ヤマハUF-17

2015年5月24日 (日)

1年ぶりの大物…バラシ(2015/5/23)

昨日急に休みが取れたので、南西風が昼前後からやや強く吹く予報だったが短時間浮かべればよしとして出撃。

走行中の魚探の映りが悪いので、少しでも映りが良くなるように、トランサムに取付けた振動子をビーチバムのHさんにこのように移動してもらった↓
1

2

3

この日は魚探の映りが改善したかどうか確認するのが目的。
2-3時間程度、浅場から深場の映りを確認できればよし。

出港時はベタ凪↓
1_2

2_2

まず浅場は、ビーチバム前の水深50m前後でマルイカ釣り。

1流し目は空振り。

ちょいと北へ移動して2流し目に一つ↓
Photo

旨そうなマルイカ(動画)↓


しかし、この直後に不注意でマルイカ竿を踏み付けてしまい穂先をボキッ!

せっかくのマルイカ釣りは、残念ながらここで終了(>_<)

数年ぶりにマルイカ狙ったのに・・・(泣

気を取り直して、次は深場での魚探チェックということで移動。

水深500m前後でクロムツかアコウダイを狙う。

水深350m付近に仕掛けを投入し、深いほうに向かって30分以上微速で流す。

斜面をゆっくり下りながら底をまめに取って水深500m付近を流していると、身に覚えがある根掛かりのようなアタリ?

巻上げ始めると根掛かり?

もしやと思って慎重に根掛かり?を外すと魚信である。

すぐにI-Pilotをスポットロックモードにし、何とか魚を底から剥がそうとドラグを締め上げて強引に巻上げる。

ボトムから50m以上巻上げたところで、仕掛けに不安があったのでドラグをちょいと緩めると、再び海底に向かって真下に潜り始める。

ここで大型アブラボウズと確信する。

明らかに50㎏オーバーの重量感と引きの強さだった。

大物なので下手にドラグを緩めることができない。

ハリス16号とムツ針20号の市販の5本針のアコウダイ仕掛け。

もし本当に50㎏オーバーの大型アブラボウズならこの仕掛けではまず太刀打ちできない。

それでも水面でリリースできればと、20-30分やり取りして何とか300mを切ったが、水深280m付近で再び海底に向かって走り出したらもう止まらない。

魚が止まらないので、やむを得ずドラグを更に締めたらハリス切れでジエンド。

獲れる仕掛けではなかったから諦めがついた。

まだ11時。

南風はまだ大して吹いていない。

おかず確保のため最後にアカムツ狙いに移動。

1-2流しで1本取れればよし。

1流し目、シマガツオ↓
Photo_2

2流し目、良型アカムツ↓
1_3

3流し目、良型アカムツ↓
2_3

4流し目、アカムツらしきアタリあるも、早々に2つ捕まえたので、いつものように鯉のぼりのように複数掛けを狙ってそのままアタリを放置。

いつものように全部針から外れてバラシ(^_^;)

5流し目、アタリを合わせてスミヤキ。

13時半沖上がり。

この日のキープ↓
Photo_3

魚探テストの結果のほうは、振動子を移動して正解だった。

しかし、トランサム付なりの映りで、前の振動子の位置よりマシな程度。

スルーハルにしようか相変わらず迷い中(~o~)

帰宅後、釣ったマルイカで一杯↓
1_4

Photo_4

超久しぶりの活けマルイカ。

新鮮で、柔らかくて、甘くて、旨い!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2015年5月 3日 (日)

イケス水量調整パイプの検証

ヤマハUF-17のイケスに取付けた水量調整パイプの動画↓


20ノット出してもイケスから水が溢れ出すことはなかった。

スピード出すと水流が強くなるので、飛ばすとイワシは弱ってしまうかもしれないが、10ノット位までなら大丈夫そうだ。

アジ、サバ、イカなら、20ノット出しても大丈夫そう。

とりあえず使って様子をみる。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2015年4月30日 (木)

イケス水量調整パイプ

ミニボートのイケス水量調整パイプを仕入れた↓
1

2

その効果はいかに?

パイプの効果を確かめるべく、2日(予備日3日)にまた同級生のAと出撃することになった。

深場はお休みし、数年ぶりにイワシ釣って、その生きエサを泳がせて浅場のマゴチ&ヒラメ&ホウボウ狙い。

外道でカサゴ、メバル、ハタ、ワラサ等の青物来ればいうことなし。

岩場を流すなら、アオリやタコも狙える。

キス天も食べたいというので、シロギスもちょこっとお土産分釣ろうと思う。

さて釣れるかな?

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2015年4月 5日 (日)

Miniに新型高性能振動子検討中

子供が春休みだというのに、仕事が休めなくて家族サービスが全然できない。
申し訳なく思いながらも、先週妻子だけで旅行に行ってもらった。

さすがに2か月近くも休んでないと、ストレスのため仕事の作業効率が下がり始めた。
そろそろ私も気分転換が必要。

昨日は思い切って休みを取った(今日は仕事)。
実に2月7日以来の休み(56日ぶりの休み)。

久し振りの休みなので家族サービスでお台場に猫グッズを買いに行くつもりだったが、妻が気をきかせてくれて、私一人マリーナに行かせてもらうことになった(その代り夕食は家族で外食のお約束)。

今月は高校時代の友人A君と一緒に釣りに行くことになっている。

2か月もエンジン動かしてないから、A君と出撃時にバッテリーが上がって、いきなり出鼻をくじかれないかが心配だった。
ミンコタI-Pilotも問題なく作動するかどうか。

出かけようとすると、カイにゃん太郎が行くなと邪魔する↓
Photo

カイを振り切って10時過ぎ自宅を出る。

首都高西池袋から入って、開通したばかりの首都高速中央環状品川線の【大橋JCT~大井JCT】間(C2)を初めて通る。

距離的には北池袋~環状線(C1)~湾岸線で行くのと大して変わらないが、行き帰り共【大橋JCT~大井JCT】間の渋滞がなくてとても快適であった。

見通しの悪いカーブがあるから、飛ばし過ぎによる事故には要注意だ。

新宿まで渋滞していたが、行きは1時間20分ほどで三戸浜のビーチバムに到着。

心配していたエンジンをかけてみると一発で始動↓
Mini

よかった。

電源元スイッチを忘れずにOFFにしていたので、バッテリーも大丈夫だった。

I-Pilotの作動も問題なし↓
Mini_2

もう一つの目的。

振動子のスルーハル場所の確認。

魚探の振動子をトランサムに取付けているため、どうしても走行中に振動子に泡が潜り混んでしまって深場の魚探の映りが悪い。

5ノット前後で走りながら、深海のボトム地形と魚影を捕えるには、やはり船底に穴を開けて、高性能振動子をスルーハルするしかない。

ビーチバムのHさんに相談すると、想定したとおり、走行中の泡噛みが少なくて船台に当たらないイケスのこの場所↓にスルーハルすることにした。
Photo_2

1

2

では振動子をどれにするか?

ロランス定番の【B60】か【P319】のどちらかにするつもりだったが、念のためロランス日本代理店のジムクォーツの社長さんに最新型のスルーハル用振動子について尋ねてみると、【B175L】という新型の高性能な振動子↓をすすめられた。
http://bottomhaus.com/shopdetail/000000001305/

イケスにスルーハル艤装することを想定した1KWの振動子だ。

周波数は50kHzのみで、指向角は驚異の8度、浅場は底にべったりはり付いているマゴチやヒラメ、反応が出にくいヤリイカ、深場ではアカムツやキンメ、急斜面に着くクロムツの反応はもちろんのこと、水深500m~1000mでは、アコウダイやベニアコウまでもが映り、深海の根もばっちり映るって本当か?
まったく信じられない。

魚探は1つ前の【ロランスGEN2タッチモデル】だけど大丈夫かな?
傾斜角度が12度や20度のものではなく、フラット(0度)タイプはあるのかな?
ちょいと調べてみよっと。

もしこんなに映るんだったら、面白そう。
釣りになかなか行けないボートアングラーにとって、強力な武器になる。

ちょいと高価だけど(^_^;)

入荷は4月末らしい。

さて振動子どれにしようか。
AIRMAR製【B175L】に賭けてみるか???

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年9月14日 (日)

お魚さん釣れないです(2014/9/13)

更新した船舶免許証↓が届いたので、1か月ぶりにミニ号で出撃。
Photo

脂が乗っているというワラサが食べたくて、苦手なコマセを1つ買って出撃した。

コマセ釣りするのは超久しぶりだ。

城ケ島南に行くとブルーマリン城ケ島でご一緒だった『RED STAR号』のトオルさんにお会いした↓
Blog

ミニ号も撮っていただく↓
Blog_2

ご挨拶して早速釣り開始。

魚探にはワラサらしき反応で期待が高まる↓
1

2

しばらくすると周りでポツポツ釣れ出す。

遊漁船やプレジャーボートがどんどん増えてきた。

ところがこちらは異常なし↓
Photo_2

腕が悪いのか、釣れないので、きっぱりワラサを諦め、アカムツ調査に変更。

移動し、水深200-350mを広範囲に探るも、お魚の生体反応がほとんどなかった。

エサがそっくり残ってくることが多く、時折おそらくスルメ?にエサを取られる。

アカムツも撃沈。

おニューの初代浅草200とビーストマスター9000だったが、まったく出番がなかった↓
Photo_3

ここ最近は月イチペースの出撃だけど、全くダメ・・・(T_T)

次は、簡単に釣れそうなお魚狙うとするかな。

キスとかメゴチとかカワハギとか・・・(^_^;)

カイ(=^ェ^=)が、釣ったお魚がないニャーと私を睨む↓
Photo_4

お前は貞子猫か!(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年5月19日 (月)

UF-17の限界(2014/5/17)

この日はベニアコウ狙いで出航。

ミニボートだけど、予報を信じて900-1000mラインへまっしぐら。

先月Kさんに撮っていただいた写真↓
Miraclefishermini

Miracle_fisher_mini

出航時、北東が4-5m吹いていて、17ftで沖へ出るのはやや厳しい風だったが、なんとか釣りになりそう。

9-10時頃に北東が落ちて昼過ぎから南西に変わる予報なので、予報を信じて決行。

狙った深海エリアに着くといきなりシマガツオの洗礼。

かんべんしてほしいよ~(>_<)

シマガツオを避けるため移動。

しかし、肝心のロランスだが、トランサムへ取付けたHDI振動子では、900-1000mは映らない。

やむを得ず、等深線を見て流すラインを適当に選ぶ。

シマガツオがいない場所がわからないから、結局ベニアコウ探しを諦める。

昼前に近場に戻ってアカムツ探し。

深めを探ると1流し目から小型のアコウ。

2匹目のドジョウがいないかと流し変えるとスカ。

そうこうしているうちに予報通り南西が強くなり、撤収。

戻る途中大きな鳥山が出たのでジグると、サバだった。

エサ分キープして14時上がり。

ミニの船検は15海里まで取っているが(船検では伊豆大島へも行ける)、UF17ではせいぜい5-6海里以内で遊ぶのが適当なボートと実感する。

1日無風べた凪予報でなければ、ベニ場へ行くのはやめることにする。

ミニで初めて釣った記念すべき?小型のアコウダイ(ビーチバムのブログ写真拝借)↓Photo

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月16日 (日)

Mini号初進水(2014/3/15)

昨日やっとMiracle Fisher Mini号を初進水させることができた。

名義変更、6年船検取直し、船底剥がし&全塗装(フルレストア)、艤装と、2か月かかったが、無事進水できて良かった。

この日は各機器の作動チェックが目的だったため、釣りはせず。

Miracle Fisher Mini号の艤装は次のとおり。

まず艤装前の写真。

船齢20年の、こんなにボロいボートだった↓
Uf17_1

Uf17_2

見るに見かねてフルレストアすることになった。
素っ裸にされたUF-17↓
Uf17_3

Uf17_4

それがこのとおり全く別のボートに生まれ変わった↓
Miracle_fisher_mini_1

Miracle_fisher_mini_2

黒に近い濃紺をリクエストしたが、出来上がりに大満足(^^)v
気に入った。

コンソールも取り外して全塗装した↓
Miracle_fisher_mini_3

Miracle_fisher_mini_4

新たにロランスHDS7のGEN2タッチモデルを取り付けた。
ホンデックスは前オーナーのものだけど、予備で残した。
電動リール用電源を1つ付けているが、こちらもあくまで予備電源。
バッテリーはなるべくエンジン始動用に温存しておきたいから、普段は電動リール用のバッテリーを持ち込んで使うことにする。

新品の海水用バウモーター↓
Miracle_fisher_mini_5

新品のミンコタ製I-Pilot(60インチシャフト)を取り付けた。
バウモーター電源は、スターン右側の収納ボックスに収めているバウモーター専用のバッテリー(ボイジャーM27MF)から配線したコネクターから取るように艤装。
バウレールはバウモーターを取り付けるうえで邪魔になるので撤去を考えたが、安全のために中央部分をカットしただけで左右は残した。

ロランスのGPS精度を向上させるため、Point-1(RAM-112アンテナ架台を別途ネットで注文)を取り付けた↓
Miracle_fisher_mini_6

サイドレールを特注し、穴を開けて裏から補強し、インスペクションハッチで塞いだ↓
Miracle_fisher_mini_7

こうすれば100㎏程度の荷重なら全く問題なし。
リガー製のロッドキーパーをレールに取り付けてもノープロブレム。

前後のレール間には、特注した40㎝長の強力マグネットを取付けた↓
Miracle_fisher_mini_8

前方にはゲスト用のラーク台座も左右1つずつ取り付け、こちらも裏当て補強した。

燃料タンクは24L×2↓
Miracle_fisher_mini_9

40馬力なので、満タンにしたら、ちょいと遠出しても余りある量だ。

バッテリーはエンジン始動&GPS魚探&電動リール用にM24MF(手前)、バウモーター用にM27MFと2つ艤装し、スイッチを切り替え方式にした↓
Miracle_fisher_mini_10

燃料タンクとバッテリーの増設で、燃料が満タンなら、スターン側がノーマルよりも50Kg位重くなる。
しかも体重が90㎏前後?の私が乗るのだから、海上ではボートが左右に揺れると、間違いなく海水がボート内に流入してくるだろう。
沖では排水スカッパー開けられない(^_^;)

トランサムにはステップが艤装され、右側がロランス用振動子(HDI)、左側がホンデックスの振動子を取り付けた↓
Miracle_fisher_mini_11

下架作業開始↓
Miracle_fisher_mini_1_2

Miracle_fisher_mini_2_2

出航↓
Miracle_fisher_mini_3_2

Miracle_fisher_mini_4_2

Miracle_fisher_mini_5_2

写真で見ると、やっぱりスターンヘビー・・・(>_<)
シートをもう少し下げたほうがよさそうだ。

そして試運転の結果だが、

ロランスのストラクチャースキャンの映りが非常に悪かった。
HDI振動子の50kHzと200kHzの魚探の映りは普通なんだけど、ストラクチャースキャンの455kHzと800kHzがまともに映らないか全然映らない・・・
セッティングが間違っているのかな???

また、ロランスと船外機を専用ケーブルで繋げたものの、こちらもロランスの設定がうまくいってないのか、燃費がまったく表示されない。

早速ジムクォーツさんに問い合わせてみることにする。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月 8日 (土)

Miniの状態(2014/3/8)

ビーチバムへMiniを見に行ってきた。

電装品の配線中↓
1

2

3

4

5

LOWRANCE(ロランス)と船外機(コマンドリンク対応のもの)はこのようにロランス用のヤマハエンジンインターフェースケーブルで接続↓
こうすればロランス本体(GEN2タッチモデル)でエンジン情報をモニターできるようになる。
6

7

8

11

ミンコタのI-Pilot(60インチシャフト)を伸ばしたところ↓
長さに余裕ある。
9

10

あと1週間程度で完成する。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月 4日 (火)

モバキャッチは・・・

ワイズギアさんにモバキャッチの件で問合わせると、

なんと

①モバキャッチは最近のスマートフォン(Xiスマホ)に対応してない

②ドコモの携帯電話(ガラケー)の最新機種に使えない可能性が高い

とのことだった。

知らなかった~(>_<)

モバキャッチは、スマホが登場する前のモバキャッチ発売当時(2010年)に存在した既存の端末(対応機種:NTTドコモ 903i(703i)シリーズ以降のFOMA端末に対応)を想定して開発された携帯電話用外部アンテナであるため、当時のドコモのFOMAガラケーなら有効だそうだ。

最近のガラケーやスマホは2010年当時のガラケーよりもアンテナの性能(電波受信性能)が向上しているものが多いらしく、モバキャッチの電波増幅がほとんど役に立たないようだ。

三浦半島西~南西沖3-5海里以上沖は、2年ちょい前のスマホ(SH-01D)ではつながらないことが多かったけど、最新型のスマホやガラケーは本当にアンテナの性能が向上しているのかな?

最新型ガラケーやスマホ、受信電波についてもうちょっと調べてみることにする。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます

2014年3月 3日 (月)

安全面の艤装で迷っていること

ミニボートだからエンジントラブル等で漂流したときのことを想定しておかなければならない。

1.予備のアンカーロープ100m購入済。

2.プレジャーボート保険に加入済。
搭乗者傷害危険担保特約、捜索救助費用担保特約を含めて、賠償額は上限額とした。

3.安全装備品としてシーアンカー購入済。

4.BANに加入済。

安全装備の導入等で迷っているのは次のこと。

ポール状のレーダーリフレクターをコンソールに取付けるべきかどうか、モバキャッチ(ドコモFOMAの船舶用アンテナ)を取り付けるべきかどうか、国際VHF無線(5Wのハンディタイプ)を導入すべきかどうか。

マリーナやBANとの通信手段は携帯電話のみとは心細い。
三浦半島西沖(マリーナから3海里以上沖)の携帯電波の受信状態がよくないから。

モバキャッチが優先かな???

進水の時にマリーナに相談してみよっと。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

ボート釣り師が集まってます