ヤンマーEX27Y

2013年12月31日 (火)

MiracleFisherⅡラストラン(2013/12/29)

2年弱約600時間を友に過ごしてきたヤンマーEX27Yが愛知へ嫁ぐことになりました。

釣りを自粛し、仕事を優先するために手放すことにしましたが、そのうち17-21ft位のミニボートを購入してしまうかもしれません。

ただし自分にケジメを付けるため、一度リセットします。

ラストランは深海1000mでベニアコウを狙いましたが、1流し目はイバラヒゲ系が5連↓
5

2流し目は、いい感じのアタリがあって巻上げ始めると、PE500m分の高切れ・・・(>_<)

ラスト釣行はあっけなく終了となりました。

近場に戻って仲間のボートに挨拶。

ビーチバムのKさんに↓
By

同じブルーマリン城ヶ島の僚船Lienさんに↓
By_2

油壺京急マリーナのmoonfishさんに↓
Bymoonfish

それぞれ海上でいい写真を撮っていただきました。

みなさん、お世話になりました。

そしてありがとうございました。

そのうちまた海に戻ってきますからねっ!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年10月18日 (金)

ヤンマーEX27Yの売却の件

Mircle Fisher Ⅱを手放す決心がつきました。

今年7月2日の日記↓でつぶやいた後、複数の方からお問い合わせいただいたのですが、私自身が迷っていましたので、返事を保留にしていました。
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-825b.html

申し訳ありませんでした。

時間が経っていますので、改めて告知いたします。

ご興味ある方はメールアドレスをご入力のうえコメントでご連絡下さいませ(当方が公開しない限りコメントは非公開なのでご安心ください)。
価格は相場よりそれなりにお安くしますが、現状引き渡しになります。
しかし、昨年ボート購入直後に大がかりに整備したばかりなので、程度はバッチリなはずです。試乗してご確認くださいませ。
価格等諸条件はメールでお答えいたします。


ご自身で購入意思がない方、購入資金の目途が立たないのに興味本位・冷やかしでのご連絡は、ご遠慮願います<m(__)m>

ボートの写真です↓
Miraclefisher_1
Miraclefisher_2
Miraclefisher_3
Miraclefisher_4

メーカーモデル名 ヤンマーEX27Y

登録・年式   平成17年(2005年)6月
エンジン形式 6LP-DT
燃料の種類  ディーゼル(1軸シャフト船)

サイズ(船検証) 全長8.56m 全幅2.47m 総トン数3.2トン
モデルサイズ   27フィート
保管状態     上架

最大馬力  235PS(3800rpm)
定格馬力  205PS(3600rpm)

最高速度(参考)  25ノット前後(3400-3600rpm)
巡航速度(参考)  20ノット前後(3000-3200rpm)
※17-20ノット(2800-3000rpm)位が一番燃費がよいと思います。エンジンへの負担も少ないです。ちなみに全開は26-28ノット(3800rpm)位ですがこれで走り続けると当然エンジンが壊れますので、一瞬飛ばしても24-25ノット(3400-3500rpm)以下に抑えて走ったほうが無難です。

燃料タンク容量 300L
巡航燃費    20ノット前後で20-25L/h位
アワーメーター 2303時間(2013年9月30日現在)
※売れるまで乗りますので時間は伸びます。

主な装備
・GPS魚探(ロランス10インチ、B260振動子スルーハル)
・レーダー(KODEN)
・潮立装置(マロール)
・国際VHF無線(25W)
・GPS魚探(HONDEX、3KWのスルハル振動子を撤去したので使えるのはGPSのみ。GPSは国際VHF無線と連結)
・後方モニター(HONDEXのGPSと連結)
・スパンカー
・電動マリントイレ
・アウトリガー
・ナビゲーションシート
・電動リールコンセント(12V) 2か所
・デッキライト
・収納ボックス
・デッキウォッシュ
・トランサムステップ
 等々

昨年中古で購入後、主に以下の整備及び艤装を行ないました。
・ウォーターポンプのオーバーホール
・国際VHF無線(25W据置タイプ)の取付
・バッテリー(MRN-130F51)×2(ダブルバッテリー)へ新品交換とサブバッテリーシステム構築
・ロランスHDS10GEN2モデル取付
・船底キールへB260振動子をスルーハル取付
・ナビゲーションシート取付
・エンジンマウント交換
・タービン洗浄
・タイミングベルト、Vベルト、サーモスタット交換
・排気エルボ、ミキシングエルボ交換
・熱交換器の分解点検及び高圧洗浄機にて清掃
・デッキウォッシュポンプ交換とバルブ配管改造
・潮立装置の修理(リレー交換)
・日除けオーニング、スパンカー交換
・エンジンジンク、各種オイル&フィルター、消耗品、一式交換

今年4月にシーズンオフ点検&整備、そして半年ごとにオイル及びフィルター交換を欠かせず行なっております。
ボート引渡し時に、ボート購入後のマリーナ整備艤装記録(画像付)を一式お渡しします。

詳しくは下記カテゴリーをご覧ください。

マイボートの整備&艤装記録↓
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/cat49517653/index.html

マイボート&艤装↓
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/cat38567246/index.html

アワーメーターは2300時間を超えていますが、7-8割位はアイドリング状態での流し釣りに使っていましたし、移動も全開にせず、17-22ノット(2800-3200回転)程度で回転数を抑え気味にしていましたので、程度は良好だと思います。
手間と費用を惜しまず、プロにきっちり整備してもらい、大切にマメに乗っていますので、今のところ何の不安もありません。
船外機と違いディーゼルエンジンなので、マメに乗って、マメに点検&整備すれば、今後10年は大きなトラブルもなく乗れるはずです。

なお、平成25年12月30日にボートの売買契約が成立しましたので、ボート購入に関するお問合せの受付は終了させていただきます。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2013年1月28日 (月)

進水以来のワックス掛けの日(2013/1/27)

生まれて初めてウィルス性胃腸炎にかかってしまい、この1週間まともに動けなかった。
体力、免疫が落ちているのかな…(>_<)

体調は回復しつつあるが、無理して早起きして釣りに行ったら、また体調を壊しそうな予感。

凪予報だがきっぱり釣りは諦めて、水あかで汚れている愛艇を磨きに行くことにした。

9時半過ぎ自宅を出発し、マリーナに11時半着。

高速が空いていたのでお巡りさんに気を付けながら飛ばし気味に走ったが、高速を降りたら所々渋滞。

それでもプジョーのこの燃費(14.9㎞/h)↓
Photo

GS450hならこの区間を同じペースで飛ばし気味に走ったなら、11㎞/hに届かないであろう。
輸入車は中高速ベース、国産車は中低速ベースにセッティングしているのがわかる。
(ちなみにプジョー208のカタログ値は13.4㎞/h、GS450hのカタログ値は18.2㎞/h)

マリーナ到着後すぐ、およそ10か月ぶりとなるボート磨きを始めた。

ハルにこびりついた水垢を入念にボート用洗剤で擦ったら意外に落ちた。

しかし、後方面はディーゼルの煙がこびりついて思うように落ちない。
こちらは後日落とすことにした。

汚れが落ちやすいようワックス掛けもおこなった。

このとおり、汚れすっきり、真っ白↓(^^)v
130127_1

ついでに先日の雪でドロドロ状態のプジョーも軽く洗車。

ミラクルフィッシャーⅡ号とプジョー208のツーショット↓
130127_3

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年10月23日 (火)

ビリビリになった日除けオーニング

7年間風雨に曝されてきたのだから仕方ない。

最近の台風で、ついにビリビリになってしまった(~_~)

触ると、オーニング生地は限界まで薄くなっていて、無惨な姿↓
Dsc_0121

Dsc_0123

この日除けオーニング、暑い時期はホントに助かった。

このままでは見てくれが悪いので、適当にハサミで切って除去↓
Dsc_0124_2

次も白にするか、それとも他の色にするか・・・

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年7月12日 (木)

B260振動子スルハル艤装記録

マリーナからB260振動子のスルハル艤装写真が届いたので、記録のため掲載する。

20120712164752219_0001

20120712164752219_0002

20120712164752219_0003

20120712164752219_0004

B260スルハル艤装前の旧ホンデックス3kwのスルハル振動子↓
Hondex3k1

Hondex3k2

そしてB260スルハル艤装後の完成写真↓
B2601

B2602


振動子のスルハル艤装にはこのとおり手がかかるが、映りはバッチリだった。

深海の小さな根を発見し、そこで中大型のアコウダイの入れ食いを堪能できたのだから。

この新兵器で、内緒のマイ深海爆釣ポイントをどんどん開拓したい。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年6月18日 (月)

最高の振動子スルーハル完了

改良されたばかりの新型B260振動子。

スルーハル作業が完了したとマリーナから連絡入った。

偶然、船大工さんの手が空いていたため、即工事に取り掛かってもらえた。

マリーナから送ってもらった写真はこちら↓
B2602

B2601

ロランスGEN2モデル対応の振動子の中で、深海釣りでは最高とされる新型B260振動子。

EX27Yの船底の中で一番泡噛まない場所にスルーハルした。

果たして解像度はどうか?

200kHz指向角6度ビームが水深何mまでの深海を映し出すか?

ヤリイカ、マルイカ、スルメの映りはどうか?

83kHzの解像度はどうか?

指向角19度50kHzの映りはどうか?

浮いたアカムツ、浮いたアコウダイ、急斜面のクロムツ、深海の大型根魚(アブラボウズ、イシナギ、ベニアコウ)の反応を、果たしてとらえることがことができるだろうか?

今後の深海探検が、楽しみ、楽しみ(^O^)

深海のマイ等深線図、マイ海底地形図作りが、楽しみだ(^O^)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年6月13日 (水)

高性能振動子の交換へ

写真↓のホンデックスのGPS魚探(40/75kHz)の3kw振動子の撤去をついに決断した。
一番いい場所には最良の振動子を付けたいから。
Photo

2

このホンデックスの3kwでも水深400-500m位の浮いているキンメの群れならバッチリ映るはずだが、深海の海底の微妙な凹凸や小さな反応を把握するには無理。
アナログなので解像度もデジタルのロランスHDSより低い。
超音波の指向角が広すぎて、深海の急斜面や崖の状態(ライン、魚影)もよく把握できない。

今の船に変わってロランスHDS10の2012年度GEN2モデルを導入し、試しに生け簀スカッパーを1つ潰してB60(傾斜12度タイプ)を取り付けたが、EX27Yの場合イケスへのスルーハルはシャフトの影響で映りが悪い。
EX27YのB60振動子に関する日記↓
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/2012421-7660.html
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/_-d5c6.html
http://miraclefisher.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/2012428-bda6.html

今の振動子と取付場所では折角のロランスが深海釣りに使えないことがはっきりしたので、ホンデックスの振動子の場所にロランス用に、より高性能なB260振動子をスル―ハルできないか、業者さんに見てもらった。
多少加工が必要だけど、埋め込んでいるホンデックス振動子の型枠を利用して取付け可能とのこと。
即振動子の付け替え作業をお願いした。

2012年HDS10のGEN2モデルに対応した発売直後の新型B260振動子↓
振動子とスルーハル工賃でそれなりの出費(^_^;)
でもロランスGEN2モデル対応では現時点で最良の振動子だと考えられる。
Airmar_b260_2

200/50kHzの指向角がそれぞれ6/19度と驚きの性能。
更にこの新型B260はブロードバンド専用の83khzの帯域もカバーしているそうだ。

イカ釣りにも効果を発揮できそう。

しかし、これだけ指向角が狭いと、浅場では19度の50kHz、深海では6度の200kHzと、従来の魚探の常識とは逆の周波数を選ぶことになりそうだ(^.^)

工事期間は1週間、来週末にはB260振動子の効果がどんなものか確認できそう(^^)v

ちなみにジムクォーツさんによれば、B260と同じ形状のもので200kHzが3度ビームのものがあるらしい。
その指向角3度(200kHz)の振動子とロランスHDSを導入した韓国の漁師さんらが、モロコなどの高級魚を大量に水揚げしている模様。
50kHzが若干B260の性能より落ちるそうだが。
韓国ではロランスのHDSを使っている漁師さんが多いと聞く。
私は深海を中心とした釣り目的なので、色んな釣りに使いやすそうなB260のほうを選んだ。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

エンジン整備記録(写真編)

マリーナから今回の修理写真が届いたので、EX27Yのエンジン(ヤンマー6LP)整備記録としてアップする。

今回の整備、艤装内容は、大まかに以下のとおり。

・潮立装置のリレー交換
・デッキウォッシュポンプ(FLOJET)の交換と配管
・レーダーモニターをスイングアーム仕様へ付け替え
・排気エルボ、ミキシングエルボの交換
・熱交換器の分解点検と清掃
・タイミングベルト、サーモスタット、Vベルトの交換
・エンジンマウントと部品一式交換
・タービン洗浄
・ジンク&プラグ、燃料フィルター、トランスミッションオイルの交換

写真1
Ex27y201206_1

写真2
Ex27y201206_2

写真3
Ex27y201206_3

写真4
Ex27y201206_4

写真5
Ex27y201206_5

写真6
Ex27y201206_6

写真7
Ex27y201206_7

写真8
Ex27y201206_8

写真9
Ex27y201206_9

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年6月 9日 (土)

エンジン整備記録と試運転(2012/6/7)

エンジンの修理と整備がひと通り終わったと連絡が入ったので、試運転に行ってきた。

海上係留による貝の跡が目立っていたプロペラと舵板をピカピカに磨いてもらった↓
これですっきり(^O^)
120607_1

新しいミキシングエルボ(排気エルボ)をセット↓
120607_2

腐食で脱落した旧ミキシングエルボ(排気エルボ)↓
120607_6

錆びついていたエンジンマウントも交換↓
(結果的に交換するほど傷んでいなかったが)
120607_3

120607_10

限界まですり減ったエンジン本体のジンク(防食亜鉛)↓
120607_8

ぎりぎりセーフ(^_^;)
このまま海上係留していたら危なかった。
もちろんすべて交換。

交換したタイミングベルトとオルタネーターのⅤベルト↓
120607_9

ヤンマー6LPエンジンのタイミングベルトは1250時間(5年)、Ⅴベルトは500時間(2年)が交換(または点検)の目安。
現在のアワーメーターは1811時間。
結果的にいずれのベルトもまだ大丈夫そうだったが、安心を買うため交換した。

その他交換品↓
120607_11

電源スイッチを入れても中々作動しなかった潮立装置。
今年に入ってヒューズ交換等修理を3回もしたのに完全に直らなかった。

4回目の正直で潮立装置のリレーを交換↓
120607_7

不調の大もとの原因はこのリレーであった。
交換して電源入れたらすぐに潮立装置が作動\(^o^)/
やっとまともに流し釣りができるようになる。

マリーナスタッフを乗せて沖でエンジンを3400-3500回転まで回しながら過給機ブロアを洗浄した。

これで不安があったエンジンの整備と点検がほぼ終了。
試運転の結果はばっちり。
エンジン音が随分静かになった(^^)v

残りは国際VHF25W無線の開局(申請中)とB260振動子のスルーハル工事待ち。

帰りに新装開店したフレンドマリンサービス(FMS)さんに寄った↓
120607_13

緊急用のアンカー、アンカーチェーン、アンカーロープの他、黒球、ボート用洗剤を購入。
たしか日曜休みだったはずだが、新店舗に移ってから年中無休になったそうだ。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2012年5月14日 (月)

エンジン整備記録(2012/5/13)

先週トラブルがあったエンジンの状況を確認しにマリーナへ行ってきた。

致命的な損傷はなさそうで、1か月程度でボートが復活できそうだ\(^o^)/

脱落したミキシングエルボ(排気エルボ)は取り外されていた↓
パーツが届き次第装着。
1

2

エンジンマウントが錆付き腐食しているので、念のため交換依頼↓
Photo

アワーメーターは1810時間なのでまだ使えるかもしれないが、安心のためⅤベルト(メーカー推奨点検交換時期は500時間)とタイミングベルト(メーカー推奨点検交換時期は1250時間)も交換依頼。

タイミングベルト交換はちょいと大がかりだが、これを交換しておけばしばらく安心できるから、思い切って交換することにした。
前オーナー様がタイミングベルトの交換は当分必要ないとおっしゃっていたような気がするが。

タービン清掃、クラッチオイルの交換とフィルター洗浄、清水冷却水の交換、燃料フィルターの交換をマリーナへ依頼。

エンジンオイルとフィルターは引渡しの直前に交換していただいたと思うので、汚れの具合次第で交換(今回交換しなくても8月-9月には交換するつもり)。

エンジン本体とプロペラシャフトの各防食亜鉛を交換依頼。

目視等で、ホース類を止めているバンドの緩みや腐食、ホース類やゴム類をチェックし、不安があれば整備または交換を依頼。

ちなみに、1月の回航時に水漏れでビルジが溜まっていたのが気になり、すでにウォーターポンプのオーバーホールとインペラ交換はこのとおり完了↓
Oh1

Oh2

5月7日に軽油の免税券を1500L分発行↓してもらったのに、いきなりエンジントラブルで出鼻をくじかれたが、早いうちにトラブルが発生して返ってよかったと思っている。
Photo_2

レーダーのスイングアームもついた↓
そのうちもっと高性能なレーダーに取り替えたいな。
Photo_3

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます