アコウダイ釣り

2016年11月23日 (水)

久し振りに出航(2016/11/14)

仕事が超多忙で、お盆休み以降休んでいなかった。
70日連続勤務明けの出航。
前回の釣行は7月。
久し振りなのでエンジンの調子が不安だったが、始動。
Photo

バッテリーの充電状態も少し不安があったが、無事出航できた。いつものようにアカムツ狙いで近場を探索する。

この時期のアカムツは産卵後で、浅場にいてもおかしくないので、水深200m前後の実績ポイントを2流しほどするがスカ。
方針を変えて落ち始めの個体を拾うため、移動して水深400m付近から探る。

着底後、しばらくするとアコウダイらしきアタリがあって、軽く向こう合わせすると針にガッチリかかる。
巻き上げ始めた直後、電動リールが巻けなくなってリールがご臨終。

当初モデルのフォースマスター3000番にPE4号を450m位巻いて、アカムツ狙いの深場釣りにオモリ150ー200号を背負わせて酷使してきたので、すでにメンテ不能状態。
いつ壊れてもおかしくないリールだったが、4か月近く動かさなかったので、ついにギヤが固着してしまったようだ。

やむをえずPEラインを手で手繰る。
さすがに400m近くを手繰るのは初体験。
PEはぐちゃぐちゃで再利用不可。
日頃トレーニングしているものの、オモリ200号+獲物付を巻くのは結構大変だった。

さらにI-pilotのリモコンの電池切れで、バウモーターが作動しなくなってしまった(>_<)

釣りはこれにておしまい。

上がるのは早すぎるので、バッテリー充電のためしばらくクルージングして上がった。

この日の獲物(50センチちょいのアコウダイ)↓
Photo_2

丸3日冷蔵庫に寝かせて、アコウダイのしゃぶしゃぶ鍋↓
Photo_3

Photo_6

これでもごく一部、残りは煮つけ・湯引き用に冷凍。

仕上げにおじや↓
Photo_5

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2016年5月29日 (日)

釣り物に迷って(2016/5/28)

トレーニングでストレス発散しているからだろうか?
それとも深場釣りばかりしているからだろうか?

最近釣りの情熱がなくなってきた。

さて、出撃することに決めたけど、何を釣ろうか?

アオリイカ、マルイカもいいし、久し振りに生きた小魚を釣って泳がせてヒラメを狙ってもいい。
しかし妻子のリクエストは、アカムツかアコウダイ。

ジギングで青物なんかもやってみたい。

ビーチバムのレンタルロッカーにひと通り道具を置いている。
仕掛けも全部用意している。

狙いが決まらないまま、全部ボートに道具、タックルを積み込んで出港。

航路を過ぎた浅場に小イワシの反応あり。
早速ボートを止め、100円の特価サビキでコマセなしのショットガン釣り。
サビキによくヒットするが、なかなか針掛りしない。
ダメなサビキ仕掛けだったようだ。
30分少々釣って生きたカタクチイワシ5つだけ(-_-;)

時間がもったいないので移動。

イワシが手に入ったので、ボーズ覚悟で特大ヒラメ狙いに水深100m付近のポイントに到着。
付近の大アジの群れらしき魚探反応を見つけてはヒラメ用のオリジナルワイヤー仕掛けを落とす。

ワイヤー仕掛けは、釣り仲間である川奈観光ボートハウス(http://kawana.mykaizu.com/blocks/index/006)店主Mさんから教えていただいた仕掛けだ↓
http://mykaizu.postserv.org/blocks/index/011

ワイヤー仕掛けなので、特大ヒラメが掛かって仕掛けを飲み込まれてもハリス切れの心配なし。
10キロオーバーのヒラメに仕掛けを丸飲みされても大丈夫。

生きたイワシをイケスから取り出して仕掛けをセットし大アジの群れの中に投入。

完全置き竿。

暇なので、コマセなしのビシ2本針片テンビン仕掛けで大アジ釣りも開始。

35-40㎝位の大アジ(沖に付くいわゆるノドグロアジ・・・おいしくない)が順調に釣れて、小サバ混じりに20匹近くイケスを埋めた。

結局ヒラメは当たらず撃沈。

沖の大アジは脂なくおいしくないから、1つキープして残りは全部リリース。
アジフライや南蛮漬けにすれば脂なくてもおいしく食べられるが、魚の処理、料理を妻が一切やってくれない。
めんどくさいので持ち帰らず。

いつものワンパターン、深場釣りに変更。

城ケ島西方面から順次探り、3か所目でアコウダイのアタリ。
51㎝2キロ位の中型のアコウダイだった↓
Photo

巻き上げ中、ビーチバムメンバーのHさんが近寄ってきた↓
Photo_2

それから同じポイントを一緒に流すが、私はサメに仕掛けをやられて戦意喪失。
1つで十分なのでポイントをHさんに譲って撤収。

この日のキープ↓
Photo_3

超久しぶりにトウジンさんもキープ。
アコウダイと一緒に鍋に。
脂なしのアジはナメロウへ。
(小サバは次回の短冊エサ)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2016年4月 7日 (木)

深場の手巻き修行(2016/4/6)

来週の同級生との飲み会に提供するアカムツ確保のため、急きょ平日出撃した。

電動リールバッテリーを積み忘れたことに気が付いたが、時すでに遅し。

すでにビーチバム近く。

ボートに電動リールコンセントを1つ艤装しているので、それを使えばいいが、充電状態に不安あり。

8時過ぎ出港。

1流し目、スカ。

そのポイントの底潮が止まっているらしく、潮どまり定番のカラスザメがついてきた↓
Photo_2

2流し目、粘っていると底潮が流れ始めたようで、アコウダイぽいアタリで巻き上げるとやっぱりアコウダイ45センチ↓
Photo

水深300mオーバー。

同じポイントを再び流すと、アカムツぽいアタリ。
巻き上げるとすぐに電動リールの電源が落ちてしまった。

充電不足のようだ。

仕方なく手巻き。

オモリ180号。

慎重に巻いてもうまく一定のテンションで巻き上げることができず、途中で針が外れてしまった。

釣り針にそっくりエサが残っていたので、逃げた魚はたぶん本命のアカムツ。

口の弱いアカムツなので、テンションを一定にしにくい手巻きだと上げるのは難しくなる。

でもたった3流しでアカムツを諦めるわけにはいかない。

それからというもの、気合と根性で水深250m-400mをオモリ180号の手巻き修行(T_T)

やっと本命っぽいアタリで上げても途中で外れてしまう。

変なアタリで上げると、35㎝位のクロムツとユメカサゴがついていた↓
Photo_3

極めつけに、PEラインの高切れ2回。

450-500m位巻いていた電動リールのPEラインが、予備リールを含め仕掛けごと各200-300m分ロストしてしまい、ついに深場釣りができなくなってしまった(T_T)

アカムツ釣りを諦め、戻りながらルアーロッドでナブラに向けてキャスト。

ワラサか、あわよくばブリか鰆でも来ればラッキーだけど、掛かるのはサバばかり。

次回深場釣りのエサ分キープして釣り終了。

戻ると、早上がりしたKさんはアカムツ3つの他、ヒラメをあげていらした。

うれしいことに、飲み会用にとアカムツ2ついただいてしまった↓
Photo_4

Kさん、ありがとうございます!

お返しは必ずさせていただきます。

この日のキープ(アカムツはいただきもの)↓
Photo_5

我が家のネコ助がアコウダイに興味津々(笑)↓
1

2

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年7月 7日 (月)

釣らせたかったのに…(2014/7/6)

5週間ぶりに出航。

大洗マリーナにマイボート置くボート仲間の佐野さんがこの日の初ゲスト↓

1_2

深場釣りをしてみたいということでお誘いした。

ロランスのタッチモデルやミンコタのアイパイロットも確認してみたいという。


で、アカムツ&クロムツ狙いで出航した。

浅めのシロムツ、ユメカサゴが混じるポイントを避け、外道にアコウが来る深めのアカムツポイントを探るが、午前中は全く潮が動かない。

時々カラスザメやスミヤキがかかる程度。

潮の流れが多少ありそうな離れたポイントへ移動しようと思ったときは、昼近くなっていた。
ポイント移動は釣りの時間が少なくなるので断念。

昼過ぎて潮が動き始めると、
すぐに私に
1.5キロ位?の小型のアコウダイ↓

Photo_2

その後潮が流れはじめたが、連続してゲストとオマツリしてしまい、チャンスタイムをロストしてしまう。

私は釣りを中止し、ゲストだけの竿出しとなった。

着底後結構なサイズのアコウらしきアタリで巻き始める↓
2

ワクワクして巻いていると、正体不明の魚に途中で横取り?され、無念のバラし。

ハリス切れだった。

その後は当たりなくタイムアップ。

釣らせたかったのに…
佐野さんゴメンナサイ(^_^;)

この日、アカムツ、キンメ等深場狙いのビーチバムメンバーが多かったそうだが、アタリは少なく、聞くところ、水面でアカムツがサメに横取りされたり、小型のキンメの型を見た程度とか。

ちなみに、ビーチバムに置いた先日のアブラボウズのブロック、とても美味しかったという方が多くてホッとした()

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年5月19日 (月)

UF-17の限界(2014/5/17)

この日はベニアコウ狙いで出航。

ミニボートだけど、予報を信じて900-1000mラインへまっしぐら。

先月Kさんに撮っていただいた写真↓
Miraclefishermini

Miracle_fisher_mini

出航時、北東が4-5m吹いていて、17ftで沖へ出るのはやや厳しい風だったが、なんとか釣りになりそう。

9-10時頃に北東が落ちて昼過ぎから南西に変わる予報なので、予報を信じて決行。

狙った深海エリアに着くといきなりシマガツオの洗礼。

かんべんしてほしいよ~(>_<)

シマガツオを避けるため移動。

しかし、肝心のロランスだが、トランサムへ取付けたHDI振動子では、900-1000mは映らない。

やむを得ず、等深線を見て流すラインを適当に選ぶ。

シマガツオがいない場所がわからないから、結局ベニアコウ探しを諦める。

昼前に近場に戻ってアカムツ探し。

深めを探ると1流し目から小型のアコウ。

2匹目のドジョウがいないかと流し変えるとスカ。

そうこうしているうちに予報通り南西が強くなり、撤収。

戻る途中大きな鳥山が出たのでジグると、サバだった。

エサ分キープして14時上がり。

ミニの船検は15海里まで取っているが(船検では伊豆大島へも行ける)、UF17ではせいぜい5-6海里以内で遊ぶのが適当なボートと実感する。

1日無風べた凪予報でなければ、ベニ場へ行くのはやめることにする。

ミニで初めて釣った記念すべき?小型のアコウダイ(ビーチバムのブログ写真拝借)↓Photo

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年8月12日 (月)

ゲストの念願釣行(2013/8/10)

この日のゲストは約2年ぶりのじゅんじさん。

ゲストの強い希望でアコウダイとアカムツの2目を狙うことにした。

急潮注意報が出ていたので深場の両舷竿出しはオマツリ覚悟。

私は深海ポイント調査さえできればいいので、竿出しはゲスト優先。

1流し目はアコウの実績ポイントで、いきなりじゅんじさんに2.4キロと1キロ級のダブル↓
Photo_2

これで船長として肩の荷が下りた。

アコウは2つあれば十分とのことだったので、ポイント調査のため場所を移動し、午前中一杯調査した。

結果大した釣果は得られなかった。

13時から上げに潮替わりするので、ゲストにアカムツ釣らせるため実績ポイントへ移動。

1流し目に、私のいつものアカムツタックルで42.5㎝の良型のアカムツがヒット↓
Photo_3

本当によかった(^^)v

じゅんじさんはすっかり釣果に満足したご様子で、もう上がってもよいと(^_^;)

しかし私がまだ1つも釣っていない!(笑)

ラストは私だけ竿入れさせてもらった。

ポイントを小移動。

狙ったピンポイントにドンピシャうまく着底した。

着底と同時に当たり、追い食いを狙ったがそううまく行かない(^_^;)

アカムツ狙いだったのに、上がってきたのは2.4キロのアコウ↓
Photo_4

アカムツ仕掛けのホタ針(19号)が口横のいい場所に掛かっていた↓
Photo_6

これにて沖上がり。

ゲストにとって初めてのアコウダイ、そして自己記録のアカムツだったようで、目標の2目が釣れて本当によかった\(^o^)/

この日のキープは、2.4キロ×2と1キロちょいのアコウダイ×1、42.5センチのアカムツ×1↓
20130810

ゲストがアカムツ釣ったときの動画↓


ラスト流しで釣れたアコウダイの動画↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年8月 5日 (月)

釣り備忘録(2013/8/3)

近場のアブラボウズ&深海地形調査。

事前に用意したアブラボウズ用のエサ↓
Photo

いつものアブラボウズ用の3本針胴付き仕掛けにオモリ350号で臨む↓
Photo_4

再修理から戻ってきたAC-5Sで水深500-600mを探る↓
Ac5s

3か所目でやっと変なアタリが出て巻上げる。

揚げてみると、ツノザメ、スミヤキ、そして一番上針に1.5キロのアコウが付いていた(^_^;)↓
15k

その後AC-5Sのレベルラインが水深550m付近で壊れてしまう(>_<)

上げ潮もかっ飛んで釣りにならなくなったので、諦めて上がった。

超久しぶりにスミヤキを持ち帰ってナメロウ作った↓
Photo_2

玉ねぎと味噌でよく叩いた。
脂っぽいが普通においしく食べられた。

スミヤキの料理方法、渚丸さんのサイトがとても参考になる↓
http://www.nagisamaru.jp/masako/sumiyakikun.htm

冷凍アカムツの塩焼き↓
Photo_3

脂が凄すぎて妻子撃沈!(笑)
あと1つ冷凍庫に残っているアカムツは煮付けかな。

昨日、壊れたAC-5Sの再々修理を頼みに浅草釣具へ。
運よくミヤマエのレベルラインの部品の在庫があったので、その場でスタッフのKさんに直していただいた。
これで次回も深海調査ができるぞ…(^^)v

ついでにアカムツ用の竿を衝動買い↓(^_^;)
150270m_2

20-30㎏程度の魚がかかっても強度的に全く問題なさそうだ。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年7月20日 (土)

釣り備忘録(2013/7/20)

近場の深海ポイント探索。

朝3流しはキンメ狙うが釣れず。

その後13時過ぎまで近場のアブラボウズ探索。
中大型アブラボウズ狙いの自作仕掛け↓
Photo

まともな外道はアコウダイ1つ。
4-6月に入れ食いだった深海ザメはあまりかからなかった。

アブラボウズはすでに深みに落ちたかもしれないが、今後もボーズ覚悟で根気よく地形を探っていく。
釣れないのも調査と割り切る。
深海ポイント開拓は、本命が釣れなくても、意外な場所(地形)でアコウが釣れたり、アカムツが釣れたり、新たな発見があるから楽しい。

最後はアカムツ探し。
2流しするが、まともな外道がアコウダイ1つ。

最後にアカムツ狙った海域では、数隻ボート釣り師が流していたが、終日アカムツは口使わなかったようだ。

本日のキープ↓
130720

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年7月15日 (月)

釣り備忘録(2013/7/13~14)

13日はベニ&アブラボウズ狙いで相模湾へ。
撃沈。

14日は午前中のみアカムツのポイント調査。

最近、ムツ針16号でアカムツがすっぽ抜け、初めてウオノエだけが釣れる珍事があった↓
Photo

ムツ針は中大型のバラシが多いので、ホタ針19号でアカムツ3本針仕掛けを自作↓
Photo_2

ホタ針の有効性を確かめることにした。

最初は実績ポイントで粘り、何とか40㎝程の中型1つと35㎝ほどのキンメ。

1つ本命が釣れたので、次はアカムツの新しいポイント探し。

以前から気になっていたボトム斜面で初めての試し釣り。

予想が当たって、アカムツ2つ追加。

朝9時までに3つ釣れたので、別にチェックしていた斜面へ移動。

しかし、アカムツが釣れず、アコウダイばかり釣れる。

結局2-2.5キロのアコウダイ3つに30㎝のチビアコウ1つ。

全部自作アカムツ専用仕掛けのホタ針で掛けた。

アコウダイらしきバラシは釣れた数以上(-_-;)

ホタ針は、確かにアカムツ釣りに有効な針だと思うが、アコウダイには向かないことがわかった。

ホタ針の独特な形と、針の小ささが、アコウダイの大口からすっぽ抜けやすいのだろう。

派手なアタリがあっても針掛りが悪かった。

アコウダイ狙うなら、やはりムツ針22号前後が無難。

しかし初めて流したポイントで、広範囲に中型アコウダイが釣れたのは収穫だ。

この日のキープ釣果↓
130714

わが家のキープは、2.5キロのアコウ1、38-40㎝アカムツ2、35㎝キンメ1↓(その他はマリーナ関係者へ寄付)
130714_2

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年3月21日 (木)

完全丸ボウズ(2013/3/20)

前日に黒潮流入で急潮注意報が出ていた↓
Photo

ベニアコウを狙いたいが、潮の緩い海域へ行かないと超深海は全く釣りにならない。

この日は昼前後から南が強く吹き出す予報。

27ft船なので、横波食らいながらヒイヒイ泣いて戻りたくない。
ゲストもいるので、安全第一を考え、ベニ狙いをあきらめる。

3年ぶりにお誘いしたゲストになんとかお土産を釣ってもらいたいと思い、まずは南西沖でアコウを狙うことにした。

7時40分過ぎに出港し、ポイントには8時半前に到着。

急潮の影響をもろに受ける海域だけど、アコウの実績ポイントの海域。

私は1日操船に専念し、ロッドワークはゲストにお任せすることにした。

1流し目。
タイトグラフでは潮が動かない時間なのだけど↓、水深500m付近に中オモリ80号、錘400号で試し流しすると、ラインが750mも出てしまう。
Photo_2

風はほぼ収まっているのに船は流される(~_~)
ラインの入り具合から二枚潮と確信…(>_<)

2流し目は9時過ぎ。
2キロのワンダー鉄オモリに取り替えて再投入する。
潮がもっと速くなっていた。
水深の2倍近くラインが出て釣りにならない。

ここでbobossさんから9キロ近いベニアコウを釣ったと無線が入った。

私もベニ狙いにチェンジしたかったが、いるエリアは潮が速すぎて、ベニを狙えるエリアへ移動するには時間かかりすぎる。

南の吹き始めも気になるので、潮が緩いはずの近場に戻って、アブラボウズ狙いに変更した。

大型アブラボウズ専用仕掛けは3本針(針はスーパームツ35号)。
餌は、大胆に小ぶりな冷凍ヤリ1杯掛けとアナゴの半身にタコベイトを装着↓
P3200020

これなら餌を突けても小物は掛からない。

急な斜面(水深450-750m)をまめに底立ち取りながら探るも生体反応なし。

エサも丸ごと残ってくる。

たった1度だけ餌を盗られたが、針掛かりせず。

途中お土産釣るために「アカムツに変更しましょうか?」と持ちかけても、ゲストは「一発アブラボウズと心中しましょう!」と心強いお言葉。

さすが男の中の男!

しかし、本当に心中してしまった…\(^o^)/

久しぶりに完全な丸ボウズでとても清々しい…(笑)

ゲストのふくじろうさん、ごめんなさい<m(__)m>
次回は釣らせますから。

boboss艇で釣り上げた80.5㎝、8.7㎏のベニアコウ↓
261419_354785887965080_1422039494_n
P1120787thumbautox4201144

おめでとうございます!

私の目標もこれです。

しばらくバカになって探してみます(^o^)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます