近くの岸壁に着岸した。

もうじき干潮。
23ftの小型ボートと岸壁上の高低差は1.5m以上ある(~_~;)

二人でよじ登って陸シューターへ。
Nec_1017_2
自動販売機で75Lと80Lのクーラーにクラッシュアイスを一杯にした。
それでも20-30キロの氷が余ってしまった(~_~;)

積んだはいいけど、ボートへ氷を満載した大型クーラーボックスを下すのがとても大変だった。
中潮の干潮時で、岸壁との高低差は1.5m以上だから(笑)

岸壁の釣り人に手伝ってもらって、岸壁側2人、ボート側2人の計4人でクーラーボックスをなんとかボートへ下した。
係留ロープに余裕を持たせていたため、ボートが岸壁から離れてしまい、危うく海へ落ちそうになった(^_^;)
私ではなく、KENさんとHABUさんが(笑)
KENさん、HABUさん、
ゴメンナサイ(^_^;)

やっと釣りスタート。
8時半を回っていた。
一発目は、島下のワラサ船団を偵察。
潮止まりでアタリなし。
船団のみなさんも釣れてない。

粘らず沖ノ瀬へ移動することに。

KENさんへ操船バトンタッチ。
P8220347
沖ノ瀬到着。
粘るが釣れない(>_<)

昼過ぎ吉野瀬へ移動することに。
HABUさんに操船バトンタッチ。
P8220355
吉野瀬到着。
ワラサ狙い遊漁船の近くで釣り再開。
釣れない(>_<)
遊漁船のみなさんも釣れてない。

島下へ戻る。
遊漁船は3隻に減っていた。
魚探に反応なし。
もちろん釣れない(>_<)
遊漁船のみなさんも同じく釣れていない。

最後に小網代沖に、反応を求めて移動。
ナブラがちょこちょこ出ていたが、どうやら、サバ、ソウダ、ペンペン。
釣れない(>_<)
遊漁船はいない(^^ゞ

以上、青物撃沈日記でした(^^ゞ

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2010年8月11日 (水)

三崎魚市場の海側氷シューターの操作法(2010/8/11)

今日から夏休みだが、台風が接近中。
南風やや強い予報だ。

釣りはできなくても、

次回遠征に備えて、三崎魚市場の海側の氷シューターの操作法をどうしても知りたかった。

7時半に三浦魚市場にある三浦市超低温冷蔵㈱の事務室に行く。
ここで氷シューター用のコインを販売している。
1 2
守衛室のような事務室だ。

10分ほどして関係者がいらっしゃった。

早速、海側シューターの操作法を教えていただいた。

まず、船を着岸し、シューターのロープを解く。
(最後にロープを元通りに結ぶのを忘れずに♪)
Photo_2
海側の氷シューターの操作盤を操作して、シューターの位置を決める。
1_2 2_4
押して
P8110273
ひねって
P8110274
開いた\(^o^)/
P8110276
専用コインを入れる自販機はこちら。
1_31
注意事項をよく読んで下さい♪
2_2
接触不良で作動しないことがあるらしいがすぐ直せるとのこと。
海側シューターが作動しないときは携帯へ電話すれば未明でも来てくれるらしい(但し到着までどのくらいかかるか不明^_^;)

ランプが点灯しているのを確認して、専用コインを入れる。
3_2
海側シューターから氷を出す場合、絶対に陸販売スタートボタンを押さないこと!

説明を受け、よくわかったが、実際自分で動かしてみてうまくいくかどうかがちょっと不安だが(^^ゞ

もし海側シューターがうまく作動しない場合は、面倒だけど陸シューターから氷を出して運ぶしかない。

※陸側の氷シューターの使い方は、こちらの日記をご参照下さい。
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/201085-0db3.html

マリーナには8時半着。
南風が吹いていたが、早上がり覚悟で出航することにした。

久しぶりに近場の深場を探索したが、シロムツ、ユメカサゴのばかり(>_<)
めぼしい釣果なく2時間で深場は切り上げ、アマダイをやろうとポイントを移動したら、南が7m前後吹き出し、ウサギが飛び出始めた。
Photo_3
釣り難いので無理せず、11時半早上がり。

上がると、遠征の予備でマリーナに頼んでいた船外機のプロペラ等が届いていた。
1_4
せっかく新しいのが届いたので、新品のプロペラへ付け替えることにした。今まで使っていたプロペラのほうは予備とした。
2_5

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2010年8月 6日 (金)

三崎の氷売場とイナワラ偵察(2010/8/5)

平日のマリーナの営業開始は8時半。

時間に余裕あるので、ボート仲間から教えてもらった三崎魚市場にある氷自販機と氷を落とすノズル位置を確認してきた。

氷の自販機は三崎の魚市場に設置されている↓
販売会社は、三浦市超低温冷蔵株式会社。
Photo
氷の落とし場所(画像↓のノズル部分)は、陸側2か所と海側の1か所。
陸側は市場西側と事務室前の市場内に各1か所ずつある。
Photo_3 Photo
こちら↓海側のほうは岸壁に結構高低差があるため、私のような23フィートの小型艇では結構きびしそう。
Photo_6
車で行って、こちら↓陸側の自販機を操作したほうが無難だ。
1_2
氷の自販機は、三崎魚市場の西側1階奥にあり、買うのに専用のコインが必要。
コインは自販機横の出入口から入ってすぐ右側の守衛室のような部屋で販売している。
2
1コイン1260円で、なんとクラッシュアイスが100キロ!(1キロ当たり12円60銭!安っ!)
クーラーボックスでいえば、250L分くらいの量があるらしい(~_~;)

漁業関係者ばかりでなく、一般個人でも購入できる。
Photo_7
複数の仲間と大物狙いで遠征するときの予備に、勢いで3コインも購入してしまった(^^ゞ
Photo_9
以前は魚市場2階の売店でもこのコインが買えたらしいが、その売店はすでに廃業。
コインを買うなら魚市場1階奥の守衛室のような部屋で買うしかない。

自販機の正面はこちら。
2_2
扉を開けると
3
専用コインを入れて、ノズルの下にクーラーボックスを置いてスタートボタンを押したら、止まらずに一気に氷100キロ分出てくるらしい(大汗

※海側の氷シューターの操作法は、こちらをご参照ください。
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/2010811-78f5.html

氷100キロも必要なければ、こちら↓みうら漁業協同組合製氷工場(三協)なら30キロちょっとが600円で購入できる。
Photo_10 P8050238
ただ自販機がないため、日曜祭日を除いて7時半-16時に買いに行かなければならない。
早朝出港する日には利用できないのが難点だ。

釣りのほうは実釣2時間で2キロのイナダ1つ、ノドグロアジ2つキープ。
このイナダ、流し始めてすぐに釣れた。
このおニューな大タモで初めてすくった記念すべき?獲物。
2キロのイナダだとタモが大きすぎる(笑)
Photo_11
釣り開始が遅かったので、イナダ、ワラサの朝の時合いが過ぎてしまったようだ。
遊漁船もほとんど釣れなくなっていた。

イナダもワラサも数はいらない。
しっかり脂あれば1本で十分。
取れた1本、脂あることを祈って、粘らずにイナワラ狙い終了。

余った餌で1時間ほどアマダイ狙うが、
いつものようにヒメとトラギスだらけでうんざり。
浮き袋が出たチビキダイ2つ、やむを得ずキープして、昼上がり。

アカムツもやりたかったが、翌日の仕事に支障出るとマズイので、早上がりした。

イナダは2キロあったが、脂の乗りがイマイチ、ノドグロアジはもちろん脂なし。
次は脂が乗ったおさかなを狙うことにしよう。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます